この記事は半保護されています。(半保護の方針による半保護)

アン・ソンジュ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

No image.svg アン・ソンジュ Golf pictogram.svg
Sun-Ju Ahn
基本情報
名前 アン・ソンジュ
生年月日 (1987-08-31) 1987年8月31日(32歳)
身長 160 cm (5 ft 3 in)
体重 68 kg (150 lb)
国籍 大韓民国の旗 大韓民国
出身地 京畿道
経歴
大学 建国大学校
プロ転向 2005年
現在のツアー JLPGAツアー(2010 -)
以前のツアー KLPGAツアー(2005 -2009)
プロ勝利数 35
優勝数
LPGAツアー 1
日本LPGA 27(TOTOはLPGAツアーに含む)
韓国LPGA 7
成績
初優勝 韓国女子:2006年
日本女子:2010年
賞金王 日本女子:2010年、2011年、2014年、2018年
賞金ランク最高位 日本女子:1位
2019年8月6日現在
テンプレートを表示

アン・ソンジュ[1](安 宣柱[2]朝鮮語: 안선주英語: Sun-Ju Ahn1987年8月31日 - )は大韓民国京畿道出身の女子プロゴルファー。所属はモスフードサービス

来歴

父親の影響により[2]、13歳からゴルフを始める[1]

アマチュア時代には韓国代表チームにも選出された他[3]、2004年には韓国女子プロゴルフ協会(KLPGA)ツアー「ハイトカップ女子オープン」で2位になる[4]

2005年にKLPGAに入会しプロ転向[2]

KLPGAツアーでは2006年から2009年までに通算7勝をあげ[3]、年間獲得賞金ランキング(賞金ランク)の最高位は2007年と2009年の3位[2]。しかしながら韓国では選手の実力よりも容貌を重視する考えが強く、アンに注目する韓国人はいなかった[5]。そればかりか一部企業がアンに整形手術を勧めてきた事もあり、このような雰囲気から逃れるために、日本進出を決めた[5]。同年日本女子プロゴルフ協会(JLPGA)ファイナルクォリファイングトーナメントで2位となった[6]

2010年からJLPGAツアーに参戦、初出場の「ダイキンオーキッドレディスゴルフトーナメント」で同ツアー初優勝を飾った[7]。同年は通算4勝をあげ、同ツアー参戦1年目にして賞金女王となった[8]。韓国人選手が同ツアーで賞金女王となるのはアン・ソンジュが初で[5]、外国人選手としても台湾の涂阿玉以来19年振りの快挙であった[9]

2011年1月1日付でJLPGA入会、83期生となる[1]。同年は「ゴルフより精神面が強くなった」と自身が語るように安定した強さをみせみせ[10]、「ワールドレディスチャンピオンシップサロンパスカップ」でのJLPGAツアー公式戦初勝利を含む4勝をあげ[8]、2年連続で賞金女王となる[8]

2012年は開幕戦で初の予選落ちとなるが岡本綾子のアドバイスなどを受けて復調[11]、「ワールドレディスチャンピオンシップサロンパスカップ」を含む3勝をあげ[8]、賞金ランク4位[8]。来日3年目となるアンはインタビューの受け答えも出来るまで日本語も上達、朴仁妃モーガン・プレッセルとのプレーオフを制した「ワールドレディスチャンピオンシップサロンパスカップ」では「日本の代表という気持ちで戦いました」「韓国よりも今は(長い時間)日本にいる。多くの人に愛されていると思います」と語っている[12]

2013年6月の「ニチレイレディス」2日目の5番ホール第2打地点でハウスキャディ方位磁石を使用した行為が「人工の機器を使用した」としてゴルフ規則14-3(当時、2019年ゴルフ規則の4.3a[13])に抵触するとして失格となった[14]。同年はニチレイ以外の出場26試合中25試合で予選通過[15]、「CAT Ladies」と「ニトリレディスゴルフトーナメント」で2週連続優勝があり[15]、賞金ランクは4位であった[8]

