アーク溶接作業者

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
アーク溶接作業者
実施国 日本の旗 日本
資格種類 国家資格
試験形式 講習
認定団体 厚生労働省
等級・称号 アーク溶接作業者
根拠法令 労働安全衛生法
ウィキプロジェクト ウィキプロジェクト 資格
ウィキポータル ウィキポータル 資格
テンプレートを表示

アーク溶接作業者(アークようせつさぎょうしゃ)とは、アーク溶接等の業務に係る特別教育を修了した者。

概要[編集]

  • 金属電極と被溶接物の間にアーク(火花)を発生させ、その熱を利用して溶接する方法であるアーク溶接を行う上で必要な資格である。アーク溶接業務(手アーク溶接(被覆アーク溶接ガス・シールドアーク溶接など)、半自動アーク溶接、自動溶接)を行うことができる。

受講資格[編集]

  • 満18歳以上。

特別教育[編集]

  • 特別教育は各事業所(企業等)又は都道府県労働局長登録教習機関において行われる。
  • 告示で規定された履修時間は21時間(以上)となっている。

講習科目[編集]

  • 学科
  1. アーク溶接等に関する知識(1時間)
  2. アーク溶接装置に関する基礎知識(3時間)
  3. アーク溶接等の作業の方法に関する知識(6時間)
  4. 関係法令(1時間)
  • 実技
  1. アーク溶接装置の取扱い及びアーク溶接等の作業の方法(10時間)

関連項目[編集]