シーメンスS70形電車

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ヒューストンに最初に導入されたS70(2004年撮影)

S70は、ドイツの鉄道車両メーカーであるシーメンス路面電車ライトレール用に開発した、車内の70 - 80%が低床構造となっている部分超低床電車アメリカ合衆国を始めとした北アメリカ向けに設計がなされている[1][2][3][4]

この項目では、S70を基にヨーロッパトラムトレイン向けに開発されたアヴァント(Avanto)についても解説する[3][4]

概要[編集]

都心と郊外を結び長距離の専用軌道を有するライトレール向けに、2004年から展開が開始された形式。耐候性抗張力鋼(LATH)で製造された車体は総重量を削減するため軽量化が重視されているのと同時に、アメリカにおける厳しい強度や安全基準を満たした設計がなされている。編成は3車体連接式で、運転台側に動力台車を有する先頭車体が、屋根上に集電装置を搭載し付随台車が設置された車体長が短い中間車体を挟み込む構造となっている。編成長は最短24.7 m、最長29.4 mから選択出来、自動連結器を設置する場合は最大5両まで総括制御による連結運転が可能である。設計最高速度は105 km/h(65 mph)を想定している[1][5][6]

車内全体のうち、動力台車がある車端部を除いた70%が床面高さを350 mmに抑えた低床構造になっており、乗降扉もその部分に設置されているため、乗客は都心や郊外に設置された低床式プラットホームから段差なく乗降が可能である。屋根上には冷暖房双方に対応した空調装置が搭載されている[1][2][5][6]

また、都心の併用軌道を中心に走行する路面電車(ストリートカー)やプラットホームの長さに制限がある路線向けとして、S70US(S70 Ultra Short)、もしくはストリートカー・S70(Streetcar S70)とも呼ばれる小型仕様の製造も行われている。3車体連接式の編成や低床率70%の車内構造はS70と同様だが、全長を24.7 - 24.8 m級に縮める事で交差点が多い都心の道路上でも自動車や歩行者の通行に支障をきたす事なく運用する事が可能である。また導入都市によっては最高速度が56 km/h(35 mph)に抑えられている[1]

2019年以降はこれらの車両の設計を基に、IoTへの対応による運用・保守の効率化や車内レイアウトの改良が施されたS700の製造が進められている[7][8]

導入都市[編集]

ヒューストン[編集]

メトロレール H1形2006年撮影)

テキサス州ヒューストンのライトレールであるメトロレール英語版は、S70が最初に導入された路線である。2004年1月の開通に併せて導入された最初の18両はH1形2012年12月以降増備車として導入された19両はH2形と呼ばれており、前面形状や高床部分の床面高さなどに差異が存在する。このうちH2形は後述するユタ交通公社ソルトレイクシティ)向けの車両と共に発注が実施された[5][6][9][10]

これらに加え、2019年には更に14両のS70の発注が実施されており、これらの車両は車内レイアウトを見直すことで通路を広げ、車椅子やベビーカーの往来が容易になるよう改良がなされる予定である[11]

製造年 総数 軌間 架線電圧 編成 運転台 台車数 備考・参考
2003-(H1形)
2012-(H2形)
18両(H1形)
19両(H2形)
1,435mm 直流750V 3車体連接車 両運転台 2台(動力台車)
1台(付随台車)
[5][6][9]
営業最高速度 全長 全幅 全高 床面高さ 低床率 軸距 重量
106km/h(H1形)
105km/h(H2形)
29,370mm 2,650mm 3,870mm
(集電装置含)
699mm(高床部分,H1形)
670mm(高床部分,H2形)
396mm(低床部分)
356mm(扉部分)
70% 1,900mm(動力台車)
1,800mm(付随台車)
44.7t(H1形)
44.1t(H2形)
設計最高速度 加速度 常用減速度 非常減速度 着席定員 車椅子スペース 最大定員 主電動機出力
120km/h(H1形)
111km/h(H2形)
1.34m/s2 1.34m/s2 2.20m/s2 72人(H1形) 4箇所 241人(H1形) 130kw×4基

サンディエゴ[編集]

