イアゴ・ファルケ・シルバ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
この名前は、スペイン語圏の人名慣習に従っています。第一姓(父方の)はファルケ第二姓(母方の)はシルバです。
イアゴ・ファルケ Football pictogram.svg
Iago Falque.jpg
名前
本名 イアゴ・ファルケ・シルバ
Iago Falque Silva
ラテン文字 Iago Falque
基本情報
国籍 スペインの旗 スペイン
生年月日 (1990-01-04) 1990年1月4日(30歳)
出身地 ビーゴ
身長 174cm
体重 69kg
選手情報
在籍チーム イタリアの旗 トリノFC
ポジション FW
背番号 10
利き足 左足
ユース
2000-2001 スペインの旗 レアル・マドリード
2001-2008 スペインの旗 バルセロナ
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
2008 スペインの旗 バルセロナB 1 (1)
2008-2012 イタリアの旗 ユヴェントス 0 (0)
2010-2011 スペインの旗 ビジャレアルB (loan) 36 (11)
2012-2014 イングランドの旗 トッテナム 1 (0)
2012 イングランドの旗 サウサンプトン (loan) 1 (0)
2013 スペインの旗 アルメリア (loan) 22 (2)
2013-2014 スペインの旗 ラージョ・バジェカーノ (loan) 28 (3)
2014-2016 イタリアの旗 ジェノア 32 (13)
2015-2016 イタリアの旗 ローマ (loan) 14 (1)
2016-2017 イタリアの旗 ローマ 8 (1)
2016-2017 イタリアの旗 トリノ (loan) 35 (12)
2017- イタリアの旗 トリノ 67 (18)
2020 イタリアの旗 ジェノア (loan) 10 (2)
代表歴2
2007 スペインの旗 スペイン U-16 12 (3)
2008-2009 スペインの旗 スペイン U-19 11 (4)
2009 スペインの旗 スペイン U-20 1 (0)
2011 スペインの旗 スペイン U-21 1 (0)
1. 国内リーグ戦に限る。2020年8月2日現在。
2. 2014年8月1日現在。
■テンプレート(■ノート ■解説■サッカー選手pj

イアゴ・ファルケ・シルバ(Iago Falque Silva, 1990年1月4日 - )は、スペインガリシア州ア・コルーニャ県ビーゴ出身のサッカー選手トリノFC所属。ポジションはフォワード

ヤーゴ・ファルケとも表記される。

経歴[編集]

クラブ[編集]

FCバルセロナ[編集]

ガリシア州ビーゴに生まれたが、2000年から2001年にはレアル・マドリードの下部組織(カンテラ)に所属し、2001年にライバルのFCバルセロナの下部組織に移った。インフェリオール・カテゴリーで頭角を現し、逸材のひとりとして注目されるようになり、2008年にはFCバルセロナBセグンダ・ディビシオンB(3部)に昇格し、それと同時にイアゴもアトレティックのメンバーに昇格した。それまでFCバルセロナBを率いていたジョゼップ・グアルディオラ監督がトップチームの監督に就任したため、ルイス・エンリケがアトレティックの監督に就任し、イアゴはFCバルセロナBでのデビュー戦で初得点を挙げた。しかし、イアゴはエンリケ監督と折り合いが悪く、さらに同ポジションのガイ・アスリンら年下の成長も著しかったため、U-19スペイン代表であるにも関わらず戦力外通告を受けた。

ユヴェントスFC[編集]

2008年8月30日、イタリア・セリエAユヴェントスFCと4年契約を結んだ。複数のクラブがイアゴに関心を寄せていたが、ユヴェントスのクラウディオ・ラニエリ監督はファルケが活躍したアイルランドでのU-19トーナメントを直接視察に訪れていた。フリートランスファーであったが、活躍次第でFCバルセロナには250万ユーロの補償金が支払われる[要出典]。2008-09シーズンのはプリマベーラ(ユース)で主力としてプレーして活躍し、アルビン・エクダルロレンツォ・アリアウドらと共に、ビアレッジョ国際ユーストーナメントで優勝した。12月6日、USレッチェ戦でトップチームへの初招集を受けた。2009年夏のプレシーズンにはACミランとの練習試合でトップチームデビューを果たしたが、8月25日、セリエAのASバーリにレンタル移籍し、2009-10シーズン前半戦はユースチームでプレーした。2010年1月にユヴェントスに復帰したが、ユヴェントスでもやはりユースチームでプレーした。2010年7月29日、スペイン・セグンダ・ディビシオンB(3部)のビジャレアルCF Bにレンタル移籍した。2010-11シーズンはレギュラーとして36試合に出場してチームトップの11得点を挙げたが、ビジャレアルCFは買い取りオプションを行使せず、2011年6月30日に契約元のユヴェントスに戻った。2011年8月25日、1年間の契約でイングランド・プレミアリーグトッテナム・ホットスパーFCにレンタル移籍した。契約には完全移籍での買い取りオプションが付けられた[1]。9月15日、UEFAヨーロッパリーグPAOKサロニカ戦(0-0)でデビューした。

トッテナム・ホットスパーFC[編集]

