アヴァター (バンド)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
アヴァター
Avatar
Avatar - Rock am Ring 2018-5809.jpg
ドイツ・ニュルブルク公演(2018年6月)
Avatar (Swedish band) logo.png
バンド ロゴ
基本情報
別名 ロスト・ソウル (Lost Soul)
出身地  スウェーデン
ヴェストラ・イェータランド県 イェーテボリ
ジャンル メロディックデスメタル[1]
ヘヴィメタル[2]
デスメタル[1][2]
スカンジナヴィアン・メタル[2]
プログレッシブ・メタル[2]
ブラックメタル[2]
インダストリアル・メタル
ゴシックメタル
グルーヴ・メタル
活動期間 2001年 - 現在
レーベル Gain Music Entertainment
Entertainment One
センチュリー・メディア・レコード
公式サイト avatar.net
メンバー ヨハネス・エッカーストロム (ボーカル)
ヨナス・ヤルスビー (ギター)
ティム・オーストロム (ギター)
ヘンリク・サンデリン (ベース)
ジョン・アルフレッドソン (ドラムス)
旧メンバー クリスティアン・リンミ (ボーカル)
ヴィクトル・エクストロム (ギター)
ダニエル・ヨハンソン (ギター)
キム・エガーボ (ギター)
シモン・アンデション (ギター)
ジョン・イサックソン (ベース)
ニクラス・グリーン (ベース)
ビョーン・リスベリ (ギター、ベース)

アヴァター (Avatar)は、スウェーデンイェーテボリ出身のメロディックデスメタルバンド

略歴[編集]

ドイツ・ヴァッケン公演 (2015年8月)

2001年に、ジョン・アルフレッドソン(Ds)とクリスティアン・リンミ(Vo)の2名を中心に、ロスト・ソウル (Lost Soul)が結成される[3]。5人組だったが、メンバーが流動的で程なく解散してしまう[3]。そして、ロスト・ソウルを母体に、新たにアヴァター (Avatar)が結成される。

結成の中心となったのは、ジョンとヨナス・ヤルスビー(G)の2名[3]。アヴァター結成に当たり、この2名に加えてヨハネス・エッカーストロム(Vo)、キム・エガーボ(G)、ニクラス・グリーン(B)が加入した[3]。しかし、メンバーが流動的でまとまった活動は困難だった。更に、この時期にボーカリストのヨハネスが喉を傷めたため、バンドを離れてしまうアクシデントも発生しているなど、順調とは言い難い活動状況に陥っていた[3]

2003年になって、復帰したヨハネス(Vo)、ヨナス(G)、シモン・アンデション(G)、ヘンリク・サンデリン(B)、ジョン(Ds)の5名のメンバーに落ち着く。

2004年、『Personal Observations』、『4 Reasons to Die』と題されたデモを立て続けにリリース。『4 Reasons to Die』の楽曲には、ナイトレイジで活動するマリオス・イリオポウロスがゲスト参加していた[3]2005年に『My Shining Star』をリリース。これらの活動と並行して、ライヴ活動も活発化。この時期に、デンマークコペンハーゲンで初の国外ライヴを行っている[3]。同年に、Gain Music Entertainmentと契約[3]

2006年、1stアルバム『Thoughts of no Tomorrow』をリリース。ライヴではインペイルド・ナザリーンやエヴァグレイらと共演している。

2007年には、同郷のイン・フレイムスアメリカストーン・サワーメガデスのサポートアクトとして、ステージに立っている[3]。同年に2ndアルバム『Schlacht』をリリースした。同アルバムは、スウェーデンの音楽チャートで27位を記録するなど高評価を得た[4]。同アルバムには、イン・フレイムスのビョーン・イエロッテがゲスト参加した[3]。この後も、ソイルワークオビチュアリー等の大物バンドのツアーに参加している。

2010年、3rdアルバム『Avatar』をリリース。同アルバムは、スウェーデンの音楽チャートで36位を記録した[5]。日本でも、STAY GOLDから日本盤がリリースされ、日本デビューを果たしている。2012年に4thアルバム『Black Waltz』をリリース。

2012年、4thアルバム『Black Waltz』をリリース。デビューメンバーのシモン(G)が脱退し、ティム・オーストロム(G)が加入した。

2014年、5thアルバム『Hail the Apocalypse』をリリース。2016年、6thアルバム『Feathers & Flesh』をリリース。2018年、7thアルバム『Avatar Country』をリリース。

メンバー[編集]

現ラインナップ[編集]

  • ヨハネス・エッカーストロム (Johannes Eckerström) - ボーカル (2001- )
  • ヨナス・ヤルスビー (Jonas Jarlsby) - ギター (2001- )
  • ティム・オーストロム (Tim Öhrström) - ギター (2012- )
  • ヘンリク・サンデリン (Henrik Sandelin) - ベース (2001- )
  • ジョン・アルフレッドソン (John Alfredsson) - ドラムス (2001- )

旧メンバー[編集]

  • クリスティアン・リンミ (Christian Rimmi) - ボーカル (2001)
  • ヴィクトル・エクストロム (Viktor Ekström) - ギター (2001)
  • ダニエル・ヨハンソン (Daniel Johansson) - ギター (2001)
  • キム・エガーボ (Kim Egerbo) - ギター (2001 - 2003)
  • シモン・アンデション (Simon Andersson) - ギター (2001 - 2012)
  • ジョン・イサックソン (John Isacsson) - ベース (2001)
  • ニクラス・グリーン (Niklas Green) - ベース (2002 - 2003)
  • ビョーン・リスベリ (Björn Risberg) - ギター/ベース (2003)

ディスコグラフィ[編集]

アルバム
  • 2006年 Thoughts of no Tomorrow
  • 2007年 Schlacht
  • 2009年 Avatar
  • 2012年 Black Waltz
  • 2014年 Hail the Apocalypse
  • 2016年 Feathers & Flesh
  • 2018年 Avatar Country
その他
  • 2004年 Personal Observations (Demo)
  • 2004年 4 Reasons to Die (Demo)
  • 2005年 My Shining Star (Single)
  • 2005年 And I Bid You Farewell (Single)
  • 2009年 The Great Pretender (Single)
  • 2011年 Black Waltz (EP)

脚注[編集]

  1. ^ a b Avatar reviews, music, news - sputnikmusic・2016年9月14日閲覧。
  2. ^ a b c d e Avatar|Biography”. オールミュージック. All Media Guide. 2016年9月14日閲覧。
  3. ^ a b c d e f g h i j 和田誠 (2010年). “Avatar” (日本語) (CDライナー). 「アヴァター」. アヴァター. 日本: Stay Gold. ARTSG-031. 
  4. ^ Sverigetopplistan.se - Veckolista Album - Vecka 44, 1 November 2007 2013年8月23日閲覧。
  5. ^ Sverigetopplistan.se - Veckolista Album - Vecka 47, 20 November 2009 2013年8月23日閲覧。