サンディエゴ・トロリー 3000形

カリフォルニア州サンディエゴライトレールであるサンディエゴ・トロリーでは、2005年以降S70やそれを基にした部分超低床電車の導入が続いている。最初に導入された車両は全長27.6 mの3000形2009年から増備された車両は全長を24.8 mに縮めたS70US規格の4000形2019年以降製造されている車両はS70USを基にメンテナンスの簡素化や車内レイアウトの改良が図られたS700規格の5000形である[7][12][13][14]

シャーロット[編集]

リンクス・ブルーライン

ノースカロライナ州シャーロットで公共交通機関を運営するシャーロット地区交通局英語版(CATS)はリンクス(Lynx)と言う愛称の路面電車路線網を有するが、そのうち最初にS70が導入されたのは、2007年の開業に併せて発注が行われたブルーライン英語版であった。当初は16両が使用されたが、利用客の増加に伴い2010年に4両が増備された他、2014年にも路線延長用として22両の追加発注が実施され、同年10月以降導入が行われている[15][16][17]

一方、CATSが運営する市街地のストリートカーであるゴールドライン英語版2015年の開通以降旧型路面電車を模したレプリカが使用されていたが、延伸計画に併せてこれらの車両を置き換える事となり、2016年11月に6両のS70がシーメンスに発注された。全長は25,908 mm(85 ft)、定員は255人(着席56人)で、延伸区間の一部は非電化の架線レス区間で建設されるため、車両には充電池が搭載される。延伸区間の開通は2020年を予定している[18][19]

製造年 総数 軌間 架線電圧 編成 運転台 台車数 備考・参考
2007- 42両(101-) 1,435mm 直流750V 3車体連接車 両運転台 2台(動力台車)
1台(付随台車)
諸元はブルーライン向け車両に基づく[15][16]
営業最高速度 全長 全幅 全高 床面高さ 低床率 軸距 重量
106km/h 28,528mm 2,650mm 3,870mm
(集電装置含)
699mm(高床部分)
396mm(低床部分)
356mm(扉部分)
70% 1,900mm(動力台車)
1,800mm(付随台車)
43.9t
設計最高速度 加速度 常用減速度 非常減速度 着席定員 車椅子スペース
自転車ラック
最大定員 主電動機出力
120km/h 1.34m/s2 1.34m/s2 2.20m/s2 68人 4箇所(車椅子スペース)
2箇所(自転車ラック)
230人 130kw×4基

ポートランド都市圏[編集]

トライメット タイプ4

トライメット英語版ポートランド都市圏で運営するMAXライトレール英語版には、2009年以降路線延伸や旧型車両の置き換え用としてS70およびS700の導入が実施されている。最初に登場した車両はタイプ4(Type 4)であったが、空調やシートピッチが利用客の不評を買った事から、2015年以降導入されたタイプ5(Type 5)ではそれらを含めた改良が実施された。2021年からは高床車の置き換え用として、電子機器の改良を伴うS700規格のタイプ6(Type 6)が導入される[20][21][22][23]

ノーフォーク[編集]

タイド

バージニア州ノーフォークのライトレール路線であるタイドでは、2011年8月28日の開業時から9両のS70が使用されている。定員は150人(着席70人)、営業最高速度は89 km/h(55 mph)で、通常営業には6両を使用し3両は予備車として車庫に待機する[24][25][26]

ソルトレイクシティ[編集]

TRAX2011年撮影)

2008年ユタ交通公社ライトレールTRAX英語版の延伸計画に向けた車両としてS70を77両導入する契約がシーメンスとの間に交わされ、2011年7月7日から営業運転を開始した。プラットホームの長さの関係上、全長が24.8 mに短縮された「S70US」として製造され、2013年に開通したストリートカー路線であるSライン英語版にも塗装や前面の形状が変更された同型車両が使用されている[27][28][29][30]

