アンリ・ペスカロロ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
アンリ・ペスカロロ
PescaroloHenry1973Nürb.jpg
基本情報
国籍 フランスの旗 フランス
出身地 同・パリ
生年月日 (1942-09-25) 1942年9月25日(76歳)
F1での経歴
活動時期 1968-1974,1976
所属チーム '68,'69,'70 マトラ
'71-'72,73 マーチ
'71-'72,'73 ウィリアムズ
'73 イソ・マールボロ (ウィリアムズ)
'74 BRM
'76 サーティース
出走回数 64 (57スタート)
タイトル 0
優勝回数 0
表彰台(3位以内)回数 1
通算獲得ポイント 12
ポールポジション 0
ファステストラップ 1
初戦 1968年カナダGP
最終戦 1976年アメリカGP
テンプレートを表示

アンリ・ペスカロロHenri Pescarolo1942年9月25日[1] - )はフランス出身の元レーシング・ドライバー。 姓は「ペスカローロ」とも表記される。

ル・マン24時間レースでは3連覇を含む4度の総合優勝を果たし、33回出場という最多記録を持つ。ペスカロロ・スポール(Pescarolo Sport )の創始者であり、ヘリコプターパイロットでもある。

経歴[編集]

1968年カナダグランプリにてマトラワークスチームよりF1デビュー。1971年より弱小時代のウィリアムズに移籍し、マーチBRM、BSファブリケーションズを経て1976年にF1から退いた。64戦に出走し表彰台は1回、通算獲得ポイントは12。彼は特有の緑色のヘルメットを使用し、顔全体にあごひげを蓄えているが、それはクラッシュで負ったやけどの一部を覆っている。

耐久レースでは長いキャリアを誇る。ル・マン24時間レースでは前述のように1966年から1999年まで33回出場[2](1969年は新型マシン、マトラ・MS640のテスト中の事故で欠場[3])。1972年はマトラシムカMS670グラハム・ヒルと組んで、1973年はマトラシムカMS670Bでジェラール・ラルースと組んで、1974年もマトラシムカMS670でジェラール・ラルースと組んで、1984年にもヨースト・レーシングからポルシェ・956でクラウス・ルドヴィックと組んで勝利した。

現役引退後は2000年に自身のチーム「ペスカロロ・スポール」を結成し、ル・マン24時間レースやル・マン・シリーズに参戦している。彼のチームはソニー・コンピュータエンタテインメントPlayStation 2グランツーリスモ4のスポンサーを受けたことで知られる。

ペスカロロはまた年一回のダカール・ラリーに参加している。

フランク・モンタニーがドライブするペスカロロ・C60(2006年ル・マン24時間レース)


F1での年度別成績[編集]

所属チーム シャシー 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 WDC ポイント
1968年 マトラ MS11 RSA ESP MON BEL NED FRA GBR GER ITA CAN
Ret
USA
DNS
MEX
9
NC 0
1969年 MS7 (F2) RSA ESP MON NED FRA GBR GER
5
ITA CAN USA MEX NC 0
1970年 MS120 RSA
7
ESP
Ret
MON
3
BEL
6
NED
8
FRA
5
GBR
Ret
GER
6
AUT
14
ITA
Ret
CAN
7
USA
8
MEX
9
12位 8
1971年 マーチウィリアムズ 701 RSA
11
17位 4
711 ESP
Ret
MON
8
NED
13
FRA
Ret
GBR
4
GER
Ret
AUT
5
ITA
Ret
CAN
DNS
USA
Ret
1972年 721 ARG
8
RSA
11
ESP
11
MON
Ret
BEL
NC
FRA
DNS
GER
Ret
AUT
DNS
ITA
DNQ
CAN
13
USA
14
NC 0
ポリトイズウィリアムズ FX3 GBR
Ret
1973年 マーチ 721G/731 ARG BRA RSA ESP
8
BEL MON SWE NC 0
イソ・マールボロ (ウィリアムズ) IR FRA
Ret
GBR NED GER
10
AUT ITA CAN USA
1974年 BRM P160E ARG
9
BRA
14
RSA
18
ESP
12
BEL
Ret
MON
Ret
NED
Ret
NC 0
P201 SWE
Ret
FRA
Ret
GBR
Ret
GER
10
AUT ITA
Ret
CAN USA
1976年 サーティース/BSファブリケーションズ TS19 BRA RSA USW ESP BEL MON
DNQ
SWE FRA
Ret
GBR
Ret
GER
DNQ
AUT
9
NED
11
ITA
17
CAN
19
USA
NC
JPN NC 0

出典[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ Jenkins, Richard. “The World Championship drivers - Where are they now?”. OldRacingCars.com. 2007年7月29日閲覧。
  2. ^ 『ルマン 偉大なる耐久レースの全記録』p.137。
  3. ^ 『スポーツカー・プロファイル・シリーズ6』p.43。

参考文献[編集]

  • ジョー・ホンダ『ルマン 伝統と日本チームの戦い』グランプリ出版、1995年。ISBN 4-87687-161-2。
  • 黒井尚志『ル・マン 偉大なる草レースの挑戦者たち』集英社、1992年。 ISBN 4-08-780158-6。
  • 檜垣和夫『スポーツカー・プロファイル・シリーズ6 マートラ MS620/MS630/MS650/MS660/MS670/MS680 アルピーヌ M63/M64/M65/A210/A220』二玄社、2010年。ISBN 978-4544400472。
  • 檜垣和夫『ルマン - 偉大なる耐久レースの全記録』二玄社、1999年 ISBN 978-4544040654。
タイトル
先代:
ヘルムート・マルコ
ジィズ・ヴァン・レネップ
ル・マン24時間優勝者
1972 with:
グラハム・ヒル
次代:
アンリ・ペスカロロ
ジェラール・ラルース
先代:
アンリ・ペスカロロ
グラハム・ヒル
ル・マン24時間優勝者
1973 with:
ジェラール・ラルース
次代:
アンリ・ペスカロロ
ジェラール・ラルース
先代:
アンリ・ペスカロロ
ジェラール・ラルース
ル・マン24時間優勝者
1974 with:
ジェラール・ラルース
次代:
ジャッキー・イクス
デレック・ベル
先代:
ヴァーン・シュパン
ハーレイ・ヘイウッド
アル・ホルバート
ル・マン24時間優勝者
1984 with:
クラウス・ルドヴィック
次代:
ジョン・ニールセン
パオロ・バリッラ
ジョン・ウィンター