アン・パットナム

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
アン・パットナム
生誕 (1679-10-18) 1679年10月18日
マサチューセッツ湾植民地ダンバース
死没 1716年(36–37歳)
著名な実績 セイラム魔女裁判の告発者
  • トマス・パットナム英語版(父)
  • アン・パットナム・シニア(母)
アン・パットナムの家(現在のマサチューセッツ州ダンバース)。1891年頃。

アン・パットナム英語: Ann Putnam, アン・パットナム・ジュニアとも呼ばれる、1679年10月18日 - 1716年)は、17世紀末の植民地時代アメリカの女性。ベティ・パリスメアリー・ウォルコットマーシー・ルイスアビゲイル・ウィリアムズと共に、マサチューセッツ湾植民地セイラム魔女裁判で重要な告発者となった。

生い立ち[編集]

エセックス郡ダンバースで1679年に、地域の有力者であるトマス・パットナム(1652年 - 1699年)とアン・パットナム・シニア(1661年 - 1699年)の長女として生まれた。将軍イズラエル・パットナムルーファス・パットナムいとこ違いにあたる。

セイラム魔女裁判[編集]

アン・パットナムは魔術に苦しんでいると宣言した少女たちと友人で、1692年3月に自分自身も苦しんでいると主張した。彼女は62人の告発を担当し[1]、それは他の少女の告発と合わせて、20人の死刑と数人の獄中死をもたらした。

アン・パットナムは平凡なアビゲイルやベティと違い、当時12歳という年齢としては天才的な学習能力を持っていたとされる[2]。彼女は一つを除く全ての裁判で証言台に立ち、驚くほど真に迫った文学的な状況描写を述べた[3]

終結後[編集]

チャールズ・ウェントワース・アパムによると、魔女裁判が終結した後、アンは病床に伏せるようになり、そのことが若くしての彼女の死に繋がった[4]。彼女は1699年に両親を亡くし、9人の兄弟姉妹を育てなくてはならなくなった。

1706年に、彼女は自身がセイラム魔女裁判で行った行動について謝罪した[5]。魔女裁判の生存者や遺族は、アン・パットナムの謝罪を聞き入れ、許したという。

1716年に死去し、ダンバースにて両親と共に不名誉の象徴とされる「墓標なし」で埋葬された[6]。アン・パットナムは生涯独身だった[7]

参考文献[編集]

  1. ^ “Thomas Putnam: Ringleader of the Salem Witch Hunt?”. History of Massachusetts. (2013年11月19日). http://historyofmassachusetts.org/thomas-putnam-ringleader-of-the-salem-witch-hunt/ 2017年12月3日閲覧。 
  2. ^ マリオン・L・スターキー『少女たちの魔女狩り The Devil in Massachusetts』平凡社、p.33。
  3. ^ ロッセル・ホープ・ロビンズ『悪魔学大全』1997年、p.454。
  4. ^ Upham 2000, p. 611-612.
  5. ^ Upham 2000, p. 510.
  6. ^ Ann Putnam”. Find a Grave (2002年). 2019年10月6日閲覧。
  7. ^ Alvarez, Kate (2002年). “Ann Putnam”. Salem Witch Trials Documentary Archive and Transcription Project. Charlottesville, Virginia: University of Virginia. 2019年10月6日閲覧。

出典[編集]

  • Upham, Charles W. (2000) [1867], Salem Witchcraft, 2, Dover Publications, ISBN 0-486-40899-X