アンドレイ・ロゴジン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Pix.gif アンドレイ・ロゴジン
Andrei Rogozine
Figure skating pictogram.svg
Grand Prix Final 2010 Andrei ROGOZINE.jpg
2010年Jr.グランプリファイナルでのロゴジン
基本情報
代表国: カナダの旗 カナダ
生年月日: (1993-01-29) 1993年1月29日(25歳)
出生地: ロシア モスクワ
身長: 172 cm
元コーチ: トム・ザカライセック
インガ・ズセフ
アンドレイ・ベレジンツェフ
元振付師: ローリー・ニコル
シェイ=リーン・ボーン
アンドレイ・ベレジンツェフ
キャロル・レーン
ユーリス・ラザグリアエフ
トレイシー・ワイマン
マリナ・ズエワ
所属クラブ: リッチモンドヒルSC
リッチモンドトレーニングセンター
ヨーク州スケートアカデミー
引退: 2016年7月27日
ISU パーソナルベストスコア
トータルスコア: 216.60 2013 世界選手権
ショートプログラム: 70.95 2014 GPスケートカナダ
フリースケーティング: 149.25 2013 世界選手権
 
獲得メダル
フィギュアスケート
世界ジュニア選手権
2011 江陵 男子シングル
ジュニアグランプリファイナル
2010 北京 男子シングル

アンドレイ・ロゴジン英語: Andrei Rogozine, 1993年1月29日 - )は、ロシアモスクワ出身、カナダの元フィギュアスケート選手(男子シングル)。

2011年世界ジュニアフィギュアスケート選手権優勝。

経歴[編集]

ロシアのモスクワで生まれ、5歳の時に家族とともにカナダに移住をした。

7歳でスケートを始める[1]

2007-2008シーズンより、ジュニアグランプリシリーズに参戦し、2010-2011シーズンのクールシュヴェル大会で優勝。続くSBC杯も優勝し、ジュニアグランプリファイナルでは3位に入った。世界ジュニア選手権は1978年に優勝したデニス・コイ以来、33年ぶりのカナダ人のチャンピオンとなった。

2011-2012シーズンよりシニアクラスへ移行、グランプリシリーズに参戦。2012-2013シーズンのカナダ選手権は3位で初めての表彰台。四大陸選手権並びに世界選手権の代表に初選出された。

2014年より、アメリカコロラドスプリングスに練習拠点を移し、トム・ザカライセックにコーチを変更した。

2015-2016シーズン、カナダ選手権の予選会であるスケートカナダチャレンジで18位に沈み、本選への出場を逃した。2016年7月27日、競技からの引退とプロスケーター転向を発表した[2]

主な戦績[編集]

大会/年 2005-06 2006-07 2007-08 2008-09 2009-10 2010-11 2011-12 2012-13 2013-14 2014-15
世界陸選手権 13
四大陸選手権 10
カナダ選手権 2 Pn 2 N 5 J 1 J 11 13 5 3 7 9
GPスケートカナダ 7 8 9
GP NHK杯 9
GPロステレコム杯 6
CSオータムクラシック 9
CS USクラシック 7 6
ネーベルホルン杯 9
世界Jr.選手権 6 1
JGPファイナル 3
JGPクールシュヴェル 1
JGPSBC杯 1
JGP B.シュベルター杯 6
JGPレイクプラシッド 8 8
JGPチェコスケート 9
JGP J.カリー記念 8
JGPウィーン杯 14
メラーノ杯 1 N
  • J - ジュニアクラス
  • N - ノービスクラス
  • Pn - プレノービスクラス

詳細[編集]

