イェス・モンケ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索

イェス・モンケモンゴル語: Есөнмөнх)は、チャガタイ・ハン国君主(在位:1246年 - 1251年[1])。チンギス・ハーンの次男チャガタイの子。

生涯[編集]

チャガタイは生前孫のカラ・フレグを自らのウルス(所領)の相続人に指名し、1241年にチャガタイが没した後カラ・フレグがチャガタイのウルスを相続した [2]1246年モンゴル帝国大ハーンに即位したグユクはイェス・モンケを支持し、カラ・フレグに代えて彼をチャガタイ・ウルスの支配者に任命した[2]

在位中のイェス・モンケは飲酒に耽り、政務は妃と宰相のバハーアッディーン・マルギーナーニーに一任していた[3]。グユクの死後に開催されたクリルタイでチンギス・ハーンの四男トゥルイの子モンケが新たな大ハーンに選出されるが、イェス・モンケは即位式への出席を拒否した[4]1251年に大ハーンに即位したモンケはカラ・フレグをウルスの支配者の地位に戻し、イェス・モンケの処刑を命令するが、カラ・フレグはモンケの命令を果たす前に没した[5]。カラ・フレグの妃オルガナによってイェス・モンケは処刑され、マルギーナーニーはチャガタイ時代の宰相ハバシュ・アーミドによって処刑された[6]

脚注[編集]

  1. ^ 『中央ユーラシアを知る事典』、557頁
  2. ^ a b ドーソン『モンゴル帝国史』2巻、229頁
  3. ^ グルセ『アジア遊牧民族史』下、524頁
  4. ^ ドーソン『モンゴル帝国史』2巻、272-274頁
  5. ^ ドーソン『モンゴル帝国史』2巻、290頁
  6. ^ グルセ『アジア遊牧民族史』下、525頁

参考文献[編集]

  • C.M.ドーソン『モンゴル帝国史』2巻(佐口透訳注, 東洋文庫, 平凡社, 1968年12月)
  • ルネ・グルセ『アジア遊牧民族史』下(後藤富男訳, ユーラシア叢書, 原書房, 1979年2月)
  • 『中央ユーラシアを知る事典』(平凡社, 2005年4月)
先代:
カラ・フレグ
チャガタイ・ハン国の君主
1246年 - 1251年
次代:
カラ・フレグ(復位)