製造年 総数 軌間 架線電圧 編成 運転台 台車数 備考・参考
2010- 77両 1,435mm 直流600V 3車体連接車 両運転台 2台(動力台車)
1台(付随台車)
[27][28]
全長 全幅 全高 床面高さ 低床率 軸距 重量
24,810mm 2,650mm 3,749mm
(集電装置含)
855mm(高床部分)
396mm(低床部分)
356mm(扉部分)
70% 1,900mm(動力台車)
1,800mm(付随台車)
43.8t
営業最高速度 加速度 常用減速度 非常減速度 着席定員 フリースペース 最大定員 主電動機出力
88km/h 1.34m/s2 1.34m/s2 2.18m/s2 60人 2箇所 225人 130kw×4基

ミネアポリス・セントポール都市圏[編集]

メトロ 200形

ツインシティーズとも呼ばれるミネアポリスセントポール両都市に跨る都市圏には、メトロ英語版と呼ばれるライトレールが存在する。2011年、この路線を運営するメトロ・トランジット英語版は路線延伸に備えてシーメンスとの間にS70を導入する契約を交わした。車椅子利用客を始めとした様々な利用客に配慮した設計となっており、油圧サスペンションにより床面高さを調節する機能が搭載されている。最初の発注分は2013年に営業運転を開始し、2014年までに59両が投入された。更に2015年に5両、2016年に27両の追加発注が実施されており、そのうち2016年発注分は車内レイアウトの改良が行われている[31][32][33]

製造年 総数 軌間 架線電圧 編成 運転台 台車数 備考・参考
2012- 91両(201-) 1,435mm 直流750V 3車体連接車 両運転台 2台(動力台車)
1台(付随台車)
[31][32]
全長 全幅 全高 床面高さ 低床率 軸距 重量
28,742mm 2,650mm 3,870mm
(集電装置含)
670mm(高床部分)
396mm(低床部分)
356mm(扉部分)
70% 1,900mm(動力台車)
1,800mm(付随台車)
48.8t
最高速度 加速度 常用減速度 非常減速度 着席定員 車椅子スペース
自転車ラック
最大定員 主電動機出力
88km/h 1.34m/s2 1.34m/s2 2.2m/s2 63人 4箇所(車椅子スペース)
2箇所(自転車ラック)
231人 130kw×4基

アトランタ[編集]

アトランタ・ストリートカー

ジョージア州アトランタの公共交通ネットワークであるアトランタ・マルタがアトランタ市内に運営するストリートカーであるアトランタ・ストリートカー英語版では、2014年の開通以降4両のS70(S70US)が使用されている。都心の併用軌道を走行する事から最高速度が56 km/h(35 mph)と遅めに設定されている一方、車内の座席配置を見直す事で収容客数の増加を図っている。また車内には4箇所の車椅子スペースが存在する他、床面高さが調節可能な油圧式サスペンションが搭載されており、停留所から段差なしでの乗降が可能となるなどバリアフリー対策も多数講じられている[34][35][36]

製造年 総数 軌間 架線電圧 編成 運転台 台車数 備考・参考
2014 4両(1001-1004) 1,435mm 直流750V 3車体連接車 両運転台 2台(動力台車)
1台(付随台車)
[35][37]
全長 全幅 全高 床面高さ 低床率 軸距 重量
24,110mm 2,654mm 3,840mm
(集電装置含)
985mm(高床部分)
356mm(低床部分)
70% 1,900mm(動力台車)
1,800mm(付随台車)
43.7t
最高速度 加速度 常用減速度 非常減速度 着席定員 車椅子スペース 最大定員 主電動機出力
56km/h 1.34m/s2 1.34m/s2 2.25m/s2 60人 4箇所 195人 130kw×4基

シアトル[編集]

リンク・ライトレール

ワシントン州シアトルを中心とした路線網であるリンク・ライトレール英語版を運営するサウンド・トランジット英語版は、2021年以降に実施予定の大規模な延伸計画や列車本数・編成両数の増加に合わせ、2016年にシーメンスとの間で122両分のS70の発注契約を交わした。更に翌2017年には30両のオプション分の追加発注が実施され、合計金額は6億4,250万ドルとなった。2019年に最初の車両が完成し、翌2020年から2024年にかけて納入が行われる予定である[38][39]

フェニックス[編集]