2012年1月16日、トッテナムに完全移籍し、直ちにフットボールリーグ・チャンピオンシップ(2部相当)で首位を走るサウサンプトンFCにシーズン終了までの契約でレンタル移籍した[2][3]レスター・シティFC戦でデビューした。2013年1月24日、スペイン2部のアルメリアにシーズン終了までレンタル移籍した[4]。2013年8月25日、ラージョ・バジェカーノにレンタル移籍した[5]

ジェノアCFC[編集]

2014年7月31日、ジェノアCFCに完全移籍した[6]

ASローマ[編集]

2015年7月1日、ASローマに買取義務付きのレンタルで移籍した[7]。100万ユーロのレンタル料に加え、公式戦に出場した時点で700万ユーロでの買取義務が発生する。

2015年8月22日、エラス・ヴェローナ戦で66分にモハメド・サラーとの交代で途中出場し、ローマ移籍後初出場を果たした[8]。9月12日、フロジノーネ戦でローマでの初ゴールを挙げた[9]。10月20日、UEFAチャンピオンズリーグバイエル・レバークーゼン戦でCL初ゴールを挙げた[10]。ローマでの初年度は、27試合3得点の記録を残した。2016年1月にルチアーノ・スパレッティが監督に就任してからは出場機会を減らした[11][12]

トリノFC[編集]

2016年7月18日、アダム・リャイッチとともにトリノFCに移籍した。買取オプション付きのレンタルでの形での加入となった[13]。前半戦で15試合8得点と活躍を見せ、2017年1月5日にトリノは買取オプションを行使し、完全移籍した[14]

ジェノアCFC[編集]

2020年1月31日、ジェノアCFCに買取オプション付きのレンタルで移籍した。5年ぶりの復帰となる[15]

代表[編集]

2007年にはベルギーで開催されたUEFA U-17欧州選手権で優勝し、韓国で開催されたFIFA U-17ワールドカップでは準優勝した。2008年にはチェコで開催されたUEFA U-19欧州選手権に出場し、12月にはガリシア代表に初招集された。ボージャン・クルキッチらと同世代で、スペインでは“Quinta de Bojan”(ボージャン世代)と呼ばれる逸材揃いの世代の一員とされている。

所属クラブ[編集]

スペインの旗 ビジャレアルCF B 2010-2011 (loan)
イングランドの旗 サウサンプトンFC 2012 (loan)
スペインの旗 UDアルメリア 2013 (loan)
スペインの旗 ラージョ・バジェカーノ 2013-2014 (loan)
イタリアの旗 ASローマ 2015-2016 (loan)
イタリアの旗 トリノFC 2016-2017 (loan)
イタリアの旗 ジェノアCFC 2020 (loan)

タイトル[編集]

代表[編集]

U-17スペイン代表

脚注[編集]

  1. ^ “Yago completes loan switch to Tottenham”. Juventus.com. (2011年8月26日). http://www.juventus.com/wps/portal/en/news/yago%20al%20tottenham%20news%20eng%2024August2011 2011年8月26日閲覧。 
  2. ^ Juve's Falque joins Saints on loan after sealing Spurs deal BBC Sport
  3. ^ Spanish Starlet Joins On Loan”. Southampton FC (2012年1月17日). 2012年1月17日閲覧。
  4. ^ ファルケ アルメリアへのローン成立”. spurs.sc (2013年1月24日). 2018年4月16日閲覧。
  5. ^ イアゴ・ファルケ バジェカーノへのローン成立”. spurs.sc (2013年8月25日). 2018年4月16日閲覧。
  6. ^ トッテナムMFイアゴがジェノアへ完全移籍”. Goal (2014年8月1日). 2014年8月1日閲覧。
  7. ^ ローマ、イアゴ・ファルケ獲得を正式発表 買い取り義務つきレンタル”. Goal.com (2015年7月2日). 2018年4月16日閲覧。
  8. ^ Verona-Roma 1-1: Florenzi risponde a Jankovic, giallorossi sottotono”. repubblica.it (2015年8月22日). 2015年9月2日閲覧。
  9. ^ Frosinone-Roma 0-2: Iago Falque e Iturbe in gol, giallorossi per ora in testa”. repubblica.it (2015年9月12日). 2015年10月5日閲覧。
  10. ^ Roma, Pjanic è il re delle punizioni: nessuno come lui in Europa quest'anno”. gazzetta.it (2015年10月19日). 2015年10月20日閲覧。
  11. ^ Febbre da Calciomercato” (イタリア語) (2016年7月14日). 2019年12月13日閲覧。
  12. ^ Torino, Iago Falque: "Qui è il top. Con Spalletti alla Roma facevo la mezzala..."”. 2019年12月13日閲覧。
  13. ^ “トリノ、ローマから2選手が加入…ファルケ&リャイッチの獲得を発表”. サッカーキング. (2016年7月19日). https://www.soccer-king.jp/news/world/ita/20160719/469726.html?cx_player=relatednews 2018年4月16日閲覧。 
  14. ^ “トリノ、ローマFWイトゥルベ獲得を正式発表…FWファルケも完全移籍”. サッカーキング. (2017年1月5日). https://www.soccer-king.jp/news/world/ita/20170105/536908.html?cx_player=relatednews 2018年4月16日閲覧。 
  15. ^ ジェノア、イアゴ・ファルケが5年ぶりの帰還! 背番号10を着用”. 超ワールドサッカー (2020年1月31日). 2020年2月1日閲覧。