アンドレス・トーレス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
この名前は、スペイン語圏の人名慣習に従っています。第一姓(父方の)はトーレス第二姓(母方の)はフェリシアーノです。
アンドレス・トーレス
Andrés Torres
Andres Torres.jpg
基本情報
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
出身地 ニュージャージー州パターソン
生年月日 (1978-01-26) 1978年1月26日(39歳)
身長
体重
5' 10" =約177.8 cm
195 lb =約88.5 kg
選手情報
投球・打席 右投両打
ポジション 外野手
プロ入り 1998年 ドラフト4巡目
初出場 2002年4月7日
年俸 $2,000,000(2013年)[1]
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

アンドレス・ユンゴ・トーレス・フェリシアーノAndrés Yungo Torres Feliciano, 1978年1月26日 - )は、プエルトリコ出身のプロ野球選手外野手)。右投両打。

経歴[編集]

プロ入り前[編集]

1978年ニュージャージー州パターソンで生まれる。1歳のときに家族でプエルトリコのアグアダへ移住した[2][3]

早くから野球を始めていたが、本気でプロ野球選手を目指すようになったのは18歳頃だという[4][5]

高校卒業後はマイアミ・デイド・コミュニティ・カレッジ(Miami Dade Community College)に進学。在学中は陸上の短距離走でも活躍し、100m走の自己ベストは10秒37だった[6]1997年フロリダ・マーリンズ(現マイアミ・マーリンズ)から23巡目でドラフト指名されるが、契約にはいたらなかった[7]

プロ入り[編集]

プロ入りとタイガース時代[編集]

1998年のMLBドラフトデトロイト・タイガースに4巡目で指名され、入団した[8]

2002年4月7日のクリーブランド・インディアンス戦でメジャーデビューを果たした。この年にADHDの診断を受け、投薬による治療を開始した。現在はADHDのスポークスパーソンとしても活動している[2]

2004年の4月22日にタイガースを戦力外となった。

ホワイトソックス傘下[編集]

2004年4月26日に、シカゴ・ホワイトソックスに移籍した。3Aのシャーロット・ナイツでプレーした。オフの10月15日にFAとなった。

レンジャース時代[編集]

2004年11月16日にテキサス・レンジャーズとマイナー契約を結んだ。

2005年はメジャーでは8試合に出場しただけで、6月12日にレンジャーズから解雇された。シーズン終了まで浪人生活を送った。

ツインズ傘下時代[編集]

2005年12月25日にミネソタ・ツインズとマイナー契約を結んだ。

2006年はツインズでプレーした。オフの10月15日にFAとなった。

タイガース傘下時代[編集]

2007年3月2日にデトロイト・タイガースと契約を結んだ。2Aと3Aでプレーした。オフの10月29日にFAとなった。

カブス傘下時代[編集]

2007年11月20日にシカゴ・カブスと契約を結んだ。

2008年は、3Aのアイオワ・カブスでプレーした。118試合に出場し、打率306、11本塁打の好成績を収めた。オフの11月3日にFAとなった。

ジャイアンツ時代[編集]

2009年1月9日にサンフランシスコ・ジャイアンツとマイナー契約を結んだ。4シーズンぶりのメジャー昇格を果たし、打撃も好調だった。

2010年は正中堅手だったアーロン・ローワンドの故障により、32歳にして初めてレギュラーの座を掴んだ。外野守備ではDRS+17、UZR+22.0(リーグ1位)を記録した。9月に急性虫垂炎を発症して二週間離脱したが[9]、プレーオフには間に合い、ワールドシリーズ第3戦ではコルビー・ルイスから本塁打を放った。

2011年は打率.221と低調だった。

メッツ時代[編集]

2011年12月7日にラモン・ラミレスと共に、アンヘル・パガンとのトレードでニューヨーク・メッツに移籍した[3]

2012年は4月5日の開幕戦でふくらはぎを痛めて早々と故障者リストするなど出だしからつまずき、前年と同様に低調な成績に終わった。シーズン終了後の11月30日にノンテンダーFAとなった。

ジャイアンツ復帰[編集]

2012年12月13日に1年200万ドルの契約でサンフランシスコ・ジャイアンツに復帰した[10]

2013年11月2日にFAとなった。

年度別打撃成績[編集]

















































O
P
S
2002 KC 19 79 70 7 14 1 1 0 17 3 2 2 0 2 6 0 1 16 2 .200 .266 .243 .509
2003 59 185 168 23 37 4 3 1 50 9 5 5 6 1 10 0 0 35 5 .220 .263 .298 .560
2004 3 0 0 1 0 0 0 0 0 0 1 0 0 0 0 0 0 0 0 ---- ---- ---- ----
2005 TEX 8 21 19 2 3 1 0 0 4 1 1 0 0 1 1 0 0 6 0 .158 .190 .211 .401
2009 SF 75 170 152 30 41 6 8 6 81 23 6 1 1 0 16 0 1 45 0 .270 .343 .533 .876
2010 139 570 507 84 136 43 8 16 243 63 26 7 5 0 56 2 2 128 10 .268 .343 .479 .823
2011 112 398 348 50 77 24 1 4 115 19 19 6 4 0 42 0 4 95 3 .221 .312 .330 .643
2012 NYM 132 434 374 47 86 17 7 3 126 35 13 5 1 2 52 2 3 90 9 .230 .327 .337 .664
2013 SF 103 300 272 33 68 17 1 2 93 21 4 3 2 4 22 1 0 61 7 .250 .302 .342 .644
通算:9年 650 2157 1910 277 462 113 29 32 729 174 77 29 19 10 205 5 11 476 36 .242 .317 .382 .699
  • 2013年度シーズン終了時

脚注[編集]