アンパロ・ムニョス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
この名前は、スペイン語圏の人名慣習に従っています。第一姓(父方の)はムニョス第二姓(母方の)はケサダです。
アンパロ・ムニョス
Amparo Muñoz
プロフィール
生年月日 1954年6月21日
没年月日 2011年2月27日
没年齢 56歳(数え58)
出身地 マラガ県ベレス=マラガ
死没地 マラガ県マラガ
瞳の色 グリーン
毛髪の色 ライトブラウン
公称サイズ(1974[1]時点)
身長 / 体重 173 cm / kg
活動
ジャンル ファッション
モデル内容 一般
備考 ミス・ユニバース1974
他の活動 女優
外部リンク
データベース IMDb
モデル: テンプレート - カテゴリ

アンパロ・ムニョス・ケサダ(Amparo Muñoz Quesada, 1954年6月21日 - 2011年2月27日)は、スペイン女優モデルミス・ユニバース1974優勝[2]

経歴[編集]

1954年6月21日、マラガ県ベレス=マラガに生まれる。父は鍛造指導者、母は主婦。

1971年、バダホス県メリダのデパートに就職。その後、フランスのブティックに雇われ、(現在の地名で言うと)アンダルシア州でモデル活動を行う。父のコネで広告会社の秘書をしたこともある[3]

1973年、ベレス=マラガを代表してミス・スペインに出場。優勝[3]

1974年7月21日、ミス・ユニバース1974優勝。

1975年1月、契約に背き日本への旅行を断る[4]。 「お人形としての扱いにうんざり」と王冠を返上[3]。ただし、1st runner-upのヘレン・モーガン(ミス・ワールド1974)を含め、誰も彼女の空位を埋めなかった。もっとも、ヘレンは未婚の母であることを理由に失格になっていたが。

その後、映画業界で人気女優となる。

1989年、フィリピンに移り、銀幕から姿を消す[5]

1996年、ごく近い親族が彼女のうつ状態を理由にスペイン帰国を要請。帰国後、肉体の衰えと経済的困窮に加え、メンタルの問題・HIVの診断[5]・薬物依存[5]・秘密の売春[5]パーキンソン病に対する大衆の陰口が彼女のイメージを破壊した。これらが恥ずかしくて彼女は社会的引きこもりになったと伝えられる。

2011年2月27日、公表されていない死因で死去。

私生活とゴシップ[編集]

1976年5月、シンガーソングライターのパトクシ・アンディオンと結婚[3]。1983年離婚[6]

1980年、メキシコに移り、チリ人の古物商Flavio Labarcaと知り合う。1983年6月、フラビオと結婚。

1991年、Santiago Rubio Guijarroと結婚。1994年離婚[4]

その他、歌手で俳優のアントニオ・フローレス、映画監督のビセンテ・フェルナンデス、俳優のマキシモ・バルベルデと交際を持った[7]

フィルモグラフィ[編集]

映画[編集]

タイトル 備考
1973 El diablo en persona Lupita
1974 Vida conyugal sana modelo publicitaria
Tocata y fuga de Lolita Lolita Villar
1975 Sensualidad Ana
Clara es el precio Clara Valverde
1976 La otra alcoba Diana
Mauricio, mon amour Doctora Verónica Anglada
Volvoreta Volvoreta
1977 Del amor y de la muerte Elena
Acto de posesión Berta
1979 El anillo matrimonial Alba
Mamá cumple cien años Natalia Brussels Film Festival Award最優秀助演女優賞、サン・セバスティアン国際映画祭審査員特別賞、アカデミー外国語映画賞ノミネート
El tahúr Alejandra
1980 Memorias de un visitador médico Magdalena
Dedicatory Clara カンヌ国際映画祭パルム・ドールノミネート
1981 El Gran Triunfo Rosita Montes
La mujer del ministro Teresa
Como México no hay dos Silvia Escandon
Las siete cucas Cresencia
Trágala, perro Sor Patrocinio
1982 Si las mujeres mandaran Agustina
Hablamos esta noche Clara
El gran mogollón María Ángeles
1983 Todo un hombre Laura Monteros
Hayop sa ganda
Se me sale cuando me río
1984 El balcón abierto La Mujer
1985 La reina del mate Cristina
1986 Lulú de noche Nina
Delirios de amor Angélica Durán
1987 Las dos orillas
Los invitados La catalana
En penumbra Helena
1988 La luna negra Lilit シッチェス・カタロニア国際映画祭最優秀作品賞、ポルト国際映画祭最優秀作品賞、サン・セバスティアン国際映画祭プレミア
1989 Al acecho
1996 Familia Carmen マール・デル・プラタ国際映画祭最優秀作品賞、Vancouver International Film Festivalプレミア
Licántropo Dra. Mina Westenra
1997 Fotos Rosa シッチェス・カタロニア国際映画祭最優秀作品賞、ブリュッセル国際ファンタスティック映画祭プレミア
Elles Maria パームスプリングス国際映画祭プレミア
1999 Tierra de cañones La Cantero
2000 Un paraíso bajo las estrellas Olivia サンダンス映画祭プレミア

テレビ[編集]

タイトル
1968 Hora once
1976 Las aventuras del Hada Rebeca
1982 Sonata de estío Niña Chole
1983 Las pícaras
Sonatas Niña Chole
1987 Vida privada Concha Pujol
1989 Brigada central Marisa
1993 Los cuentos de Borges Gracia
2011 El cas de la núvia dividida Sra. Hardisson

脚注[編集]

  1. ^ “Miss Universe”. The Spokesman-Review (Spokane, Washington). (1974年7月22日) 
  2. ^ MISS UNIVERSE 1974”. pageantopolis.com. 2012年2月7日閲覧。
  3. ^ a b c d TRIBUTE TO MISS UNIVERSE 1974”. MISSOSOLOGY. 2019年4月30日閲覧。
  4. ^ a b Fallece en Málaga la actriz Amparo Muñoz”. LA VANGUARDIA. La Vanguardia Ediciones (2011年2月28日). 2019年4月30日閲覧。
  5. ^ a b c d Diego Galan (2011年2月28日). “Amparo Muñoz, un bello juguete roto”. EL PAIS. EDICIONES EL PAÍS S.L.. 2019年4月30日閲覧。
  6. ^ Isabel Pisano (2005年11月13日). “«Volví a Málaga para morir»”. EL MUNDO. Unidad Editorial Información General, S.L.U.. 2019年4月30日閲覧。
  7. ^ Manuel Román (2014年5月17日). “Amparo Muñoz pagó su vida en el pozo de la droga”. libertaddigital.com. Libertad Digital S.A.. 2019年4月30日閲覧。