アリゾナ州フェニックスを中心に公共交通機関を運営するバレーメトロ英語版のライトレールであるバレーメトロ・レイル英語版は、路線延伸や利用客増加への対応から2017年に11両分のS70の発注を実施した。運用開始は2020年の予定である[40][41]

オレンジ郡[編集]

カリフォルニア州オレンジ郡2020年以降開通予定のOCストリートカー英語版には、8両のS70が導入される事になっている。2018年にオレンジ郡運輸公社(Orange County Transportation Authority, OCTA)によって発注が行われており、10両の追加発注も可能なオプションも契約に含まれている[42]

未導入都市[編集]

オタワ[編集]

カナダオンタリオ州オタワの都市鉄道であるO-トレインの一環として市内を南北に結ぶライトレール路線が計画され、その建設にシーメンスが携わった事により、開通に併せてS70の導入が予定されていた。だが、オタワ市議会での採択により計画自体が中止されたため、これらの車両が製造される事は無かった[43]

アヴァント[編集]

フランス国鉄U 22500形電車
シーメンス アヴァント
U 25500 Gargan station 01.jpg
パリトラムトレインT4線)で使用されているU22500形(アヴァント)(2006年撮影)
基本情報
運用者 フランス国鉄(SNCF)
製造所 シーメンス
製造年 2005年 -
製造数 15両(パリトラム4号線
12両(トラムトレイン (ソレア)フランス語版
投入先 イル=ド=フランス4号線
ミュルーズ - タントラムトレイン (ソレア)フランス語版
主要諸元
編成 5車体連接車
軸配置 Bo'2'2'Bo'
軌間 1,435 mm
電気方式 直流1,500 V、交流25 kV
架空電車線方式
最高運転速度 100 km/h
車両定員 着席80人
折り畳み座席6席
立席154人
編成重量 59.7 t
全長 36,965 mm
全幅 2,500 mm
全高 3,520 mm
車輪径 660 mm
主電動機出力 200 kw
出力 800 kw
制御方式 VVVFインバータ制御IGBT素子)
備考 主要数値は[44][4][45][46]に基づく。
テンプレートを表示

上記の北アメリカ向け車両を基に開発されたヨーロッパ向け車両はアヴァント(Avanto)と呼ばれており、2019年の時点で鉄道規格で建設された路線を走行するトラムトレイン用としてフランス国鉄(SNCF)が導入している。編成は5車体連接式で、中央部の車体は台車がないフローティング構造である。路面電車と普通鉄道という線路条件や安全基準が異なる路線を直通するため、直流750 V(路面電車ライトレール区間)と交流25 kV(普通鉄道区間)双方の電圧に対応可能な構造になっている他、事故の際の安全対策のため車体の強度が増している。車体や内装のデザインについては、ドイツミュンヘンインダストリアルデザイン企業であるデジタルフォーム(Digitalform)が手掛けている[3][4][45][47]

フランス国鉄ではアヴァントにU 22500形という形式名を付けており、フランス初のトラムトレインとして2006年に開通したパリT4線向けに15両[注釈 1]ミュルーズ中心部 - タン間を結ぶトラムトレイン(2010年開通)向けに12両が製造されている。そのうちパリで使用されている車両のうち1両について、2017年以降に省エネ、低騒音、メンテナンスコスト削減などの効果を持つ、三菱電機製の走行風自冷式の屋根上設置型変圧器への換装を実施している[44][48][49][50]

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ 開業時は普通鉄道に用いられた交流電化区間のみを走行しており、併用軌道上の直流電化区間への乗り入れは2019年に行われた延伸開業以降実施されている。

出典[編集]

