アーメド・ラディ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
アーメド・ラディ Football pictogram.svg
名前
本名 アフマド・ラーディー・フマイシュ・アッ=サーリヒー
Ahmad Radhi Hmaiesh Al-Salehi
愛称 ネウロイ
ラテン文字 Ahmed Radhi
アラビア語 أحمد راضي هميش الصالحي
基本情報
国籍 イラクの旗 イラク
生年月日 (1964-03-21) 1964年3月21日(54歳)
出身地 サーマッラー
選手情報
ポジション FW
代表歴
1983-1997 イラクの旗 イラク 73 (42)
■テンプレート(■ノート ■解説■サッカー選手pj

アーメド・ラディアフマド・ラーディーアラビア語: أحمد راضي‎、Ahmad Radhi Hmaiesh Al-Salehi, 1964年3月21日 - )は、イラク出身の元同国代表サッカー選手。ポジションはフォワード(FW)。1988年度のアジア年間最優秀選手賞受賞者、日本ではドーハの悲劇の時の対戦相手としても知られる。

来歴[編集]

1983年4月28日エジプト戦で代表デビューを飾るとその試合で代表初得点を記録、以降1984年のロサンゼルス五輪、1986年のメキシコW杯に中心選手として出場した。メキシコW杯ではベルギー戦で得点を決めるなど、1980年代のイラクサッカーの黄金期を支えると共に、中東のスーパースターの座を確固たるものとした。

現役引退後は政治家へ転身し、2005年12月15日のイラク総選挙ではスンナ派系イスラム政党のイラク・イスラム党から立候補している。イラク戦争後にサッカー協会会長として来日しニュースステーションに出演したことがある。

所属クラブ[編集]

代表歴[編集]

タイトル[編集]

  • 個人
アジア年間最優秀選手賞 1988年
ガルフカップ1988 得点王
イラク・プレミアリーグ 1991-1992 得点王