2014年9月の日刊ゲンダイのインタビューで「30歳または日本ツアーであと4勝(=通算20勝)したらプロゴルファーを引退する」と発言[16]。同年は出場した25試合全てで予選を通過し5勝[17]、3年ぶり3度目の賞金女王に輝いた[8]

2015年は7月の「センチュリー21レディスゴルフトーナメント」で優勝したのち[8]全米女子プロゴルフ協会(USLPGA)共催の「TOTOジャパンクラシック」でUSLPGAツアー初優勝[18]。この時のインタビューで20勝での引退については撤回し、改めて30歳での引退を宣言[18]

2016年は2勝で、賞金ランク9位、2017年は1勝で、賞金ランク10位[8]

2018年に30歳を迎え、持病の頸椎椎間板ヘルニアに悩まされてもいたが、「引退したいという気持ちがなくなってはいないが、もう少し上に行ってお世話になった人へ恩返しをしたい」「永久シードが取れれば光栄」と語り現役続行[19]。同年10月の「NOBUTA GROUP マスターズGCレディース」でシーズン5勝目をあげると、生涯獲得賞金10億円を達成、出場226試合での達成はJLPGAツアー史上最速となった[20]。最終的に4年ぶり4度目の賞金女王に輝いた[8]

通算成績

韓国ツアー(7勝)

※本項の成績はKLPGAプロフィールページの各年度に基づく[2]、大会名は出場当時で表記し、太字はメジャー大会である。

No. 年月日 トーナメント スコア 打差 2位
1 2006年5月13日 KB Star Tour First Tourney in Yongin −16 (65-66-69=200) 1 打差 大韓民国の旗 Na Yeon Choi
2 2007年4月21日 KB Star Tour First Tourney in Busan +4 (68-76-76=220) 1 打差 大韓民国の旗 Moon Hyun-hee
大韓民国の旗 申智愛
大韓民国の旗 Hong Ran
3 2007年5月20日 Taeyoung Cup Korea Women's Open −4 (73-69-70=212) 4 打差 大韓民国の旗 Jung Jae-eun
アメリカ合衆国の旗 クリスティ・カー
大韓民国の旗 Eun-Hee Ji
4 2007年7月6日 MBC Tour Korea Golf Art Village Open −12 (69-63=132) 1 打差 大韓民国の旗 Eun-Hee Ji
5 2008年10月3日 Samsung Finance Ladies Championship −10 (65-69-72=206) 2 打差 大韓民国の旗 ユン・チェヨン
6 2009年5月10日 KB Star Tour First Tourney in Hampyeong −12 (68-66-70=204) 6 打差 大韓民国の旗 Hee Kyung Seo
7 2009年9月6日 KB Star Tour Second Tourney in Kyeongsan −17 (68-66-66=202) 3 打差 大韓民国の旗 Song Min-ji

JLPGAツアー(28勝)