  1. ^ a b c d Light rail vehicles for North America”. Siemens. 2019年12月23日閲覧。
  2. ^ a b Feature : Rolling Stock and Manufacturers (part 2). “Siemens Transportation Systems—Shaping Tomorrow's Railways”. JATR : Japan Railway & Transport Review (East Japan Railway Culture Foundation) (42): 27. (2005-12). ISSN 1342-7512. http://www.ejrcf.or.jp/jrtr/jrtr42/pdf/f26_sie.pdf 2019年12月23日閲覧。. 
  3. ^ a b c Siemens Avanto tram train crash protection”. Oleo (2012年5月1日). 2019年12月23日閲覧。
  4. ^ a b c d WEST OF ENGLAND RAPID TRANSIT Technology Review Final Report (Report). Steer Davies Gleave. (2008-9). pp. 21. https://www.westofengland.org/media/75677/technology%20review%20full%20report.pdf 2019年12月23日閲覧。. 
  5. ^ a b c d S70 Light Rail Vehicle Houston, Texas”. Siemens. 2011年8月7日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年12月23日閲覧。
  6. ^ a b c d S70 Low-Floor Light Rail Vehicle Houston, Texas”. Siemens. 2015年6月6日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年12月23日閲覧。
  7. ^ a b Next-Generation MTS Trolley Cars Will Begin Service on Saturday”. San Diego Metropolitan Transit System (2019年4月17日). 2019年12月23日閲覧。
  8. ^ Redaktion (2019年7月31日). “Siemens to supply S700 light rail vehicles to Portland”. Railway Gazette International. 2019年12月23日閲覧。
  9. ^ a b Andrew Nusca (2011年4月6日). “Siemens lands $83 million contract for light rail in Houston”. ZDNet. 2019年12月23日閲覧。
  10. ^ Mike Morris (2011年2月25日). “Thanks to Utah, Metro will get rail cars in 2012”. Chron. 2019年12月23日閲覧。
  11. ^ Houston METRO orders more Siemens light-rail vehicles”. Progressive Railroading (2019年2月6日). 2019年12月23日閲覧。
  12. ^ Metropolitan Transit System San Diego Trolley Light Rail Vehicles”. San Diego Metropolitan Transit System (2015年2月). 2019年12月23日閲覧。
  13. ^ San Diego’s Metropolitan Transit System Orders 25 Light Rail Vehicles”. Siemens Mobility (2019年7月29日). 2019年12月23日閲覧。
  14. ^ Andrew Corselli (2019年4月18日). “MTS rolling out new Trolleys”. Railway Age. 2019年12月23日閲覧。
  15. ^ a b S70 Light Rail Vehicle Charlotte, North Carolina”. Siemens. 2011年8月10日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年12月23日閲覧。
  16. ^ a b Repairs for LYNX trains to cost $6.5M”. wsoctv.com (2012年1月6日). 2016-◎-×閲覧。
  17. ^ Steve Harrison (2014-1-13). “Light-rail construction for Blue Line extension to begin in March”. The Charlotte Observer. 
  18. ^ Juliann Sheldon (2016年11月29日). “Construction and vehicle contracts awarded for CityLYNX Gold Line Phase 2 project”. City of Charlotte. 2016-◎-×閲覧。
  19. ^ CITYLYNX GOLD LINE PHASE 2 FAQ”. City of Charlotte. 2016-◎-×閲覧。
  20. ^ Trimet's Rail Vehicle Fleet”. TriMet. 2019年12月23日閲覧。
  21. ^ S70 Light Rail Vehicle Portland, Oregon”. Siemens. 2011年8月10日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年12月23日閲覧。
  22. ^ S70 Low-Floor Light Rail Vehicle Portland, Oregon”. Siemens. 2019年12月23日閲覧。
  23. ^ Redaktion (2019年7月31日). “Siemens Mobility awarded order for 26 Light Rail Vehicles by Portland’s TriMet”. Urban Transit Magazine. 2019年12月23日閲覧。
  24. ^ Douglas John Bowen (2014年2月21日). “Norfolk LRT extension options mapped”. Railway Age. 2019年12月23日閲覧。
  25. ^ The Tide comes in”. Railway Gazette International (2011年8月31日). 2019年12月23日閲覧。
