アンヴィル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
アンヴィル
Anvil
Anvil – Headbangers Open Air 2014 01.jpg
ドイツ・ブランデ=ヘルナーキルヒェン公演 (2014年7月)
基本情報
別名 Lips (1978-1981)
出身地 カナダの旗 カナダ
オンタリオ州 トロント
ジャンル ヘヴィメタル
スピードメタル
スラッシュメタル
グラム・メタル
活動期間 1978年 - 現在
レーベル Attic
メタル・ブレイド・レコーズ
Maximum
Hypnotic
マサカー・レコード
ジ・エンド・レコード
SPV/Steamhammer
公式サイト http://www.anvilmetal.com/
メンバー スティーヴ・クドロー
ロブ・ライナー
クリス・ロバートソン
旧メンバー 以下を参照

アンヴィル (Anvil) は、カナダ出身のヘヴィメタルバンド

スティーブ・クドローとロブ・ライナーが1978年に結成し、30年以上にわたり活動を続けている[1]。彼らの演奏は多くのバンドに影響を与えたとされている[2]

現メンバー[編集]

旧メンバー[編集]

  • Dave "Squirrely" Allison - ギター (1978-1989)
  • Ian "Dix" Dickson - ベェス (1978-1993)
  • Sebastian Marino - ギター (1989-1995)
  • Mike Duncan - ベェス (1993-1996)
  • Ivan Hurd - ギター (1995-2007)
  • Glenn "G5" Five - BASS (1996-2012)[3]
  • Sal Italiano - BASS (2012-2014)

本人記録映画[編集]

かつてアンヴィルのローディとして働いたことがあるサーシャ・ガヴァシ(映画『ターミナル』脚本)は2005年に彼らに再びコンタクトを取り、彼らのドキュメンタリー映画を撮りたいと要望した。2年間に及ぶ撮影の末、映画は完成し2008年にサンダンス映画祭で特別上映された。

日本では2009年10月24日の全国公開に先立ち、同10月20日Zepp Tokyoで一般向け試写会が行われた。本編上映後、スクリーンのうしろにメンバーが控えていて演奏を始めるというサプライズがあり、"Metal on Metal"、"Flying Blind"を演奏した[4]

評価[編集]

前述のとおり、アンヴィルの演奏は後年に活躍するヘヴィメタルやハードロックの音楽家たちに影響を給えており、映画内の質疑応答では以下のような発言がある。

ラーズ・ウルリッヒメタリカのドラマー)
  • アンヴィルが登場したときは衝撃だった。音楽業界をひっくり返すと思ったね。
  • ロブ・ライナーは今まで俺が見た中で、ぶっちぎりで凄いドラマーだよ。最強のメタル・ドラマーだ。
スコット・イアン(アンスラックス
  • 挑戦状を叩きつけられた気分だったよ。この音がお前らに出せるか…ってね。
  • あんな奴には勝てねえって思ったね。
トム・アラヤスレイヤー
レミー・キルミスターモーターヘッド
  • 才能の塊だった。全員凄い奴らだったよ。
スラッシュガンズ・アンド・ローゼズヴェルヴェット・リヴォルヴァー
  • アンヴィルってのは凄いライブをやる連中だったな。(中略)観客の盛り上がりも尋常じゃなかったし、こんな公演を觀たことねえって俺も興奮したよ。
  • 売れてるバンドは世界中に山ほどいる。だけど考えてもみろよ。30年間もロックし続けてる楽団なんて、数えるほどしかいやしないんだ。ローリング・ストーンズザ・フー…それに、アンヴィルだ。

作品[編集]

スタジオアルバム
ライブアルバム
コンピレーション
Hard 'N' HeavyとMetal On Metalの2 in 1CD。ただし、Hard 'N' Heavyからは"At the Apartment"、"Paint it Black"がカットされている。

日本公演[編集]

11/7(木)吉祥寺CLUB SEATAは “クラシックソングを中心に新旧ナンバーを織り交ぜたANVILフルスケールショー”、11/8(金)新宿Zirco Tokyo はライブ前のHEAVY METAL NIGHT HM/HR DJイベントを含む”ANVIL ベスト オブ ベストショート”。ロブのアートショウもUPP Tone Music本社にて開催された。

脚注[編集]