アーネスト・ダウスン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

アーネスト・ダウスン(Ernest Christopher Dowson, 1867年8月2日 - 1900年2月23日)は、英国の詩人。

略歴[編集]

ロンドンに近いケントのリー生まれ。青年時代に両親は自殺、1888年にオックスフォード大学を中退しフランスに遊んだ。ウォルター・ペイターの影響を受け、詩や小説を書いた。ポーランド人の飲食店の娘アデライード・ポルテノウィッチに恋して肺を病み、詩集を彼女に献呈したが失恋し、32歳で夭折した[1]

作品集(日本語訳)[編集]

  • 『悲恋』平井程一春陽堂文庫 1937年
  • 『ブリタニに咲くりんごの花』(英米名作ライブラリー) 岡田幸一・坂本和男・来住正三訳 英宝社 1961年
  • 『ダウスン詩集』大島幹生訳 現代詩工房 1967年
  • 『ディレムマ その他 アーネスト・ダウスン短篇全集』平井呈一訳 思潮社 1972年
  • 『今やわれ心やさしきシナラの下に在りし日のわれにはあらず』アアネスト・ダウスン 矢野峰人訳 人間の星社 1977年
  • 『アーネスト・ダウスン作品集』南條竹則編訳 岩波文庫 2007年

伝記[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 『英米文学辞典』第三版、研究社