アート・ロック

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

アート・ロックは、主に1960年代後半に登場した芸術的要素を持つロック・バンドや、その作品を分類した音楽用語である。ほぼ同時期にニュー・ロックという言葉が生まれており、アート・ロックもその一部と捉えられる。

概要[編集]

社会的にはベトナム戦争や公民権運動、学生運動、メディア分野ではテレビの普及などの進歩、さらにビートルズを中心とした1960年代後半の米英音楽の創造的発展により価値観が大きく変化した。シングル・ヒットを生み出すことが最も重要だったポピュラー音楽に変化が起こり、アルバムをより重視するバンドの存在が目立ってきた。アルバム重視ゆえ、ラジオでのオンエアを意識した楽曲の時間制限に縛られることなく制作することが可能となり、編曲にもそれまでにない要素を持ち込むミュージシャンが登場し始めた。

この傾向のけん引役となった代表的なミュージシャンとして、クリーム[1]ヴァニラ・ファッジ[2]ジミ・ヘンドリックス・エクスペリエンスピンク・フロイドジェファーソン・エアプレインフランク・ザッパドアーズグレイトフル・デッドヴェルヴェット・アンダーグラウンド[3]などが挙げられる。それまでヒットチャート重視だったポップなロック・バンドの中にも、早くからその傾向が表れた例がある。例えばビートルズは、初期のアルバムがシングル向きの曲を集めたものだったのに対し、1967年に、「サージェント・ペパーズ・ロンリー・ハーツ・クラブ・バンド[4]」というコンセプト・アルバムをアルバムを発表した。そして同年にデビューしたトラフィックもルーツ・ミュージックとプログレッシヴ・ロックの双方を取り入れた音楽性で評価された。ディープ・パープルの場合、『ディープ・パープル III』となっているアルバムの初期の邦題が、『素晴らしきアート・ロックの世界』だった。日本ではヴァニラ・ファッジやクリームがアート・ロックの代表格とされたが、英米ではプログレッシブ・ロックのバンドなども、アート・ロックの範疇に含まれる傾向があった。

この傾向は1970年代に入ってからは、「プログレッシブ・ロック」と称される分野に受け継がれた。

関連項目[編集]

参考文献[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 「ホワイト・ルーム」「サンシャイン・オブ・ユア・ラブ」などが代表曲
  2. ^ シュープリームスの曲をカバーした「キープ・ミー・ハンギング・オン」がヒット
  3. ^ 1stアルバムのジャケットを、アンディ・ウォーホルが担当した
  4. ^ http://journals.openedition.org/volume/1305?lang=en