アンネ (企業)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
アンネ株式会社
種類 株式会社
市場情報 非上場
本社所在地 日本の旗 日本
259-11(現在は259-1114)
神奈川県伊勢原市高森1450番地
設立 1961年
業種 生理用品
主要株主 ライオン(100%)
特記事項:1993年ライオンに吸収合併、合併後はライオン伊勢原工場となる。2002年工場閉鎖。跡地は現在、住宅地となる。
テンプレートを表示

アンネ株式会社は、かつて存在していた、ナプキンタンポンなどの生理用品を製造・販売する会社。1993年(平成5年)に東証1部上場のライオンと合併した。

概要[編集]

社名は『アンネの日記』で月経に関する記述があったことに由来する。日本では平安時代以降、長く穢れとして扱われていた月経を『アンネの日記』では“甘美な秘密”と肯定的に表現しており、これがアンネ社の目指す月経観であるとして社長が「アンネ」を社名として提案した。

1961年「アンネナプキン」発売時のキャッチフレーズは『40年間お待たせしました』である。これは、アメリカでは40年前に既にコーテックスという生理用品が発売され、有経女性の80%が紙綿の生理用品を使っていた事から、アメリカに遅れること40年、の意味である。その後、このキャッチコピーに対して厚生省から、「まるで40年間ずっとナプキンの研究を行っていたかのような誤解を与える」として、改めるようにとの指導があった。そのため『〈アンネの日〉ときめました!』を新たにキャッチコピーとして採用した。

月経の隠語として“アンネ”という言葉が使われるのは、この会社名が語源である。

歴史[編集]

1963年、「週刊女性」に掲載された広告。イラストは大塚清六
ライオン子会社時代に販売されていた「エルディナプキン」
  • 1961年(昭和36年) - 当時27歳の坂井泰子が「アンネ株式会社」を設立。出資スポンサーとしてミツミ電機(現・ミネベアミツミ)が参加していた。11月、水洗トイレに流せる「アンネナプキン」を発売。
  • 1971年(昭和46年) - 大株主だったミツミ電機が、業績悪化のため経営から撤退。保有していたアンネの株式を本州製紙・ライオン歯磨(当時)・東レの3社に分配。
  • 1980年(昭和55年) - ライオンの子会社となる。
  • 1991年(平成3年) - アンネナプキン生産終了。
  • 1993年(平成5年) - ライオンへ吸収合併される。
  • 2002年(平成14年) - ライオンが生理用品から撤退[1]、エルディタンポンをユニ・チャームへ譲渡[2]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ SHIKOKU NEWS 全国ニュース”. 四国新聞社 (2001年12月13日). 2015年6月20日閲覧。
  2. ^ 社史”. ユニチャームHP. 2015年6月20日閲覧。

関連項目[編集]

  • ライオン
  • 月経
  • ユニ・チャーム - チャームナップシリーズの一部およびチャームタンポンは同社の事業を引き継いだものとされている。また、ライオン子会社時代に新たに立ち上げた生理用品ブランド「エルディ」はユニ・チャームのブランドとして存続。
  • 1961年の日本の女性史
  • 赤とんぼの唄 - 1973年発表のあのねのねの楽曲。歌詞に「アンネ」が入っており、その頃既に上記の生理の隠語として定着していることを表している。