アンブシュア

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

アンブシュアフランス語: embouchure [ɑ̃buʃyʁ]英語発音: [ˈɑmbəʃər, ɒmbʊˈʃʊə])とは、管楽器演奏者が、楽器を吹くときの口の形およびその機能のことである。演奏者の口(または唇、舌、歯、顎、頬、鼻腔、咽喉など)がある特殊な機能を持たされた状態を指すということもできる。呼吸法と並んで、管楽器奏者が身につけるべき最も基本的かつ重要な技術であり、ピッチ(音高)、音色、音域の跳躍などをコントロールするためには、楽器に応じた適切なアンブシュアを身に付けなければならない。

参考文献[編集]

  • アンリー・アルテス 著,植村泰一 訳・解説 『アルテス・フルート奏法 第一巻』 シンフォニア ISBN 978-4-88395-580-0
  • ヨハン・ヨアヒム・クヴァンツ 著,石原利矩 他 訳 『クヴァンツ・フルート奏法試論』 シンフォニア ISBN 978-4-88395-263-2
  • デルバート・デール 著,西岡信雄 訳 『トランペットのテクニック』 音楽之友社 1966年 ISBN 978-4276145566
  • フィリップ・ファーカス 著, 杉原 道夫 訳 『金管楽器を吹く人のために』 全音楽譜出版社 1990年 ISBN 978-4118102214

関連項目[編集]