  26. ^ Final Report from the Before-and-After Study of the Tide Light Rail Project (Report). Hampton Roads Transit. (2015-7-1). https://gohrt.com/wp-content/uploads/2018/07/Light-Rail-Project-Final-Report-090915.pdf 2019年12月23日閲覧。. 
  27. ^ a b S70 Ultra Short Light Rail Vehicle Salt Lake City, Utah”. Siemens (2018年). 2019年12月23日閲覧。
  28. ^ a b Siemens announces biggest US light rail order”. RailwayGazette (2008年5月16日). 2011年6月16日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年12月23日閲覧。
  29. ^ William C. Vantuono (2011年7月1日). “UTA readies debut of Siemens S70 LRVs”. RailwayAge. 2019年12月23日閲覧。
  30. ^ 小佐野カゲトシ (2013年12月13日). “米ソルトレイクシティに新たな路面電車「Sライン」が開業…1日約3000人見込む”. レスポンス. 2019年12月23日閲覧。
  31. ^ a b S70 Low-Floor Light Rail Vehicle Minneapolis/St. Paul, Minnesota”. Siemens (2018年). 2019年12月23日閲覧。
  32. ^ a b Central Corridor Light Rail Transit”. Metropolitan Council (2012年4月13日). 2019年12月23日閲覧。
  33. ^ FTA signs agreement to fund Central Corridor”. Railway Gazette International (2011年4月30日). 2012年10月4日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年12月23日閲覧。
  34. ^ Minh Le (2011年5月20日). “Siemens supplies Atlanta with the American type S70 LRT vehicles”. Vietnam Investment Review. 2019年12月23日閲覧。
  35. ^ a b S70 Streetcar Atlanta,Georgia”. Siemens (2018年). 2019年12月23日閲覧。
  36. ^ Fact Sheet”. Marta (2013年7月). 2017年3月10日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年12月23日閲覧。
  37. ^ “Worldwide Review (regular news section)”. Tramways & Urban Transit (LRTA Publishing): 175. (2014-4). 
  38. ^ Keith Barrow (2016年9月27日). “Seattle orders 122 LRVs from Siemens”. International Railway Journal. 2019年12月23日閲覧。
  39. ^ Keith Barrow (2016年9月27日). “Sound Transit reveals Siemens S70 LRV for Seattle”. International Railway Journal. 2019年12月23日閲覧。
  40. ^ VSiemens - Valley Metro 2 - Phoenix”. Televic Rail4. 2019年12月23日閲覧。
  41. ^ Valley Metro adding 11 Siemens S70 light rail vehicles”. Metro for Transit & Motorcoach Business (2017年6月14日). 2019年12月23日閲覧。
  42. ^ William C. Vantuono (2018年5月28日). “Siemens selected for OC Streetcar”. Railway Age. 2019年12月23日閲覧。
  43. ^ Ottawa Citezen (2007年9月20日). “City slapped with another light-rail lawsuit”. Canada.com. 2016年3月3日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年12月23日閲覧。
  44. ^ a b Jens Bernhardt (2019年7月27日). “Testing starts on new tram train extension on line T4 in Paris Region”. Urban Transport Magazine. 2019年12月23日閲覧。
  45. ^ a b Aleksandr Luvishis (2010-5-4). “3.Conventional and dual-mode rolling stock” (英語). Hybrid Rail Vehicles. Dina Luvishis. pp. 42-44. ISBN 978-0578045771. 
  46. ^ 塚本直幸; 南聡一郎; 吉川耕司; ペリー史子. フランスにおける都市交通体系の転換に関する考察 (Report). pp. 29-30. https://journal.osaka-sandai.ac.jp/pdf/20140401_025-060.pdf 2019年12月23日閲覧。. 
  47. ^ Avant SNCF Siemens Transportation Design”. Degitalform. Industrial Design. 2019年12月23日閲覧。
  48. ^ SNCF orders 15 new Avanto type low-floor LRT vehicles”. The Engineer Jobs (2002年7月5日). 2019年12月23日閲覧。
  49. ^ Mulhouse tram-train enters service”. The Engineer Jobs (2010年12月13日). 2019年12月23日閲覧。
  50. ^ フランス国鉄の鉄道車両用電機品サプライヤーにも認定 日本メーカーとしてフランス国鉄向け鉄道車両用主変圧器試作器を初受注”. 三菱電機 (2017年12月5日). 2019年12月23日閲覧。