イェン・ター・フォー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
イェン・ター・フォー

イェン・ター・フォー (タイ語: เย็นตาโฟ、Yong Tau Foo、釀豆腐)は、豆腐を紅麹で発酵させた紅腐乳と、肉または魚のすり身団子をベースとした麺料理。中国の客家料理を起源としている。中国本土以外にも、シンガポールマレーシアタイなどでは、潮州人や福建人出身の華僑の多いエリアを中心に食べられている。客家語での発音は「ギョン・テウ・フー」(ngiong4 tiu4 fu4)である。

タイ[編集]

タイでは、一般的に、豆腐、肉や魚のすり身団子の他に、空心菜などの野菜、イカ、揚げたワンタンの皮、血を固めた豆腐状のものが入っている[1]クイティアオを売っている屋台で提供されている場合がある他、テスコ・ロータスやBIG Cなどのハイパーマーケットフードコートでは、たいてい食べることができる。大概、汁付きのナームと、汁無しのヘーンを選択することができる。

参考文献[編集]