アンヌ・ヴァライエ=コステル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
アンヌ・ヴァライエ=コステル
Anne Vallayer-Coster
The artist Anne Vallayer-Coster.jpg
生誕 1744年12月21日
フランス,パリ
死没 1818年2月28日
フランス,パリ

アンヌ・ヴァライエ=コステル(Anne Vallayer-Coster、1744年12月21日 - 1818年2月28日)はフランスの画家である。

略歴[編集]

パリの金細工師の娘に生まれた。女性植物画家のバッセポルト(Madeleine Françoise Basseporte)に学び[1]、宮廷画家のクロード・ジョセフ・ヴェルネの弟子になった[2]

1770年に静物画家として、王立絵画彫刻アカデミーに入会し[3]、翌年のサロン・ド・パリの展覧会に出展した。1771年に出展された静物画は批評家たちに好評で、有名な哲学者、美術評論家のドゥニ・ディドロもヴァライエ=コステルの作品を絶賛した[4]。その後、王妃マリー・アントワネットの援助を受けるようになり、ルーブル宮殿に部屋を与えられた。1781年に、マリー・アントワネットの前で議員であり司法長官を務めたジャン=ピエール・シルベストル・コステルと結婚した[5][6]

フランス革命で旧体制が失われた時、ヴァライエ=コステルと王家の密接な関係にも拘わらず、混乱に巻き込まれることは回避できた。ナポレオンの治世では、ナポレオンの皇后、ジョゼフィーヌが1804年に彼女の作品を買い上げたが、人気は下降していた[3]。この頃は花の絵を描くことが多くなった、

作品[編集]

参考文献[編集]

  • Berman, Greta. “Focus on Art”. The Juilliard Journal Online 18:6 (March 2003)
  • Cohen, Sarah R. “Anne Vallayer-Coster: Painter to the Court of Marie-Antoinette.” Eighteenth-Century Studies 36:4 (2003): 571-576
  • Doy, Gen. Seeing and Consciousness: Women, Class and Representation. Gordonsville: Berg Publishers, 2005 p. 33
  • Greer Germaine. The Obstacle Race: The Fortunes of Women Painters and Their Works. London: Tauris Parke Paperbacks, 2001. Pp 244–247
  • Haber, John. “Dead Flowers”. New York Art Crit (2003).
  • McKinven, Mary Jane. June 2002. "Stunning Still Lifes by Anne Vallayer-Coster, Foremost 18th-Century Painter in Court of Marie-Antoinette". National Gallery of Art (June 2002)
  • Michel, Marianne Roland. "Tapestries on Designs by Anne Vallayer-Coster." The Burlington Magazine 102: 692 (November 1960): i-ii
  • Michel, Marianne Roland. "Vallayer-Coster, Anne". Grove Art Online. Oxford Art Online. Oxford University Press. Web.
  • "Woman painter rescued from obscurity." United Press International (February 2003).
  • The Metropolitan Museum of Art. "Anne Vallayer-Coster, Vase of Flowers and Conch Shell".

脚注[編集]

  1. ^ Sylvie Blin, « Etude d’une oeuvre : Nature morte d’Anne Vallayer-Coster », Connaissances des arts, no 605, mai 2003, p. 94
  2. ^ Cohen 2003, p. 572
  3. ^ a b McKinven 2002
  4. ^ Base Joconde
  5. ^ Greer 2001, p. 247
  6. ^ Doy 2005, p. 33