アームチェア・シアター

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索
アームチェア・シアター
ジェフ・リンスタジオ・アルバム
リリース
録音 1989~1990年
ジャンル ロック
時間
レーベル リプリーズ・レコード
プロデュース ジェフ・リン
専門評論家によるレビュー
チャート最高順位
  • 24位(英国)
  • 83位(米国)
ジェフ・リン 年表
アームチェア・シアター
(1990)
ロング・ウェイヴ
(2012)
テンプレートを表示

アームチェア・シアター』 (Armchair Theater) は、1990年ジェフ・リンが発表したソロ名義では初のアルバム。

概要[編集]

「肘掛け椅子に座りながらテレビを眺めるように、お気に入りの音楽を聴いている」というコンセプトで製作された。演奏陣は後述のように豪華であり、評論家による評価も芳しかったが、チャートでは小ヒットにとどまった。

演奏[編集]

ジェフ・リンはギター、ベース、ドラム、パーカッション、ピアノ、キーボード、オートハープといった多くの楽器を演奏している。

エレクトリック・ライト・オーケストラに引き続き、リチャード・タンディーやデイヴ・モーガンが参加している他、トラヴェリング・ウィルベリーズの間柄であるジョージ・ハリスントム・ペティ、1970年代前半から交友関係にあったデル・シャノンなど著名なアーティストが多数参加している。

収録曲[編集]

特筆のない楽曲は全てジェフ・リンによる作品。

  1. エヴリー・リトル・シング - Every Little Thing
    シングルカットされ、イギリスで59位。ジョージ・ハリスンがアコースティックギターとコーラスで参加。スモーキー・ロビンソンの楽曲「Going To A Go-Go」の一部を引用している。
  2. ドント・レット・ゴー - Don't Let Go
    ジッシー・ストーンのカバー。ジェフがこの曲を知ったのは録音する数年前であり、カーラジオで聴いて気に入った事をきっかけにカバーした。
  3. リフト・ミー・アップ - Life Me Up
    シングルカットされた。ジョージ・ハリスンがアコースティックギター、スライドギター、コーラスで参加。1991年の映画「Shout」の予告編で使用されたが、本編では使用されなかった。
  4. ノーバディ・ホーム - Nobody Home
  5. セプテンバー・ソング - September Song
    クルト・ヴァイルのカバー
  6. ナウ・ユーアー・ゴーン - Now You're Gone
    インド風のコーラスは本場のミュージシャンによる。ジェフが亡き母親に捧げた。他にこのアルバムに収録されているカバー曲「セプテンバー・ソング」「ストーミー・ウェザー」は彼女が好きであった曲である。
  7. ドント・セイ・グッドバイ - Don't Say Goodbye
  8. ホワット・ウッド・イット・テイクス - What Would It Takes
    1993年の映画「Rudy」の予告編で使用されたが、本編では使用されなかった。
  9. ストーミー・ウェザー - Stormy Weather
    ハロルド・アーレンのカバー。ジョージ・ハリスンがスライドギターを演奏している。
  10. ブロウン・アウェイ - Blown Away
    トム・ペティが作詞を手伝っており、タイトル部分の歌詞は彼によるもの。バックコーラスにはデル・シャノンが参加している。
  11. セイヴ・ミー・ナウ - Save Me Now
    地球の視点から環境破壊を歌った曲。アルバムでは唯一、ジェフによるソロレコーディングである。2015年に発表されたジェフのドキュメンタリー「Mr. Blue Sky: The Jeff Lynne and ELO Story」には、この曲の引き語り映像が収録されている。


2013年再発盤ボーナス・トラック
  1. ボーダーライン  Borderline
    • 12インチ及びCDシングル「リフト・ミー・アップ」のB面に収録されていたものとは別バージョン。
  2. フォアキャスト  Forecast
    • 未発表曲。雷鳴や雨音のサンプリングが使われている。ジェフによるソロレコーディングで、未完成だったものを2013年の再発時に完成させた。


日本盤ボーナス・トラック
  1. ストレンジ・マジック (Live from Bungalow Palace)

参考文献[編集]

http://www.jefflynnesongs.com/jlworks9.php