アンバリーハウス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
アンバリーハウス
Amberleigh House - 2004 Grand National Winner.jpg
欧字表記 Amberleigh House
品種 サラブレッド
性別 せん
毛色 青鹿毛
生誕 1992年5月24日
死没 2017年4月27日 (25歳没)
バックスキン
チャンシーギャル
生国 アイルランドの旗 アイルランド
生産 Robert McCarthy
馬主 Halewood International Ltd
調教師 Michael Hourigan
Ginger McCain
競走成績
生涯成績 73戦9勝
獲得賞金 556,432ポンド
テンプレートを表示

アンバリーハウス (Amberleigh House) とはアイルランドで生産、アイルランドおよびイギリスで調教された競走馬である。2004年グランドナショナルに優勝した。

戦績[編集]

デビュー戦となったのは1997年3月のナショナルハントフラットレース(障害馬用平地競走)である。ここは22頭立ての12着に終わるが5戦目で初勝利を挙げ、その後はハードル、そしてチェイスへと舞台を移していく。2000年1月にタールズ競馬場で行われたG2キンロックブレイチェイスに優勝し、同年3月にパンチェスタウン競馬場のG3エクステンデッドハンデキャップチェイスも制した。

そして2000/01シーズンはアイルランドから、レッドラム調教師として有名なイギリスのジンジャー・マッケインの元に転厩。2001年4月に行われたグランドナショナルに10ストーン5ポンド(約65.8kg)を背負って初出走した。しかしこの年は降り続く雨により不良馬場で行われ、滑る馬場により落馬、そしてそのために大量のカラ馬が発生しそれらが更なる落馬を呼んだ。アンバリーハウスは第15障害のザチェアーで飛越失敗により競走中止。完走したのは優勝したレッドマローダーなど4頭(うち2頭は落馬再騎乗)だった。なお、同年11月にエイントリー競馬場で行われたビーチャーズチェイスでアンバリーハウスはこの競走で2着となっていたスマーティを相手に勝利を収めている。

その後2003年に2年ぶりに出走したグランドナショナルでは10ストーン4ポンド(約65.3kg)で出走し、早めに先行集団に取り付いて最終障害をモンティズパスに続く2番手で飛越するが、直線でシュプリームグローリーに交わされ、優勝したモンティズパスから14馬身差の3着に終わった。

そして2004年のグランドナショナル。2002年優勝のビンダリー、3連勝中のクランロイヤルなどが人気となり、12歳になったアンバリーハウスは10ストーン10ポンド(約69kg)のハンデで単勝17倍の8番人気となっていた。レースでは中団を追走、終盤に差し掛かっても前を行くヘッジハンター、クランロイヤル、ロードアタブリーとはかなりの差があったが、最終障害でヘッジハンターが落馬すると一気に前との差を縮め、ゴール前で2頭を差し切って優勝した。勝ちタイムは9分20秒3。出走馬39頭中11頭が完走した。マッケイン調教師は1977年以来27年ぶりの4勝目を挙げた。

2005年は11ストーン3ポンドの斤量を課せられて10着に敗れ、2006年はレース途中で棄権。これを最後に引退し、以降はナショナルスタッドで繋養された。のちにチェスター近郊の牧場に移され、2017年にはグランドナショナルの前に行われる歴代勝ち馬によるパレードにも姿を見せたが、その1週間後の4月27日疝痛で死亡した。25歳没。

血統表[編集]

アンバリーハウス血統ネアルコ系アウトブリード (血統表の出典)

Buckskin
1973
父の父
Yelapa
1966
Mossborough Nearco
All Moonshine
Your Point Nirgal
Your Game
父の母
Bete a Bon Dieu
1964
Herbager Vandale
Flagette
Caralline Wild Risk
Coral

Chancy Gal
1982
Al Sirat
1962
Double Jay Balladier
Broomshot
Gay Darling Mahmoud
Grand Gala
母の母
Art Mistress
1969
Master Owen Owen Tudor
Miss Maisie
Lady Artist Artists Moon
Amys Pet F-No.不明