アーディル・スルターン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索

アーディル・スルターン(? - 1370年)は、西チャガタイ・ハン国の君主(在位:1366年 - 1370年)。

略歴[編集]

東西チャガタイ・ハン国が統一していた時のドゥアの子ゴンチェクのひ孫。ムハンマドの子。

ティムール西トルキスタンの覇権を争うフサインに傀儡として擁立される。1370年にフサインがティムールに敗北してバルフで処刑された時に処刑された。

参考文献[編集]

  • 「ティムール帝国支配層の研究」(北海道大学出版会)
先代:
カブール・シャー
西チャガタイ・ハン国のハン
1366年 - 1370年
次代:
ソユルガトミシュ