アンリ・サンソン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

アンリ・サンソン(Henri Sanson、1767年 - 1840年)は、フランス死刑執行人である。サンソン家5代目当主となる。

経歴[編集]

  • 1767年 シャルル=アンリ・サンソンの長男としてパリで生まれる。
  • 国民防衛軍砲兵隊中尉としてフランス革命に参加する。
  • 17??年 マリールイズ・ダミドと結婚する。
  • 1793年12月 父の意向によりデュ・バリー夫人を処刑する。
  • 1795年8月 軍を辞めて父の後を継いで死刑執行人になる。
  • 1799年 長男アンリ=クレマン・サンソンが生まれる。
  • 1802年 長女マリー=ガブリエルが生まれる。
  • 1804年 次女アデライドが生まれる。
  • 1806年 父であるシャルル=アンリ・サンソンが死亡したことにより、正式にムッシュ・ド・パリに叙任される。
  • 1810年 次男ニコラ=ユージェーヌが生まれる。
  • 1819年 病気で体を悪くし、死刑執行人の仕事は息子のアンリ=クレマン・サンソンに任せるようになる。
  • 1840年 死亡。
先代:
シャルル=アンリ・サンソン
ムッシュ・ド・パリ
1806年 - 1830年
次代:
アンリ=クレマン・サンソン

関連作品[編集]

  • 安達正勝『死刑執行人サンソン―国王ルイ十六世の首を刎ねた男』集英社〈集英社新書〉、2003年12月。ISBN 4-08-720221-6。