アンドレス・ゴメス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索
この名前は、スペイン語圏の人名慣習に従っています。第一姓(父方の)はゴメス第二姓(母方の)はサントスです。
アンドレス・ゴメス Tennis pictogram.svg
Andrés Gómez.jpg
アンドレス・ゴメス(2011年)
基本情報
ラテン文字名 Andrés Gómez
愛称 ゴゴ (Gogo)
国籍 エクアドルの旗 エクアドル
出身地 グアヤス県グアヤキル
生年月日 1960年2月27日(56歳)
身長 193cm
体重 84kg
利き手
バックハンド 片手打ち
ツアー経歴
デビュー年 1979年
引退年 1993年
ツアー通算 54勝
シングルス 21勝
ダブルス 33勝
生涯通算成績 892勝461敗
シングルス 523勝267敗
ダブルス 369勝194敗
生涯獲得賞金 $4,385,130
4大大会最高成績・シングルス
全豪 4回戦(1990)
全仏 優勝(1990)
全英 ベスト8(1984)
全米 ベスト8(1984)
優勝回数 1(仏1)
4大大会最高成績・ダブルス
全豪 2回戦(1992)
全仏 優勝(1988)
全英 ベスト4(1987)
全米 優勝(1986)
優勝回数 2(仏1・米1)
キャリア自己最高ランキング
シングルス 4位(1990年6月11日)
ダブルス 1位(1986年9月15日)
テンプレート  プロジェクト テニス

アンドレス・ゴメス・サントスAndrés Gómez Santos, 1960年2月27日 - )は、エクアドルグアヤキル出身の元男子プロテニス選手。1990年全仏オープン男子シングルス優勝者で、当地が生んだ最大のスポーツ選手として知られる。ダブルスでも1986年全米オープン1988年全仏オープンで、4大大会男子ダブルス2勝がある。左利き。自己最高ランキングはシングルス4位、ダブルス1位。ATPツアーでシングルス21勝、ダブルス33勝を挙げた。オールラウンド・プレーヤーで、重厚なサービスや鋭いボレー、きびきびしたスピン・ボールを駆使するスタイルのテニスを得意とした。

選手経歴[編集]

ゴメスは1978年から男子テニス国別対抗戦・デビスカップエクアドル代表選手になり、翌1979年にプロ入りした。プロ入りの翌年から、ゴメスはダブルスで優れた力量を発揮し始め、1980年にダブルスで年間4勝を獲得する。1981年は9月のフランスボルドー大会でシングルス初優勝を果たし、ダブルスで年間7勝を記録したが、当時彼がよくパートナーを組んでいた選手は、チリのハンス・ギルデマイスターであった。1984年にゴメスはシングルスでも著しい躍進を見せ、男子ツアー大会のシングルスで年間5勝を挙げ、4大大会でも全仏オープンウィンブルドン全米オープンの3大会連続でベスト8に入り、世界ランキングを5位に上げた。1986年全米オープン男子ダブルスで、ゴメスはスロボダン・ジボイノビッチ(当時ユーゴスラビア)とペアを組み、決勝でスウェーデンペアのマッツ・ビランデル&ヨアキム・ニーストロム組を 4-6, 6-3, 6-3, 4-6, 6-3 のフルセットで破って初優勝を飾った。1986年はシングルスで年間4勝、ダブルスで全米オープンを含む7勝を挙げている。

1988年、ゴメスは全仏オープンダブルスでエミリオ・サンチェススペインアランチャ・サンチェス・ビカリオの長兄)とペアを組み、2度目の4大大会男子ダブルス優勝を果たした。ゴメスとサンチェスは、決勝でジョン・フィッツジェラルドオーストラリア)&アンダース・ヤリードスウェーデン)組を 6-3, 6-7, 6-4, 6-3 で破っている。この年は日本の「セイコー・スーパー・テニス」でのダブルス優勝もあり、パートナーは2年前の全米オープンと同じスロボダン・ジボイノビッチと組んだ。しかし、この頃のゴメスは単複とも好成績が少なかった。

30歳を迎えた1990年全仏オープンで、アンドレス・ゴメスにテニス経歴最大のハイライトが訪れる。第4シードから勝ち進んだゴメスは、初進出の決勝で若きアンドレ・アガシと顔を合わせた。南米のベテランと20歳のアメリカの若者の激突は、6-3, 2-6, 6-4, 6-4 でゴメスが制した。こうしてゴメスは、エクアドル出身のテニス選手として最初の4大大会シングルス優勝者になった。初優勝時の年齢「30歳3ヶ月」は、全仏オープンの男子シングルスでは4番目の年長記録となった。(アガシはここからしばらく準優勝が続き、苦しい時期を迎える。)しかし、その後ウィンブルドン全米オープンで2大会連続初戦敗退に終わる。1991年にはトーナメント出場が激減し、大会前年優勝者としての全仏オープンにも参加できなかった。

ゴメスは1993年に現役を引退した後も、デビスカップには長く参加を続け、親類関係にあるニコラス・ラペンティとのダブルス戦に出場した。現在はコーチとして後進の育成に携わっている。

4大大会シングルス成績[編集]

略語の説明
W  F  SF QF #R RR Q# LQ A WG Z# PO SF-B S G NMS NH

W=優勝, F=準優勝, SF=ベスト4, QF=ベスト8, #R=#回戦敗退, RR=ラウンドロビン敗退, Q#=予選#回戦敗退, LQ=予選敗退, A=大会不参加
WG=デビスカップワールドグループ, Z#=デビスカップ地域ゾーン, PO=デビスカッププレーオフ, SF-B=オリンピック銅メダル, S=オリンピック銀メダル, G=オリンピック金メダル, NMS=マスターズシリーズから降格, NH=開催なし.

シングルス[編集]

大会 1979 1980 1981 1982 1983 1984 1985 1986 1987 1988 1989 1990 1991 1992 SR
全豪オープン A A A A A A A NH A A A 4R A 1R 0 / 2
全仏オープン A 2R 2R 4R 4R QF 3R QF QF 2R 2R W A 2R 1 / 12
ウィンブルドン A 1R A 1R A QF A 1R 4R A 2R 1R A A 0 / 7
全米オープン 2R 2R 3R A 4R QF A 2R 4R 3R 3R 1R 1R A 0 / 11
チャンピオンシップ
マスターズカップ A A A A QF A SF RR A A A RR A A 0 / 5
Year End Ranking 61 44 37 15 14 5 15 10 11 24 17 6 70 179

ダブルス[編集]

大会 1979 1980 1981 1982 1983 1984 1985 1986 1987 1988 1989 1990 1991 1992 SR
全豪オープン A A A A A A A NH A A A 1R A 2R 0 / 2
全仏オープン A 2R 2R A 1R 1R A 2R 3R W 1R A A 1R 1 / 9
ウィンブルドン A A A A A 1R A 1R SF A A A A A 0 / 3
全米オープン 2R 1R 1R A 1R 1R A W SF 3R 2R A 3R A 1 / 10

参考文献[編集]

  • Bud Collins, “Total Tennis: The Ultimate Tennis Encyclopedia” Sport Classic Books, Toronto (2003 Ed.) ISBN 0-9731443-4-3