アーミン・マーバヌーザデー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索
Pix.gif アーミン・マーバヌーザデー
Armin MAHBANOOZADEH
Figure skating pictogram.svg
Armin Mahbanoozadeh 2010 Skate America.jpg
2010年スケートアメリカでのマーバヌーザデー
基本情報
代表国: アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
生年月日: (1991-08-15) 1991年8月15日(25歳)
出生地: バージニア州 アレクサンドリア
身長: 170 cm
元コーチ: クリスティ・クラール
トレイシー・コールマン
プリシラ・ヒル
元振付師: カタリナ・リンデン
イリーナ・ロマノワ
所属クラブ: ワシントンFSC
引退: 2013年6月3日
ISU パーソナルベストスコア
トータルスコア: 211.17 2010 GPスケートアメリカ
ショートプログラム: 68.27 2012 GPスケートアメリカ
フリースケーティング: 143.56 2010 GPスケートアメリカ
 
獲得メダル
フィギュアスケート
ジュニアグランプリファイナル
2007 グダニスク 男子シングル
2008 高陽 男子シングル

アーミン・マーバヌーザデー英語: Armin Mahbanoozadeh, ペルシャ語:آرمین ماهبانوزاده)は、アメリカ合衆国バージニア州アレクサンドリア出身の男性フィギュアスケート選手(男子シングル)。イラン系アメリカ人。

ISUジュニアグランプリに参戦した2007-2008年及び2008-2009年シーズンに、ISUジュニアグランプリファイナルを含む出場6大会全てで表彰台に上った。

経歴[編集]

バージニア州アレクサンドリアに生まれ6歳でスケートを始める。

2006-2007年シーズンの全米選手権ノービスクラスで優勝し翌2007-2008年シーズンからISUジュニアグランプリに参戦。初戦のJGPレークプラシッドでいきなり優勝。2戦目のJGPクロアチア杯でも3位となりJGPファイナルへ進出、自己最高得点を大きく更新し3位となる。続く2008-2009年シーズンのISUジュニアグランプリでも表彰台に立ち、2位となったファイナルでは200点に迫るスコアを記録。

2009-2010年シーズンにはISUグランプリシリーズ2大会に出場した。2010-2011年シーズンのグランプリシリーズではスケートアメリカに出場し3位。シニアのグランプリシリーズで初めてメダルを獲得した。

2012年の全米選手権では4位となり、初のメダルを獲得した。

2012-2013シーズン、エヴァン・ライサチェクに代わり、スケートアメリカに出場して7位。全米選手権では足首の捻挫の影響もあり13位に留まった[1]

2013年6月3日、引退を発表。引退後はコンピュータサイエンスの勉強をして行く[2][3][4][5]

主な戦績[編集]

大会/年 2005-06 2006-07 2007-08 2008-09 2009-10 2010-11 2011-12 2012-13
四大陸選手権 7
全米選手権 7 N 1 N 8 J 6 J 8 6 4 13
GPスケートアメリカ 3 10 7
GP NHK杯 8
GPスケートカナダ 9
GP中国杯 11
USクラシック 2
アイスチャレンジ 3
ネーベルホルン杯 4
世界Jr.選手権 10
JGPファイナル 3 2
JGPマドリード杯 1
JGPクールシュベル 2
JGPクロアチア杯 3
JGPレークプラシッド 1
  • N = ノービスクラス、J = ジュニアクラス

詳細[編集]

2012-2013 シーズン
開催日 大会名 SP FS 結果
2013年1月20日-27日 全米フィギュアスケート選手権オマハ 16
62.85
12
129.92
13
192.77
2012年11月5日-10日 2012年アイスチャレンジグラーツ 2
72.14
3
127.87
3
200.01
2012年10月19日-21日 ISUグランプリシリーズ スケートアメリカケント 7
68.27
7
135.38
7
203.65
2012年9月12日-16日 2012年USインターナショナルクラシックソルトレイクシティ 3
68.95
2
149.11
2
218.06