※本項の成績はJLPGAツアープロフィールページの生涯成績・記録[8]に基づく。大会名は出場当時で表記し、太字はメジャー大会である。

※全米女子プロゴルフ協会と共催の「TOTOジャパンクラシック」をこの表に含む

No. 年月日 トーナメント スコア 打差 2位
1 2010年3月8日 ダイキンオーキッドレディスゴルフトーナメント −10 (69-70-67=206) 5 打差 日本の旗 諸見里しのぶ
大韓民国の旗 申智愛
日本の旗 青山加織
大韓民国の旗 朴仁妃
日本の旗 有村智恵
2 2010年7月18日 スタンレーレディスゴルフトーナメント −6 (70-71-69=210) プレーオフ 大韓民国の旗 李知姫
3 2010年10月10日 SANKYOレディースオープン −10 (69-70-67=206) プレーオフ 大韓民国の旗 朴仁妃
4 2010年10月17日 富士通レディース −19 (65-62-70=207) 7 打差 大韓民国の旗 申智愛
5 2011年5月8日 ワールドレディス選手権サロンパスカップ −10 (71-67-71-69=278) 3 打差 日本の旗 佐伯三貴
台湾の旗 テレサ・ルー
6 2011年6月12日 サントリーレディスオープンゴルフトーナメント −14 (67-70-67-70=274) 1 打差 大韓民国の旗 李知姫
日本の旗 有村智恵
7 2011年8月14日 NEC軽井沢72ゴルフトーナメント −16 (68-66-66=200) プレーオフ 日本の旗 福嶋晃子
8 2011年10月9日 SANKYOレディースオープン −9 (71-66-70=207) 2 打差 日本の旗 大山志保
大韓民国の旗 イ・ジウ
大韓民国の旗 全美貞
9 2012年5月6日 ワールドレディス選手権サロンパスカップ −8 (67-69-72=208) プレーオフ 大韓民国の旗 朴仁妃
アメリカ合衆国の旗 モーガン・プレッセル
10 2012年8月26日 ニトリレディスゴルフトーナメント −14 (71-63-68=202) 2 打差 大韓民国の旗 全美貞
11 2012年9月2日 ゴルフ5レディスプロゴルフトーナメント −15 (67-68-66=201) 1 打差 大韓民国の旗 李知姫
12 2013年8月25日 CAT Ladies −15 (70-68-66=204) 3 打差 日本の旗 笠りつ子
13 2013年9月1日 ニトリレディスゴルフトーナメント −11 (70-70-65=205) 2 打差 台湾の旗 テレサ・ルー
14 2014年4月6日 ヤマハレディースオープン葛城 −5 (70-69-72-72=283) 1 打差 日本の旗 吉田弓美子
15 2014年5月25日 中京テレビ・ブリヂストンレディスオープン −8 (69-69-70=208) 3 打差 日本の旗 佐伯三貴
日本の旗 酒井美紀
大韓民国の旗 李知姫
台湾の旗 フェービー・ヤオ
日本の旗 笠りつ子
日本の旗 横峯さくら
16 2014年6月15日 サントリーレディスオープンゴルフトーナメント −14 (69-71-68-66=274) 5 打差 日本の旗 飯島茜
17 2014年10月12日 スタンレーレディスゴルフトーナメント −14 (68-68-66=202) 2 打差 大韓民国の旗 李知姫
18 2014年10月19日 富士通レディース −11 (64-69-72=205) プレーオフ 日本の旗 横峯さくら
日本の旗 菊地絵理香
19 2015年7月26日 センチュリー21レディスゴルフトーナメント −15 (64-67-70=201) 1 打差 日本の旗 菊地絵理香
大韓民国の旗 ペ・ヒキョン
20 2015年11月8日 TOTOジャパンクラシック(全米女子プロゴルフ協会共催) −16 (68-65-67=200) プレーオフ アメリカ合衆国の旗 アンジェラ・スタンフォード
大韓民国の旗 李知姫
21 2016年7月24日 センチュリー21レディスゴルフトーナメント −9 (73-67-67=207) 1 打差 日本の旗 菊地絵理香
日本の旗 木戸愛
22 2016年10月9日 スタンレーレディスゴルフトーナメント −6 (69-69=138)[21] プレーオフ 大韓民国の旗 イ・ボミ
23 2017年3月5日 ダイキンオーキッドレディスゴルフトーナメント −6 (73-67-69-73=282) 1 打差 日本の旗 川岸史果
24 2018年3月11日 ヨコハマタイヤゴルフトーナメント PRGRレディスカップ −11 (71-66-68=205) プレーオフ 日本の旗 鈴木愛
25 2018年4月1日 ヤマハレディースオープン葛城 −5 (72-71-71-69=283) 2 打差 日本の旗 菊地絵理香
26 2018年7月8日 ニッポンハムレディスクラシック −13 (69-67-67=203) 2 打差 日本の旗 川岸史果
27 2018年8月26日 ニトリレディスゴルフトーナメント −7 (70-70-71-70=281) 3 打差 日本の旗 渡邉彩香
28 2018年10月21日 NOBUTA GROUP マスターズGCレディース −12 (65-70-67-74=276) 2 打差 大韓民国の旗 キム・ハヌル

