アンネ=マリー・ポータモ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
アンネ=マリー・ポータモ
Anne-Marie Pohtamo-Hietanen
プロフィール
生年月日 1955年8月15日
現年齢 64歳
出身地 ヘルシンキ
瞳の色 ヘーゼル[1]
毛髪の色 ライトブラウン[1]
公称サイズ(時期不明)
身長 / 体重 173[1] cm / kg
活動
ジャンル ファッション
モデル内容 一般・水着
他の活動 伝道師
その他の記録
ミス・ユニバース1975
モデル: テンプレート - カテゴリ

アンネ=マリー・ポータモ(Anne-Marie Pohtamo-Hietanen、1955年8月15日-)は、フィンランドのファッションモデル[2]、キリスト教伝道師[3]

経歴[編集]

1955年8月15日、ヘルシンキに生まれる[3][4]

1975年、ミス・フィンランドに選ばれ、同年第24回ミス・ユニバース世界大会優勝。先代のアンパロ・ムニョスは、ミス・ユニバース機構の規約に背き日本への旅行を拒んだため、ミスとしての任期のを6か月ほど残して王冠を返上した。彼女はミス・ユニバース1972であるケリー・アン・ウェルズによって戴冠された[5]

その後[編集]

1992年、伝道師の仕事を始める[6]

2000年、この頃より政治活動を行う。この年の大統領選挙エスコ・アホの選挙運動を支援した[6]。結果、彼は落選するが、2003年、カウニアネンの市議会議員になる。

2007年、議会選挙キリスト教民主党から出馬(ヘルシンキ選挙区)。落選[7]

2014年、ミス・フィンランド1975年の戴冠式に着用していたドレスとミス・ユニバース1975の任期の間のワードローブからなる服コレクションをフィンランド国立博物館に譲渡。ミス・ユニバース世界大会のための服はRauni PalonenによってデザインされKirjokangasによって制作された。2015年5月8日から12月31日までUrho Kekkonen Museumで展覧会が行われ、笏とクラウン、そしてミス・ユニバース1975の戴冠式のドレスが展示された[8]

2015年6月、フィンランド聖書協会に入会。全国の教会での講義を行う[9]

現在、ファッションショーを運営し、見本市の主催者として活動し、時々マネキンの仕事をする[9]

私生活とゴシップ[編集]

学校を卒業した1974年、後の夫Arto Hietasenと婚約[9]。1975年から1979年までモデル活動のためニューヨークで暮らすが、その時ハンガリー生まれの栄養士[10]Jacques de la Fontaineと交際していた[11]とする報道もある。

1980年、ケミオ(当時)にてHietasenと結婚[9]。4子を儲ける[3]。第1子のJesse Hietanenは歌手である。

その他[編集]

エルサルバドルで開催されたミス・ユニバース1975は国内政治に翻弄された。右翼のPCN(国民団結党[12])が優勢だった[13] 当時、7月19日の決勝を前に、政府による100万ドルの出費に抗議する学生によるデモが計画された。カメラの見ていないところで鎮圧された。1週間後、サンタ・アナの西部の都市で、学生たちは"ミス・ユニバースデモ"の禁止に抗議するために街に出かけ、何人かの若者が逮捕された。7月30日、サンサルバドルで、上記2回の 抑圧に対してデモをしていた約3000人の学生がいたが、兵士らの銃撃で止められる。軍事政権発表で1人が死亡、5人が負傷、11人が逮捕。学生発表で少なくとも12人が死亡、20人が負傷、40人が逮捕。目撃者によると、軍の救急車やトラックで約50人が死亡し、他の人は出血しているという[14]

出典[編集]

  1. ^ a b c Anne Marie Pohtamo”. famousfix.com. 2019年2月21日閲覧。
  2. ^ Miss Universe 1975”. bellezavenezolana.net. 2003年4月8日閲覧。
  3. ^ a b c ANNE POHTAMO”. anna. Otavamedia Oy (2012年9月26日). 2014年8月29日閲覧。
  4. ^ Miss Universe winners through the years”. Newsday. Newsday LLC (2017年11月27日). 2019年2月21日閲覧。
  5. ^ Amparo Muñoz muere a los 56 años”. elPeriodico.com. El Periódico de Catalunya, S.L. (2011年2月28日). 2011年3月2日閲覧。
  6. ^ a b Carita Forsman (2007年9月20日). “Anne Pohtamo-Hietanen kiertää ympäri Suomea puhumassa armosta”. kaleva.fi. 2019年2月21日閲覧。
  7. ^ Ei valita (uusi) Pohtamo-Hietanen, Anne”. yle.fi. 2019年2月21日閲覧。
  8. ^ EXHIBITION MISS UNIVERSE 1975”. museot.fi. FMA Creations Oy. 2019年2月21日閲覧。
  9. ^ a b c d Anne Pohtamo näyttää yhä Miss Universumilta”. iltalehti.fi. Alma Media Suomi Oy. 2019年2月21日閲覧。
  10. ^ EX-RAKASTAJA ”SUIHKU-JASKA” LÖYTYI ELOSSA FLORIDASTA – ANNE POHTAMO YLLÄTTYI”. SEISKA (2014年3月13日). 2019年2月21日閲覧。
  11. ^ Anne Pohtamo toi Nykistä koiran ja Jaskan”. menaiset.fi. SANOMA MEDIA FINLAND OY (2013年1月20日). 2019年2月21日閲覧。
  12. ^ 2019年エルサルバドル大統領選挙の結果概要”. emb-japan.go.jp. 在エルサルバドル日本国大使館. 2018年10月4日閲覧。
  13. ^ Mikko Heino (2017年7月15日). “Sotilaat missien turvana”. Ilta-Sanomat 
  14. ^ “UNREST GROWING IN EL SALVADOR”. New York Times. (1975年8月10日)