アンナ・ノルドランデル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
アンナ・ノルドランデル

アンナ・ノルドランデル(Anna Catharina Nordlander、1843年10月28日 - 1879年2月26日)はスウェーデンの女性画家である。肖像画や風俗画で知られる。

略歴[編集]

ヴェステルボッテン県シェレフテオに生まれた。父親は教区牧師でシェレフテオで育った。美術に興味を持ち、当時、女性は家庭の仕事をする事が通常であったが、画家を目指し23歳の1866年にスウェーデン王立美術院に入学が許された。2年間、王立美術院で学んだ後も、ベルギーのブリュッセルで、ジャン=フランソワ・ポルテール(Jean-François Portaels)のもとで学び、パリのアカデミー・ジュリアンでも学んだ。

肖像画や風俗画を描き、特筆される事は、サーミ人の生活を描いた最初の画家の一人となったことである。ノルドランデルの作品はスウェーデン国立美術館などに収められている。特別に評価されてこなかった画家であるが20世紀の後半に女性画家のパイオニアとして再評価された。1995年にシェレフテオにアンナ・ノルドランデル美術館(Museum Anna Nordlander)が設立された。

作品画像[編集]

参考文献[編集]

  • Barbro Werkmäster (1993). Anna Nordlander och hennes samtid. Uppsala: Almqvist & Wiksell. ISBN 91-86072-18-8