環境音楽

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

環境音楽(かんきょうおんがく、: ambient music)は、英国の作曲家ブライアン・イーノが提唱した音楽ジャンル、または思想を表す言葉である。

ブライアン・イーノと環境音楽[編集]

「アンビエント音楽」、「アンビエント」とも表記される。必ずしも「アンビエント=環境音楽」という定義が当てはまるわけではない。インタビューにおいてイーノは環境音楽の考え方が、フランスの音楽家エリック・サティの楽曲「家具の音楽」から影響を受けていると語っている[1]。この考え方は従来の音楽鑑賞方法、すなわち演奏者、またはオーディオ機器の前に座って音楽を聴くと言う行為をある程度否定しているとも言える。

ブライアン・イーノの実践[編集]

イーノは『Ambient Music』と名づけた以下の4枚のアルバムを発表している。いずれも地図の拡大写真を用いたジャケットが特徴である。

  • 『アンビエント1/ミュージック・フォー・エアポーツ』 - Ambient 1: Music for Airports (1978年)
  • 『アンビエント2/ザ・プラトウ・オブ・ミラー』 - Ambient 2: The Plateaux of Mirror (1980年) ※ハロルド・バッドとの共作。旧邦題『鏡面界』
  • 『アンビエント3 発光』 - Ambient 3: Day of Radiance (1980年) ※Laraajiの作品。イーノはプロデュースのみ
  • 『アンビエント4/オン・ランド』 - Ambient 4: On Land (1982年)

なお、上記の4枚のアルバム以外に、以下のイーノの作品を環境音楽として含めることもある。

  • 『ディスクリート・ミュージック』 - Discreet Music (1975年)
  • 『ミュージック・フォー・フィルムス』 - Music for Films (1978年)
  • 『アポロ』 - Apollo - Atmospheres & Soundtracks (1983年)
  • 『パール』 - The Pearl (1984年) ※ハロルド・バッドとの共作

イーノは70年代初期にオブスキュアというレーベルを立ち上げ、以下の作曲家、演奏家のアルバムを合計10枚リリースしている。

主なアーティスト一覧[編集]

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ Brian Eno, [ Music for Airports liner notes], September 1978

参考文献[編集]

  • 芦川聡 - 波の記譜法
  • Potter, Keith (2002). Four Musical Minimalists: La Monte Young, Terry Riley, Steve Reich, Philip Glass (rev. pbk from 2000 hbk ed.). Cambridge University Press. pp. [ 91]. ISBN 978-0-521-01501-1.
  • Cambridge History of Twentieth-Century Music (Cook & Pople 2004, p. 502),
  • Tingen, Paul (2001). Miles Beyond: The Electric Explorations of Miles Davis, 1967–1991. Watson-Guptill.
  • Toop, David (1995). Ocean of Sound. Serpent's Tail. ISBN 9781852423827.
  • « Ambient music », Encyclopedia of Contemporary British Culture Londres, Routledge, 2002