アーバンラフレ星ヶ丘10号棟

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
アーバンラフレ星ヶ丘10号棟
Urban Rafre Hoshigaoka Building 10
Urban Rafre Hoshigaoka Building 10 20150527.JPG
アーバンラフレ星ヶ丘10号棟(2015年5月)
施設情報
所在地 〒464-0801
愛知県名古屋市千種区星ヶ丘1丁目23
座標 北緯35度9分42.1秒 東経136度59分20.2秒 / 北緯35.161694度 東経136.988944度 / 35.161694; 136.988944座標: 北緯35度9分42.1秒 東経136度59分20.2秒 / 北緯35.161694度 東経136.988944度 / 35.161694; 136.988944
状態 完成
竣工 1997年平成9年)
用途 共同住宅
地上高
最頂部 81.15m
各種諸元
階数 地上25階
敷地面積 15,768.2
建築面積 1,523.28
延床面積 18,278.84
構造形式 鉄筋コンクリート造
関連企業
設計 東畑建築事務所
デベロッパー 住宅都市整備公団
テンプレートを表示

アーバンラフレ星ヶ丘10号棟 (アーバンラフレほしがおか10ごうとう) は、愛知県名古屋市千種区星ヶ丘にあるマンションである。独立行政法人都市再生機構(Urban Renaissance Agency(UR))が管理している。

概要[編集]

1990年平成2年)から始まった旧星ヶ丘団地の建替事業で建設された「アーバンラフレ星ヶ丘」のシンボルとなるタワーマンションとして、住宅都市整備公団が開発した賃貸住宅である。

星ヶ丘交差点から、名東本通(愛知県道217号岩藤名古屋線)方面を見ると真っ先に飛び込んでくるランドマークである。星ヶ丘地区初の超高層マンションで、2018年3月現在も当地区では最も高い高層ビルである。

アクセス[編集]