アーサー・シシス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動: 案内検索
アーサー・シシス
2009年のレッドブルMotoGPルーキーズカップ
国籍 オーストラリアの旗 オーストラリア
生年月日 1995年6月15日(18歳)
オーストラリアアデレード
現在のチーム レッドブル KTM アジョ
ゼッケン 61
レースでの経歴
ロードレース世界選手権 Moto3クラス
活動期間 2012年-
マニファクチャラー KTM
2012年 順位 12位 (84 pts)
出走回数 勝利数 表彰台 PP FL 総ポイント
30 0 1 0 0 143
ロードレース世界選手権 125ccクラス
活動期間 2011年
マニファクチャラー アプリリア
2011年 順位 NC (0 pts)
出走回数 勝利数 表彰台 PP FL 総ポイント
1 0 0 0 0 0

アーサー・シシス (Arthur Sissis, 1995年6月15日 - ) は、南オーストラリア州アデレード出身のオートバイレーサー。現在はレッドブル KTM アジョチームから世界選手権Moto3クラスに参戦している。

経歴[編集]

初期[編集]

シシスはアデレード北方40kmのツーウェルズという小さな町で成長した。9歳のときにジュニアモトクロスを始める。2008年と2009年にAustralian Under-16 Individual Speedway Championshipのタイトルを獲得する。2010年は最終戦でタイトルを逃し2位となった。

レッドブル・ルーキーズ[編集]

その後ロードレースに転向し、レッドブルMotoGPルーキーズカップに参戦する。アッセンでの6位が最高で、ランキング13位でシーズンを終えた。翌2011年は3勝(ヘレスの第2レース、アッセンの第2レース、ムジェロの第1レース)を挙げ、ロレンツォ・バルダッサーリに次ぐランキング2位でシーズンを終えた。

その年シシスは世界選手権へのデビューを果たす。アプリリア・RS125Rを駆ってマレーシアグランプリ125ccクラスに参戦、予選は30位、決勝は20位であった。

Moto3[編集]

2012年、シシスはレッドブル KTM アジョに加わりMoto3クラスに参戦する。開幕戦ロサイルでは予選9位、スタート直後2位に浮上したが、結局7位でゴールした。

その年の最高成績は第16戦のフィリップ・アイランドにおける3位であった。このレースは接戦となり、4位のアレックス・リンスとの差は0.054秒であった。これはシシスにとって初の表彰台であった。

ロードレース世界選手権 戦績[編集]

シーズン[編集]

シーズン クラス 車両 出走数 優勝回数 表彰台数 ポールポジション ファステストラップ ポイント 順位
2011年 125cc アプリリア 1 0 0 0 0 0 NC
2012年 Moto3 KTM 17 0 1 0 0 84 12位
2013年 Moto3 KTM 13 0 0 0 0 59* 11位*
合計 31 0 1 0 0 143
  • * 現在進行中

[編集]

クラス 車両 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 順位 ポイント
2011年 125 cc アプリリア QAT SPA POR FRA CAT GBR NED ITA GER CZE IND RSM ARA JPN AUS MAL
20
VAL NC 0
2012年 Moto3 KTM QAT
7
SPA
Ret
POR
13
FRA
5
CAT
22
GBR
8
NED
16
GER
9
ITA
Ret
IND
11
CZE
14
RSM
10
ARA
9
JPN
11
MAL
11
AUS
3
VAL
19
12位 84
2013年 Moto3 KTM QAT
8
AME
12
SPA
12
FRA
13
ITA
18
CAT
10
NED
8
GER
10
IND
6
CZE
14
GBR
24
RSM
15
ARA
9
MAL
AUS
JPN
VAL
11位* 59*
  • * 現在進行中

参照[編集]