アーチボルド・キャンベル (第9代アーガイル伯爵)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
第9代アーガイル伯爵アーチボルド・キャンベル

第9代アーガイル伯爵アーチボルド・キャンベル(Archibald Campbell, 9th Earl of Argyll, 1629年 - 1685年6月30日)は、清教徒革命イングランド内戦)から王政復古期のスコットランドの貴族。第8代アーガイル伯爵(初代アーガイル侯爵)アーチボルド・キャンベルとモートン伯爵ウィリアム・ダグラス英語版の娘マーガレット・ダグラスの長男。

清教徒革命で父と共に王党派に属して議会派と戦い、1650年にスコットランド王に即位したチャールズ2世を擁立して第三次イングランド内戦英語版ダンバーの戦いと翌1651年ウスターの戦いに参戦、オリバー・クロムウェル率いるイングランド共和国軍と戦った。戦後反乱策謀の容疑で1657年に投獄され1660年に解放、翌1661年に父が革命での行動を咎められ反逆罪で処刑され侯爵位を没収、それに連座して再び投獄されたが、王政復古でイングランド王・スコットランド王に即位したチャールズ2世からは1663年に改めて新設の形でアーガイル伯爵位を授与された[1][2]。同年に王立協会フェローに選ばれている[3]

しかし、チャールズ2世の弟でスコットランドに赴任したヨーク公ジェームズ(後のジェームズ2世)から宗教問題で対立して疎まれたため1681年に死刑判決を受けオランダへ亡命、チャールズ2世の庶子のモンマス公ジェームズ・スコットと結託してチャールズ2世の死後即位したジェームズ2世に反乱を起こすため、1685年5月にオランダからスコットランドへ上陸した。しかし準備不足のため戦う前から軍は分裂、6月に捕らえられエディンバラで処刑された。モンマスもイングランドに上陸したが国王軍に早期鎮圧され、7月に同じく処刑された(モンマスの反乱[1][2][4]

反乱により爵位と領土は没収されたが、1650年に結婚したマリ伯爵ジェームズ・ステュアートの娘メアリーとの間に生まれた息子のアーチボルド・キャンベルは復権に尽力、1689年ウィリアム3世から爵位と領地を返上され、1701年に公爵への昇格も果たした[2][5]

子女[編集]

メアリーとの間に7人の子を儲けた。

出典[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b 森、P131。
  2. ^ a b c 松村、P31。
  3. ^ Campbell; Archibald (1629 - 1685); 9th Earl of Argyll” (英語). Past Fellows. The Royal Society. 2012年1月14日閲覧。
  4. ^ 友清、P5 - P15。
  5. ^ 森、P130。

参考文献[編集]

スコットランドの爵位
先代:
アーチボルド・キャンベル
アーガイル伯爵
1663年 - 1685年
次代:
アーチボルド・キャンベル