イアン・コンドリー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

イアン・コンドリー(Ian Condry、1965年3月6日[1] - )は、アメリカ合衆国文化人類学者1987年ハーバード大学を卒業し(B.A.:行政学)、1999年イェール大学から人類学Ph.D.を取得した[2]。現在は、マサチューセッツ州ケンブリッジマサチューセッツ工科大学(MIT)で、日本文化研究講座の教授[2]

最初の人類学関係の著書『日本のヒップホップ―文化グローバリゼーションの〈現場〉(Hip-Hop Japan: Rap and the Paths of Cultural Globalization)』で、コンドリーは人種ジェンダー言語音楽史、現在の文化をめぐる政治など、日本のヒップホップ・シーンに関わるあらゆる問題を取り上げて論じた。コンドリーによれば、パフォーマンスに関係する場所、例えば、レコーディング・スタジオやナイトクラブなどは、文化のグローバル化を主導する特定の経路として機能しているのだという[3]。コンドリーは、こうした場所をより丁寧に観察していくことから、グローバル/ローカル、生産者/消費者、芸術家/産業などの間で生じているやりとりを、よりよく理解できるようになると考えている。

出典・脚注[編集]

  1. ^ CURRICULUM VITAE Ian Condry”. MIT. 2011年10月26日閲覧。
  2. ^ a b Ian Condry @ MIT
  3. ^ Condry, Ian. Hip-hop Japan: Rap and the Paths of Cultural Globalization. Durham, NC: Duke University Press, 2006. ISBN 0822338769