アンドレッティ・グリーン・レーシング

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

アンドレッティ・グリーン・レーシング (Andretti Green Racing) はインディカー・シリーズA1グランプリに参戦しているアメリカ合衆国のレーシングチームである。略称はAGR。本項目では前身となったチーム・グリーンについても記載する。

目次

CART

1993年に、バリー・グリーンとジェラルド・フォーサイスによってフォーサイス・グリーン・レーシングとして設立され、クロード・ブルボネとジャック・ヴィルヌーヴのドライブでフォーミュラ・アトランティックに2台体制で出走した。1994年は CART ワールドシリーズにジャック・ヴィルヌーヴの1台体制で参戦し、インディ500では2位に入賞、第14戦ロード・アメリカで初優勝を達成した。しかしシーズン終了後にフォーサイスが離脱したため、バリーはチーム名をチーム・グリーンに変更し、彼の兄弟キム・グリーンをチームマネージャーに迎える。翌1995年にはジャック・ヴィルヌーヴによりインディ500CART ワールドシリーズの両方を制することとなった。

1996年は、ジャック・ヴィルヌーヴがF1ウィリアムズへ移籍したため、ブラーマをスポンサーとしているラウル・ボーセルをドライバーに起用し、ブラーマ・スポーツ・チームとして出走したが、チームは低迷してしまう。

1997年には、ドライバーはパーカー・ジョンストンが加入し、メインスポンサーとしてKOOL、エンジンはホンダを獲得し、チーム名はチーム・クール・グリーンに変更された。ジョンストンはシリーズ16位に終わったが、このシーズン終盤に、新鋭のダリオ・フランキッティを獲得、シーズン終了後にはチームペンスキーを解雇されたポール・トレーシーと契約し翌年の2台体制への移行に備えることとなった。彼らは、翌1998年以降5シーズンの間、チームメイトとしてチームに残留した。

1998年、フランキッティは頭角を現し、第14戦ロード・アメリカでの初優勝を皮切りに第15戦バンクーバー、第17戦ヒューストンと優勝しシリーズ順位は3位となる。対するトレーシーは目立った成績を残せずシリーズ13位に終わった。

2001年、マイケル・アンドレッティが、実質同一チームであるチーム・モトローラに加入し、この年は第9戦クリーブランドでフランキッティが、第10戦トロントでマイケルがそれぞれ勝利を挙げた。

2002年、マイケルが第2戦ロングビーチで現役最後の勝利を挙げた[1]。また、開幕戦直後にシャーシを供給していたレイナードが倒産し、第3戦もてぎからチームはシャーシローラへと変更し、もてぎではマイナートラブルが発生したが、次の第4戦ミルウォーキーではトレーシーが優勝を飾り、第10戦バンクーバー、第13戦モントリオール、第15戦イングランドでフランキッティが優勝している。

インディカー・シリーズ

2001年シーズンの末にCARTでエンジン既定を巡るトラブルが表面化したあと、マイケル・アンドレッティはチーム株式の多くを買い取り、2003年に新しくアンドレッティ・グリーン・レーシングと名称を変更し、CARTからライバルシリーズであるIRLに移籍することになった。トレイシーは、IRLがカナダでのレースを行っていないためチームを離脱しチャンプカー・ワールド・シリーズに残留したが、替わりにトニー・カナーンが加わる。

2003年は、ダリオ・フランキッティの負傷によりドライバーの変更が多い年となる。第3戦もてぎではダン・ウェルドン、第4戦インディ500ではロビー・ゴードン、第5戦テキサスではブライアン・ハータがそれぞれ代わりに出走した。フランキッティは第6戦パイクスピークには出走したものの、手術のためシーズンの残りはハータにシートを譲ることとなった。カナーンも第3戦もてぎで骨折したため、インディ500への出走が危ぶまれ、代役としてマリオ・アンドレッティがプライベートテストを行ったが、そのテスト中に宙を舞う大事故を起こした。怪我はなかったものの、カナーンが出走可能になったためマリオが出走することはなかった。また、マイケルが第4戦インディ500で引退することをうけて、ウェルドンが後任としてそのままチームに残留することとなった。この年の勝利は、第2戦フェニックスでカナーンが、第8戦カンザスでハータがそれぞれ挙げた。