2014-2015 シーズン
開催日 大会名 SP FS 結果
2015年1月19日-25日 カナダフィギュアスケート選手権キングストン 10
56.08
7
131.01
9
187.09
2014年10月31日-11月2日 ISUグランプリシリーズ スケートカナダケロウナ 9
70.95
10
131.45
9
202.40
2014年10月14日-17日 ISUチャレンジャーシリーズ スケートカナダオータムクラシックバリー 11
58.73
7
128.17
9
186.90
2014年9月10日-14日 ISUチャレンジャーシリーズ USインターナショナルクラシックソルトレイクシティ 6
65.29
6
126.87
6
192.16
2013-2014 シーズン
開催日 大会名 SP FS 結果
2014年1月9日-15日 カナダフィギュアスケート選手権オタワ 5
74.60
8
138.51
7
213.11
2013年10月25日-27日 ISUグランプリシリーズ スケートカナダセントジョン 9
68.31
9
129.04
8
197.35
2013年9月11日-15日 2013年USインターナショナルクラシックソルトレイクシティ 8
58.39
7
110.53
7
168.92
2012-2013 シーズン
開催日 大会名 SP FS 結果
2013年3月10日-17日 2013年世界フィギュアスケート選手権ロンドン 18
67.35
9
149.25
13
216.60
2013年2月6日-11日 2013年四大陸フィギュアスケート選手権大阪 11
70.58
11
131.41
10
201.99
2013年1月13日-20日 カナダフィギュアスケート選手権ミシサガ 4
70.42
3
137.43
3
207.85
2012年11月23日-25日 ISUグランプリシリーズ NHK杯利府 9
67.70
9
114.69
9
182.39
2012年9月27日-29日 2012年ネーベルホルン杯オーベルストドルフ 7
67.31
9
128.96
9
196.27
2011-2012 シーズン
開催日 大会名 SP FS 結果
2012年1月16日-22日 カナダフィギュアスケート選手権モンクトン 6
60.82
5
127.82
5
188.64
2011年11月25日-27日 ISUグランプリシリーズ ロステレコム杯モスクワ 7
65.11
7
132.74
6
197.85
2011年10月27日-30日 ISUグランプリシリーズ スケートカナダミシサガ 6
67.28
7
126.12
7
193.40
2010-2011 シーズン
開催日 大会名 SP FS 結果
2011年2月28日-3月6日 2011年世界ジュニアフィギュアスケート選手権江陵 3
67.27
2
132.86
1
200.13
2011年1月20日-23日 カナダフィギュアスケート選手権ビクトリア 11
57.29
14
91.64
13
148.93
2010年12月9日-12日 2010/2011 ISUジュニアグランプリファイナル北京 7
59.17
2
122.61
3
181.78
2010年9月23日-26日 ISUジュニアグランプリ SBC杯軽井沢 2
65.03
1
123.57
1
188.60
2010年8月26日-28日 ISUジュニアグランプリ クールシュヴェルクールシュヴェル 1
64.52
2
119.87
1
184.39
2009-2010 シーズン
開催日 大会名 SP FS 結果
2010年1月27日-29日 2010年世界ジュニアフィギュアスケート選手権ハーグ 13
56.07
6
123.74
6
179.81
2010年1月15日-17日 カナダフィギュアスケート選手権ロンドン 14
48.95
10
103.93
11
152.88
2009年10月2日-3日 ISUジュニアグランプリ ブラオエン・シュベルター杯ドレスデン 6
54.9
7
97.77
6
152.67
2009年9月3日-4日 ISUジュニアグランプリ レークプラシッドレークプラシッド 8
51.89
7
94.48
8
146.37
2008-2009 シーズン
開催日 大会名 SP FS 結果
2009年1月14日-18日 カナダフィギュアスケート選手権 ジュニアクラス(サスカトゥーン 2
52.53
1
97.24
1
149.77
2008年10月15日-18日 ISUジュニアグランプリ ジョン・カリー記念シェフィールド 12
47.93
8
101.57
8
149.5
2008年9月17日-21日 ISUジュニアグランプリ チェコスケートオストラヴァ 15
43.3
8
96.4
9
139.7
2007-2008 シーズン
開催日 大会名 SP FS 結果
2008年1月16日-20日 カナダフィギュアスケート選手権 ジュニアクラス(バンクーバー 3
49.37
6
90.97
5
140.34
2007年9月13日-16日 ISUジュニアグランプリ ウィーン杯ウィーン 12
45.14
13
86.82
14
131.96
2007年8月30日-9月2日 ISUジュニアグランプリ レークプラシッドレークプラシッド 7
43.06
7
85.5
8
128.56
2006-2007 シーズン
開催日 大会名 SP FS 結果
2007年1月31日-2月3日 カナダフィギュアスケート選手権 ノービスクラス(ブランプトン 2
34.03
2
65.52
2
99.55
2006年10月6日-8日 2006年メラーノ杯 ノービスクラス(メラーノ - 1
64.25
1
2005-2006 シーズン
開催日 大会名 SP FS 結果
2006年2月1日-4日 カナダフィギュアスケート選手権 プレノービスクラス(モンクトン 2
28.63
2
55.48
2
84.11

プログラム使用曲[編集]

シーズン SP FS EX
2014-2015 涙の日 『レクイエム』より
作曲:ヴォルフガング・アマデウス・モーツァルト
Lacrimosa Dominae
演奏:Fayman and Goren
振付:ローリー・ニコル
映画『ミッション:インポッシブル2』サウンドトラックより
Mano a mano
Seville
Nyah and Ethan
作曲:ハンス・ジマー
振付:ローリー・ニコル
2013-2014 四季』より
作曲:アントニオ・ヴィヴァルディ
編曲:マックス・リヒター
振付:アンドレイ・ベレジンツェフ
映画『インセプション』サウンドトラックより
作曲:ハンス・ジマー
振付:シェイ=リーン・ボーン
2012-2013 Broken Sorrow
演奏:ナッシン・バット・ストリングス
ファンファーレ
by ブラック・ヴァイオリン
振付:シェイ=リーン・ボーン
Into The Fire
曲:サーティーン・センシズ
2011-2012 ポエタ
作曲:ビセンテ・アミーゴ
ストリート・パッションズ
by Didula
振付:アンドレイ・ベレジンツェフ
Never Gonna Be Alone
曲:ニッケルバック
2010-2011 ピアノ協奏曲イ短調
作曲:エドヴァルド・グリーグ
演奏:マクシム・ムルヴィツァ
映画『ザ・ロック』より
作曲:ハンス・ジマー
Duel
演奏:ボンド
2009-2010 ノストラダムス
作曲:マクシム・ムルヴィツァ
2008-2009 ハバ・ナギラ ドン・キホーテ
作曲:レオン・ミンクス
2007-2008 フィンランディア
作曲:ジャン・シベリウス
スパルタクスとフリーギアのアダージョ
バレエ『スパルタクス』より
作曲:アラム・ハチャトゥリアン

Dance of Thracians

脚注[編集]

  1. ^ Rogozine preps for Canadian Nationals
  2. ^ Rogozine happy to leave competition behind

参考文献[編集]