2011-2012 シーズン
開催日 大会名 SP FS 結果
2012年1月22日-29日 全米フィギュアスケート選手権サンノゼ 3
80.66
6
143.97
4
224.63
2011年11月11日-13日 ISUグランプリシリーズ NHK杯札幌 8
63.52
7
122.06
8
185.58
2011年10月21日-23日 ISUグランプリシリーズ スケートアメリカオンタリオ 7
64.54
10
114.53
10
179.07


2010-2011 シーズン
開催日 大会名 SP FS 結果
2011年2月15日-20日 2011年四大陸フィギュアスケート選手権台北 5
66.40
9
134.27
7
200.67
2011年1月23日-30日 全米フィギュアスケート選手権グリーンズボロ 8
66.77
5
148.28
6
215.05
2010年11月11日-14日 ISUグランプリシリーズ スケートアメリカポートランド 4
67.61
3
143.56
3
211.17
2010年9月22日-25日 2010年ネーベルホルン杯オーベルストドルフ 8
55.97
3
140.20
4
196.17


2009-2010 シーズン
開催日 大会名 SP FS 結果
2010年3月8日-14日 2010年世界ジュニアフィギュアスケート選手権ハーグ 8
62.30
12
106.39
10
168.69
2010年1月14日-24日 全米フィギュアスケート選手権スポケーン 5
72.56
13
118.42
8
190.98
2009年11月19日-22日 ISUグランプリシリーズ スケートカナダキッチナー 8
65.30
8
121.18
9
186.48
2009年10月29日-11月1日 ISUグランプリシリーズ 中国杯北京 12
59.54
11
116.99
11
176.53


2008-2009 シーズン
開催日 大会名 SP FS 結果
2009年1月18日-25日 全米フィギュアスケート選手権クリーブランド 3
59.29
8
99.83
6
159.12
2008年12月10日-14日 2008/2009 ISUジュニアグランプリファイナル高陽 2
67.05
2
126.43
2
193.48
2008年9月24日-28日 ISUジュニアグランプリ マドリード杯マドリード 1
62.99
2
116.41
1
179.40
2008年8月27日-31日 ISUジュニアグランプリ クールシュヴェルクールシュヴェル 2
60.46
3
112.18
2
172.64


2007-2008 シーズン
開催日 大会名 SP FS 結果
2008年1月20日-27日 全米フィギュアスケート選手権 ジュニアクラス(セントポール 9
53.29
6
114.47
8
167.76
2007年12月6日-9日 2007/2008 ISUジュニアグランプリファイナルグダニスク 4
59.07
3
122.97
3
182.04
2007年9月26日-29日 ISUジュニアグランプリ クロアチア杯ザグレブ 1
58.83
3
112.38
3
171.21
2007年8月30日-9月2日 ISUジュニアグランプリ レークプラシッドレークプラシッド 2
52.45
1
113.13
1
165.58


2006-2007 シーズン
開催日 大会名 SP FS 結果
2007年1月21日-28日 全米フィギュアスケート選手権 ノービスクラス(スポケーン 1
45.50
2
93.27
1
138.77


2005-2006 シーズン
開催日 大会名 SP FS 結果
2006年1月7日-15日 全米フィギュアスケート選手権 ノービスクラス(セントルイス 6
42.76
7
79.10
7
121.86


プログラム使用曲[編集]

シーズン SP FS EX
2012-2013 カシミール
曲:レッド・ツェッペリン
テレビドラマ『ドクター・フー』より
作曲:マレイ・ゴールド
2011-2012 映画『キル・ビル』サウンドトラック サマータイム
2010-2011 Mario Takes A Walk
Prelude
by ジェシー・クック
振付:イリーナ・ロマノワ
映画『アバター』サウンドトラック
作曲:ジェームズ・ホーナー
振付:イリーナ・ロマノワ
Never Say Never
曲:ザ・フレイ
2009-2010 Virtuoso
by エドウィン・マートン
ピアノ協奏曲第3番
作曲:セルゲイ・ラフマニノフ
2008-2009 Dark Forest
by Ara Gevorgyan
映画「ハムナプトラ/失われた砂漠の都
作曲:ジェリー・ゴールドスミス
2007-2008 交響的舞曲
by 作曲:セルゲイ・ラフマニノフ
スパルタクス
作曲:アラム・ハチャトゥリアン

脚注[編集]