脚注

  1. ^ a b c アン ソンジュ プロフィール詳細”. 日本女子プロゴルフ協会. 2019年10月14日閲覧。
  2. ^ a b c d e 안선주” (朝鮮語). KLPGA. 2019年10月14日閲覧。
  3. ^ a b アン・ソンジュ プロフィール”. ゴルフダイジェスト・オンライン. 2019年10月14日閲覧。
  4. ^ 제5회 하이트컵 여자오픈골프대회” (朝鮮語). KLPGA (2004年9月4日). 2019年10月14日閲覧。
  5. ^ a b c <ゴルフ>「韓国では整形勧められ」…傷ついて去った安宣柱”. 中央日報 (2014年8月1日). 2019年10月14日閲覧。
  6. ^ QTランキング2010”. 日本女子プロゴルフ協会. 2019年10月14日閲覧。
  7. ^ アン ソンジュ 年度別大会成績2010”. 日本女子プロゴルフ協会. 2019年10月14日閲覧。
  8. ^ a b c d e f g h i j k アン ソンジュ プロフィール詳細の生涯成績・記録を参照
  9. ^ プロゴルファー歴代賞金女王一覧”. ホームメイト・ゴルフ. 2019年10月14日閲覧。
  10. ^ 賞金女王のアン・ソンジュ「寂しさを練習で満たしました」”. ゴルフダイジェスト・オンライン (2011年11月20日). 2019年10月14日閲覧。
  11. ^ アヤコの助言で復活!”. ゴルフダイジェスト社 (2012年3月26日). 2019年10月14日閲覧。
  12. ^ アン・ソンジュがプレーオフの末、大会連覇!”. ゴルフダイジェスト・オンライン (2012年5月6日). 2019年10月14日閲覧。
  13. ^ 2019年ゴルフ規則の38ページ目
  14. ^ アン ソンジュ失格までの経緯 ニチレイレディス(2日目)”. パーゴルフ プラス (2013年6月23日). 2019年10月14日閲覧。
  15. ^ a b アン ソンジュ 年度別大会成績2013”. 日本女子プロゴルフ協会. 2019年10月14日閲覧。
  16. ^ アン・ソンジュ衝撃告白 「あと4勝でプロゴルフ辞めます」|日刊ゲンダイDIGITAL”. 日刊ゲンダイ (2014年9月4日). 2019年10月14日閲覧。
  17. ^ アン ソンジュ 年度別大会成績2014”. 日本女子プロゴルフ協会. 2019年10月14日閲覧。
  18. ^ a b 20勝引退を撤回!日本ツアー代表アン・ソンジュは勝利で「あと3年」”. ゴルフダイジェスト・オンライン (2015年11月8日). 2019年10月14日閲覧。
  19. ^ 頚椎ヘルニアを抱えた″女王〝が魅せた大詰16番のショット。辞めるといった30歳で息を吹き返したアン・ソンジュ”. 児島宏のグリーン見聞記 (2018年7月9日). 2019年10月14日閲覧。
  20. ^ 賞金レース独走のアン・ソンジュ 最速で生涯10億円突破”. ゴルフダイジェスト・オンライン (2018年10月21日). 2019年10月14日閲覧。
  21. ^ 敵は霧と雨 「スタンレーレディス」10年間で5度目の競技短縮にある通り、2日目が降雨と濃霧による中断の影響により9人しかホールアウトできずサスペンデッド。36ホールに短縮して実施