アンフィポリスの戦い

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
アンフィポリスの戦い
Thucydides, Maps and Plans illustrative of Wellcome L0031928.jpg
An 1825 map illustrating the battle arrangements according to Thucydides
戦争ペロポネソス戦争
年月日:紀元前422年
場所アンフィポリス
結果:スパルタの決定的勝利
交戦勢力
アテナイ スパルタ
指導者・指揮官
クレオン  ,
ニキアス,
トゥキュディデス
ブラシダス  ,
Clearidas
戦力
約2,000名 約2,500名
損害
約600名 8名
ペロポネソス戦争

アンフィポリスの戦いギリシャ語:Μάχη της Αμφίπολης)は、ペロポネソス戦争中の紀元前422年アテネスパルタの間の戦いの名称である。

戦いの推移[編集]

アンフィポリスの占領[編集]

紀元前424〜423年の冬、デリオンの戦い英語版とほぼ同じ時期に、スパルタの将軍ブラシダスがストライモン川の近くにあるアテネの植民地、アンフィポリスを包囲、アテネの将軍ユークルズの抵抗にあいながらも占領した。

アテネ率いる同盟とスパルタとの休戦[編集]

アテネスパルタは紀元前433年に休戦協定を結んだ。

アンフィポリスでの2度目の戦い[編集]

休戦協定が422年に失効するとともに、クレオンは30隻の艦隊、1,200の重装歩兵、300の騎兵を率い、アテネの同盟国からの他の多くの軍隊とともにトラキアに向い、彼はまずトロネとシオーネを奪還しました。また、その後、スパルタからアンフィポリスを奪還するために行動した。

ブラジダスは、約2,000の重装歩兵と300の騎兵に加えて、アンフィポリスの他の部隊がいましたが、クレオンを倒せるとは感じていなかった。その後、ブラジダスは部隊をアンフィポリスに戻し攻撃の準備をした。

その後ブラシダスクレオン率いる軍団の弱点に自ら行った偵察で気づき、兵力では圧倒的不利であったにもかかわらず、攻勢を仕掛け、混乱した敵に対して大胆に攻撃し、勝利を収めた。

影響[編集]

スパルタは、アンフィポリスの戦いに勝利したことで、アテナイに対して優位に立てるようになった。またスパルタとアテナイ双方の主戦派であるブラシダスとクレオンが戦死したことで講和の機運が高まったため、翌年の紀元前421年にニキアスの和約が結ばれた。しかし、ニキアスの和約で決められた占領地の返還をアテナイもスパルタも順守しなかったことや、アテナイに新たな主戦派のリーダーであるアルキビアデスが台頭したことから、再び戦争状態に陥ることになる。

参考文献[編集]