アンブライドルド

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
アンブライドルド
欧字表記 Unbridled
品種 サラブレッド
性別
毛色 黒鹿毛
生誕 1987年
死没 2001年10月18日
ファピアノ
ギャナファシル
母の父 ルファビュリュー
生国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
生産 タータンファームズ
馬主 フランシス・ジェンター
調教師 カール・ナフツガー(アメリカ
競走成績
タイトル エクリプス賞最優秀3歳牡馬(1990年)
生涯成績 24戦8勝
獲得賞金 448万9475ドル
 
勝ち鞍
GI ケンタッキーダービー 1990年
GI ブリーダーズカップ・クラシック 1990年
GI フロリダダービー 1990年
テンプレートを表示

アンブライドルド (Unbridled) とはアメリカ合衆国競走馬種牡馬である。

競走馬時代[編集]

2歳となった1989年アメリカ合衆国アーリントンパーク競馬場でデビュー戦を飾った。この年は6戦2勝。

3歳となった1990年は、3戦目のガルフストリームパーク競馬場フロリダダービーを優勝しアメリカ三冠競走の有力候補として名乗りを上げた。ブルーグラスステークスキーンランド競馬場)3着を経て向かった三冠初戦ケンタッキーダービーでは単勝5番人気に支持され、クレイグ・ペレ騎乗のもとで優勝した。

残る三冠競走のプリークネスステークスはケンタッキーダービー2着のサマースコールが、ベルモントステークスアイルランドから遠征したゴーアンドゴーが優勝し、アンブライドルドはそれぞれ2着、4着に終わった。にはブリーダーズカップ・クラシックベルモントパーク競馬場)に駒を進め、ここでも単勝4番人気ながら優勝した。騎手はパット・デイ。この年は11戦4勝。エクリプス賞最優秀3歳牡馬を受賞した。

1991年もブリーダーズカップ・クラシック(チャーチルダウンズ競馬場)に出走したが、勝ち馬ブラックタイアフェアーの3着に敗れ、この競走を最後に引退した。この年は7戦2勝。

競走成績[編集]

種牡馬時代[編集]

競走馬引退後の1992年からゲインズウェイファーム種牡馬となり、1997年からはクレイボーンファームに移動して繋養され、数多くの産駒を送り出したが、2001年10月18日クレイボーンファーム疝痛のため死亡。グラインドストーンは1996年ケンタッキーダービーを優勝し、親子制覇を果たしたほか、計3頭のブリーダーズカップ優勝(2006年現在)馬を送り出し成功を収めている。

代表産駒[編集]

血統表[編集]

アンブライドルド血統(ファピアノ系(ミスタープロスペクター系)/Aspidistra 4x4=12.50%、 Rough'n Tumble 4x5=9.38%) (血統表の出典)

Fappiano
1977 鹿毛 アメリカ
父の父
Mr. Prospector
1970 鹿毛 アメリカ
Raise a Native Native Dancer
Raise You
Gold Digger Nashua
Sequence
父の母
Killaloe
1970 鹿毛 アメリカ
Dr. Fager Rough'n Tumble
Aspidistra
Grand Splendor Correlation
Cequillo

Gana Facil
1981 栗毛 アメリカ
Le Fabuleux
1961 栗毛 フランス
Wild Risk Rialto
Wild Violet
Anguar Verso
La Rochelle
母の母
Charedi
1976 青鹿毛 アメリカ
In Reality Intentionally
My Dear Girl
Magic Buckpasser
Aspidistra F-No.1-r