イェレナ・ニコリッチ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
イェレナ・ニコリッチ
Јелена Николић
Volleyball (indoor) pictogram.svg
Jelena Nikolic 1.jpg
基本情報
国籍 セルビアの旗 セルビア
生年月日 (1982-04-13) 1982年4月13日(36歳)
出身地 ユーゴスラビア社会主義連邦共和国の旗ベオグラード
ラテン文字 Jelena Nikolić
セルビア語表記 Јелена Николић
身長 194cm
体重 75kg
選手情報
所属 アゼルバイジャンの旗 アゼリョル・バクー
愛称 エレナ
ポジション WS
利き手
スパイク 315cm
ブロック 300cm
 
獲得メダル
Flag of Serbia and Montenegro.svg セルビア・モンテネグロ
世界選手権
2006 大阪
Flag of Serbia.svg セルビア
オリンピック
2016 リオデジャネイロ
ワールドカップ
2015 名古屋
ワールドグランプリ
2013 札幌
テンプレートを表示

イェレナ・ニコリッチセルビア語: Јелена Николић[1]1982年4月13日 - )は、セルビアの女子バレーボール選手。ベオグラード(当時はユーゴスラビア社会主義連邦共和国)出身。ポジションはウイングスパイカーセルビア代表

来歴[編集]

1999年、17歳の時にイタリアセリエAのレッジョ・エミリアでデビュー。その後ベルガモヴィチェンツァフランスリーグRCカンヌを経て、2005年に日本の東レ・アローズで1シーズンプレー。2007年には武富士バンブーでもプレーした。2008年からはトルコリーグワクフバンクに所属している。194cmの身長から放たれる豪快なスパイクだけではなく、守備力も安定しており万能なプレーヤーである。[要出典]

2000年に代表(当時はユーゴスラビア)に初選出され、セルビア・モンテネグロ代表として出場した2006年世界選手権では銅メダル獲得に大きく貢献した。2007年欧州選手権では準優勝を果たし、2007年ワールドカップに出場。翌2008年には北京オリンピックに出場した。

2009年からはチームのキャプテンを務め、2010年ヨーロッパリーグでは2連覇を達成し、自身もMVPを受賞。同年10-11月の世界選手権に出場した。

2011年に地元で開催された欧州選手権では初の金メダルに輝いた。同年のワールドカップには怪我のため不参加だった。2012年より産休に入った。

2013年より代表チームへ復帰し、同年のFIVBワールドグランプリで銅メダル、ヨーロッパ選手権で4位になった。2014年、アゼルバイジャンスーパーリーグのアゼリョル・バクーに移籍した。同年9-10月の世界選手権に出場した。2015年ワールドカップ2016年リオ五輪で銀メダルを獲得した。

エピソード[編集]

2005年に東レアローズに入団。その時の気持ちについて後に『文化や生活習慣が今まで自分が暮らしてきた環境と違い、別世界映画の中の世界に来たみたい。』、『選手やファンや関係者の熱い歓迎がとても凄かった。私をまるで女神のように迎え入れてくれた。あの瞬間を一生忘れない。』と2005年7月6日付スポーツ新聞ジュルナルで語っている。

同チームで共にプレーしたキャプテン(当時)の向井久子を姉のように慕い、向井からは「ビッグベイビー」(行動が子供っぽいことから)と呼ばれていた。退団の際は生まれて初めて書いた手紙を向井に贈っている。

2006年世界選手権では日本とセルビア・モンテネグロの対戦があったが、元チームメイトの木村沙織荒木絵里香に対し『対戦するのが楽しみです』と語った。

2007年ワールドカップでは、日本のテレビ局からは美しきバルカン砲とキャッチコピーが付けられた。元チームメイトの荒木絵里香とはよく一緒にご飯を食べていた。試合のときは仲が良いからこそブロックで止めたいという思いが強く、同大会では互いのスパイクを止めた。また同大会で『加奈は12人に入っているの?良かった。あの子は頑張り屋さんだから』と大山加奈のことを気遣うコメントを残した。

どら焼きが大好物で、2007-2008Vプレミアリーグでは試合後にどら焼きを食べる姿がたびたび見られた。[要出典]

球歴[編集]

所属クラブ[編集]

脚注[編集]

  1. ^ セルビア語ラテン翻字: Jelena Nikolić