アンネ・クレマー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
アンネ・クレマー
Anne Kremer
Tennis pictogram.svg
Fed Cup Group I 2011 Europe Africa day 1 Anne Kremer 001.jpg
アンネ・クレマー
基本情報
国籍 ルクセンブルクの旗 ルクセンブルク
出身地 同・ルクセンブルク市
生年月日 (1975-10-17) 1975年10月17日(42歳)
身長 165cm
体重 55kg
利き手
バックハンド 両手打ち
ツアー経歴
デビュー年 1991年
引退年 2014年
ツアー通算 2勝
シングルス 2勝
ダブルス 0勝
生涯通算成績 541勝526敗
シングルス 496勝418敗
ダブルス 45勝108敗
生涯獲得賞金 $1,567,313
4大大会最高成績・シングルス
全豪 2回戦(1999・2001-03・
07・08)
全仏 3回戦(2002)
全英 3回戦(1999・2004)
全米 2回戦(1998-2000)
4大大会最高成績・ダブルス
全豪 1回戦(2005・08)
全仏 1回戦(2005)
全英 1回戦(2005)
キャリア自己最高ランキング
シングルス 18位(2002年7月29日)
ダブルス 140位(2002年5月6日)
テンプレート  プロジェクト テニス

アンネ・クレマーAnne Kremer, 1975年10月17日 - )は、ルクセンブルクルクセンブルク市出身の女子プロテニス選手。WTAツアーでシングルス2勝を挙げた。シングルス自己最高ランキングは18位。身長165cm、体重55kg、右利き。ベースライン・プレーヤーで、両手打ちのバックハンド・ストロークを最大の武器にした。

来歴[編集]

クレマーはテニス選手のほとんどいないルクセンブルクで、1991年から競技経歴を始めたが、長い間アマチュア選手であった。1996年ウィンブルドン4大大会にデビューした時は、予選3試合を勝ち上がった後、本戦1回戦で日本の杉山愛に 5-7, 4-6 で敗れた。同年のアトランタ五輪でオリンピックに初出場した時は、開会式でルクセンブルク代表選手の旗手に選ばれた。この時は女子シングルス1回戦でリンゼイ・ダベンポートに敗れる。1997年ウィンブルドン1回戦で、クレマーは当時最年少世界ランキング1位になったばかりのマルチナ・ヒンギスに 4-6, 4-6 で敗れた。学生時代はアメリカスタンフォード大学でプレーし、同大学をNCAAの女子テニス選手権団体優勝に導いたこともあったため、クレマーのプロ転向は比較的遅く、1998年9月になってからである。この時、クレマーは間もなく23歳を迎える頃であった。

1999年、プロ選手生活に専念し始めたクレマーはすべての4大大会で初戦を突破する。同年のウィンブルドン3回戦では、当時16歳の新星エレナ・ドキッチ(当時はオーストラリア国籍)とともにセンター・コートでプレーした。ドキッチはこの大会の1回戦でマルチナ・ヒンギスを 6-2, 6-0 で破って一躍有名になり、彼女の試合ぶりが大きな注目を集めていた時だったが、クレマーはドキッチに 7-6, 3-6, 4-6 の逆転で敗れた。2000年に、クレマーは1月初頭のニュージーランドオークランドの大会と11月のタイパタヤの大会で女子ツアー2勝を挙げた。この年はシドニー五輪で2度目のオリンピック出場を果たしたが、シングルス2回戦で南アフリカ代表のアマンダ・クッツァーに敗れている。

その後のクレマーは、2002年全仏オープン2004年ウィンブルドンで3回戦進出があり、アテネ五輪で3度目のオリンピックにも出場した。2007年全豪オープンでは、クレマーは予選勝者としてプレーし、本戦1回戦でオランダミハエラ・クライチェクを破ったが、2回戦でセリーナ・ウィリアムズに敗退した。

2008年のシーズンは右手首の故障に悩み、全仏オープンソラナ・チルステアルーマニア)との1回戦を途中棄権した後、長期間ツアーを離脱した。2009年3月からは再び女子ツアー下部大会でプレーしている。2011年全豪オープンで予選を勝ち上がり3年ぶりに4大大会の本戦に出場した。

クレマーは2014年2月のフェドカップを最後に公式戦出場が途絶えている。

WTAツアー決勝進出結果[編集]

シングルス: 4回 (2勝2敗)[編集]

大会グレード
グランドスラム (0–0)
ティア I (0–0)
ティア II (0–0)
ティア III (0–0)
ティア IV & V (2–2)
結果 No. 決勝日 大会 サーフェス 対戦相手 スコア
準優勝 1. 1999年11月21日 タイ王国の旗 パタヤ ハード ブルガリアの旗 マグダレナ・マレーバ 6–4, 1–6, 2–6
優勝 1. 2000年1月8日 ニュージーランドの旗 オークランド ハード ジンバブエの旗 カーラ・ブラック 6–4, 6–4
優勝 2. 2000年11月19日 タイ王国の旗 パタヤ ハード ロシアの旗 タチアナ・パノワ 6–1, 6–4
準優勝 2. 2001年4月22日 ハンガリーの旗 ブダペスト クレー ブルガリアの旗 マグダレナ・マレーバ 6-3, 2-6, 4-6

4大大会シングルス成績[編集]

略語の説明
W  F  SF QF #R RR Q# LQ A WG Z# PO SF-B S G NMS NH

W=優勝, F=準優勝, SF=ベスト4, QF=ベスト8, #R=#回戦敗退, RR=ラウンドロビン敗退, Q#=予選#回戦敗退, LQ=予選敗退, A=大会不参加
WG=デビスカップワールドグループ, Z#=デビスカップ地域ゾーン, PO=デビスカッププレーオフ, SF-B=オリンピック銅メダル, S=オリンピック銀メダル, G=オリンピック金メダル, NMS=マスターズシリーズから降格, NH=開催なし.

大会 1996 1997 1998 1999 2000 2001 2002 2003 2004 2005 2006 2007 2008 2009 2010 2011 通算成績
全豪オープン A 1R LQ 2R 1R 2R 2R 2R A 1R LQ 2R 2R A A 1R 6–10
全仏オープン LQ LQ A 2R 2R 2R 3R A A 1R LQ 1R 1R A A LQ 5–7
ウィンブルドン 1R 1R LQ 3R 1R 1R 2R A 3R 2R A 1R A A A LQ 6–9
全米オープン LQ LQ 2R 2R 2R 1R 1R A LQ 1R LQ LQ A LQ LQ LQ 3–6