フランキッティが復帰し、2004年シーズンからは4台体制となる。2005年の第3戦セントピーターズバーグではウェルドン、カナーン、フランキッティ、ハータの順で1-2-3-4フィニッシュを達成した。また、カナーンとウェルドンはそれぞれ、インディカーシリーズの2004年2005年のチャンピオンとなり、ウェルドンは2005年のインディ500でも勝利した。

2005年のタイトルを獲得したダン・ウェルドンは2006年チップ・ガナッシ・レーシングへ移籍し、代わりにマイケルの息子マルコ・アンドレッティが加入することとなった。この年のインディ500では、マイケルも復帰して出走し、親子での上位争いが見られた。結果はマルコがチーム・ペンスキーのサム・ホーニッシュJr.に僅差で敗れ2位、マイケルは3位であった。

2006年7月25日、新しくAGRが参戦するアメリカン・ルマン・シリーズ用のアキュラLMP2のプロジェクトに参加するハータに替わって、ダニカ・パトリック2007年からAGRに加入することが発表された。

2007年10月31日には、2007年のインディ500とインディカー・シリーズのチャンピオンとなったが、チップ・ガナッシレーシングと契約し、NASCARスプリントカップシリーズに移籍するフランキッティに替わって武藤英紀がカーNo.27のシートに座ることが発表された。武藤は2007年インディ・ライツから昇格してきたドライバーである。

インディ・ライツはインディカー・シリーズの下位カテゴリーで、AGRはそのシリーズに2台出走させるために、AFSレーシングと提携している。2007年はワイド・カニンガムとジェイミ・カマラがドライブし、それぞれ3位と6位となった。2008年は2007年にチャンプカー・アトランティックシリーズをドライブしていたラファエル・マトスとアリー・ルイエンダイクJr.がドライブした。

アメリカン・ルマン・シリーズ

2006年にAGRがアキュラのワークスチームであることが発表され、ハイクロフト・レーシングと共にクラージュ・LC75の開発を行うこととなった。 チームは2007年の開幕戦セブリング12時間レースで新たにアキュラ・ARX-01aと命名された車体をデビューさせた。このレースでAGRはダリオ・フランキッティ、マリノ・フランキッティ、ブライアン・ハータ、トニー・カナーンのドライブでLMP2クラスで優勝、総合でも2位に入ったが、シーズンの残りで、ペンスキー・レーシングポルシェ・RS Spyderに完全に追い越されることとなった。

2008年シーズンはブライアン・ハータとクリスチャン・フィッティパルディがフルタイムドライバーを務め、一部の長距離レースではトニー・カナーンがドライブする事となったが、翌2009年、AGRはアキュラとの契約を解消し、シリーズから撤退している。

所属ドライバー

CART (1994-2002)

インディカー・シリーズ (2001-)

  • マイケル・アンドレッティ (2001, 2002, 2003, 2006-07) 2001, 02, 06, 07年はインディ500のみ、2003年は第4戦まで出走。
  • マルコ・アンドレッティ (2006-)
  • ダン・ウェルドン (2003-2005)
  • トニー・カナーン (2003-)
  • ブライアン・ハータ (2003-2006) 2003年は第5戦と第7戦以降に出走。
  • ダニカ・パトリック (2007-)
  • ダリオ・フランキッティ (2002, 2003-2007) 2002年はインディ500のみ、2003年は第1, 2, 6戦のみ出走。2006年は最終戦のみ欠場。
  • 武藤英紀 (2008-)
  • マリオ・アンドレッティ (2003) もてぎで骨折したカナーンの代理としてインディ500のプライベートテストに参加。
  • ロビー・ゴードン (2003) 負傷したフランキッティの代理でインディ500に出走。
  • ポール・トレーシー (2002) インディ500のみ出走。
  • A.J.フォイト4世 (2006) 負傷したフランキッティの代理として最終戦に出走。

アメリカン・ルマン・シリーズ (2007-2008)

A1グランプリ (2008-)

  • マルコ・アンドレッティ (2008-)
  • チャーリー・キンボール (2008)
  • J.R.ヒルデブラント (2008-)

脚注

  1. ^ ロングビーチはマイケルが1986年にCARTで初優勝した場所である。

参考文献

  • 三樹書房 CART 1993-2003 喜怒哀楽の199戦 ISBN 978-4-89522-342-3

今日は何の日(1月19日

もっと見る

「アンドレッティ・グリーン・レーシング」のQ&A