イアン・マクドナルド (ミュージシャン)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
イアン・マクドナルド
Ian McDonald
Ian McDonald (2009).jpg
イアン・マクドナルド(2009年)
基本情報
生誕 (1946-06-25) 1946年6月25日(72歳)
出身地 イングランドの旗 イングランド ミドルセックス
ジャンル ロックプログレッシブ・ロック
職業 ミュージシャン演奏家音楽プロデューサー
担当楽器 サックスフルートクラリネットメロトロンキーボードギターヴィブラフォーンリードシンセサイザーベースハープシコードオルガン
活動期間 1969年 -
共同作業者 キング・クリムゾン
マクドナルド・アンド・ジャイルズ
フォリナー
スティーヴ・ハケット
21stセンチュリー・スキッツォイド・バンド

イアン・マクドナルドIan McDonald1946年6月25日 - )は、イギリスロックミュージシャンサックスフルートキーボードヴィブラフォーンをこなすマルチプレイヤーキング・クリムゾンフォリナーでの活動が有名。

来歴[編集]

ミドルセックス生まれ。元フェアポート・コンヴェンションの女性ボーカリスト、ジュディ・ダイブルと知り合った後、ジュディと共にジャイルズ・ジャイルズ&フリップと合流。その後、ジュディやピーター・ジャイルズの脱退を経て、イアン、ロバート・フリップギター)、グレッグ・レイクベースボーカル)、マイケル・ジャイルズドラムス)、イアンの友人であるピート・シンフィールド(作詞、照明)という初期のラインナップが揃う。バンド名もキング・クリムゾンとなった。

1969年7月、キング・クリムゾンはローリング・ストーンズのブライアン・ジョーンズ追悼興業ハイドパーク・フリーコンサートで前座を務め話題となった後、プログレッシブ・ロック史に残るデビュー・アルバム『クリムゾン・キングの宮殿』を発表。イアンは作曲面で最も大きく貢献し、また、「21世紀のスキッツォイド・マン」で畳みかけるサックス、「風に語りて」で優しく奏でられるフルート、「エピタフ」で荘厳に響くメロトロンといった具合に、マルチプレイヤーとしての資質を全開させた。しかし、1969年末にはマイケル・ジャイルズともどもバンドを脱退し、マクドナルド・アンド・ジャイルズを結成。アルバムを1枚発表するも恋人との別離後精神療養の為に渡米してしまい、マクドナルド・アンド・ジャイルズは消滅してしまった。

その後しばらくはセッション・プレイヤー音楽プロデューサーとして活動。特に、治療から帰国直後最初にレコーディング参加したT・レックスの大ヒット作『電気の武者』(1971年)でサックスを吹いたことは有名。キング・クリムゾンの『レッド』(1974年)にもジョン・ウェットンの招きでゲスト参加している。プロデューサーとしては、ダリル・ウェイズ・ウルフ『カニス・ループス』(1973年)やフループ『当世仮面舞踏会』(1975年)、ファイアーバレー(Fireballet)の『はげ山の一夜 (Night On Bald Mountain)』(1975年)、等を手がけた。

1977年、英米混成バンドのフォリナーを結成してデビュー。商業的成功にも恵まれるが、アルバム3枚で脱退。

1996年末、スティーヴ・ハケットの来日公演に帯同。「クリムゾン・キングの宮殿」や「風に語りて」も演奏された。

1999年、初のソロ・アルバム『ドライヴァーズ・アイズ』を発表。スティーヴ・ハケット、ジョン・ウェットン、ゲイリー・ブルッカーピーター・フランプトンなどの豪華ゲストを迎え、ポップでありつつもプログレッシブ・ロック色も感じさせる作品となった。

その後、キング・クリムゾンの元メンバー達と21stセンチュリー・スキッツォイド・バンドを結成し、ライブ活動を行っていたが、ドラマー、イアン・ウォーレスの病死により、2007年以降バンドは活動を停止している。 2013年からはHoney Westというバンドに参加し、ニューヨークでライブ活動を行っている。

ディスコグラフィ[編集]

ジャイルズ・ジャイルズ&フリップ[編集]

  • 『チアフル・インサニティ・オブ・ジャイルズ・ジャイルズ&フリップ』 - The Cheerful Insanity of Giles, Giles and Fripp (1968年) ※1992年再発盤のボーナストラック「Under The Sky」に参加
  • Metaphormosis (2001年)
  • 『ザ・ブロンデスベリー・テープス』 - The Brondesbury Tapes (2001年)

キング・クリムゾン[編集]

マクドナルド・アンド・ジャイルズ[編集]

フォリナー[編集]

スティーヴ・ハケット[編集]

ソロ[編集]

  • 『ドライヴァーズ・アイズ』 - Drivers Eyes (1999年)

21stセンチュリー・スキッツォイド・バンド[編集]

  • 『オフィシャル・ブートレグ Vol.1』 - Official Bootleg V.1 (2002年)
  • 『ライヴ・イン・ジャパン 2002』 - Live in Japan (2003年) ※CD+DVD
  • 『ライヴ・イン・イタリー』 - Live in Italy (2003年)
  • 『ピクチャー・オブ・ア・シティー ライヴ・イン・ニュー・ヨーク』 - Pictures of a City – Live in New York (2006年)

参考文献[編集]

  • 『キング・クリムゾン―至高の音宇宙を求めて』(新興楽譜出版社、1981年6月)
  • 『UKプログレッシヴ・ロックの70年代』(マーキー・インコーポレイティド、1996年6月)
  • 『クリムゾン・キングの宮殿 風に語りて』シド・スミス著(ストレンジ・デイズ、2007年7月)