イエスソングス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
イエスソングス
イエスライブ・アルバム
リリース
録音 1972年
ジャンル プログレッシブ・ロック
時間
レーベル アトランティック・レコード
プロデュース イエスエディ・オフォード
専門評論家によるレビュー
チャート最高順位
  • 7位(イギリス)[1]
  • 12位(アメリカ)[2]
  • 17位(日本)[3]
  • イエス アルバム 年表
    危機
    (1972年)
    イエスソングス
    (1973年)
    海洋地形学の物語
    (1973年)
    テンプレートを表示

    イエスソングス』(Yessongs)は、イギリスプログレッシブ・ロックバンドイエス初の公式ライブ・アルバム。

    枚数[編集]

    当初は3枚組LPであったが、CDでは収録可能時間の違いから、LPのA/B/C面=ディスク1、D/E/F面=ディスク2という構成の2枚組として発売された。尚、記載された収録時間はCDのデータ。

    内容[編集]

    この時のイエスは、歴代作品の中でもトップ・クラスの評価及び商業的成功を得たアルバム『こわれもの』と『危機』をリリースした直後だった。それを踏まえてリリースされた本作は、3枚組LPで高額(本国イギリスで4ポンド99ペンス)だったが、『ニュー・ミュージカル・エクスプレス』6月のアルバム・チャートで7位まで上昇した。

    詳細な録音データは記載されていないが、「全トラックは1972年のツアーで録音された」とある。

    ちなみに、「オープニング」の「火の鳥」は、小澤征爾指揮、ボストン交響楽団によるオーケストラ演奏(1969年11月24日録音)のテープを流している。

    2人のドラマー[編集]

    収録曲のほとんどは、このアルバムから参加したアラン・ホワイトドラムスを担当しているが、ドラム・ソロが含まれた「パーペチュアル・チェンジ」と「遥かなる思い出 / ザ・フィッシュ」はビル・ブルーフォードがドラムスを担当した時代の演奏が収録されている。

    収録曲[編集]

    A面(ディスク1)
    1. オープニング (ストラヴィンスキー作曲:組曲『火の鳥』より) - "Opening (Excerpt from 'Firebird Suite')" 3:45
    2. シベリアン・カートゥル - "Siberian Khatru" 8:50
    3. 燃える朝焼け - "Heart of the Sunrise" 11:26
    B面(ディスク1)
    1. パーペチュアル・チェンジ - "Perpetual Change" 14:08
    2. 同志 - "And You and I" 9:55
    C面(ディスク1)
    1. ムード・フォー・ア・デイ - "Mood for a Day" 2:52
    2. ヘンリー8世の6人の妻より - "Excerpts from 'The Six Wives of Henry VIII'" 6:35
    3. ラウンドアバウト - "Roundabout" 8:33
    D面(ディスク2)
    1. オール・グッド・ピープル - "I've Seen All Good People" 7:00
    2. 遥かなる思い出 / ザ・フィッシュ - "Long Distance Runaround"/"The Fish (Schindleria Praematurus)" 13:45
    E面(ディスク2)
    1. 危機 - "Close to the Edge" 18:41
    F面(ディスク2)
    1. ユアズ・イズ・ノー・ディスグレイス - "Yours Is No Disgrace" 14:21
    2. スターシップ・トゥルーパー - "Starship Trooper" 9:25

    レコーディング・メンバー[編集]

    ビデオ版[編集]

    同時期の演奏を収録した同名のライブ・ビデオがLDDVDBlu-ray Discでリリースされている。「危機」及び「スターシップ・トゥルーパー (Würm)」はLP/CDと同じ演奏が収録されているが、それ以外は別の演奏が収録されている。また、ロジャー・ディーンのイラストをモチーフにしたアート・ワークが映像に施されている。

    当初発売されたレーザーディスクにはクレジットが記載されておらず、各曲の録音データの詳細は不明であったが、後に発売されたDVDやBlu-ray Discには、1972年12月15日・16日にロンドンのレインボー・シアターで行われたクリスマス・コンサートであることが記載されている(リック・ウェイクマンがソロの部分で「ジングルベル」のフレーズを弾いていることからも、クリスマスの演奏であることがわかる)。元々は『イエスソングス』の映画としてつくられたフィルムであり、メンバーはアラン・ホワイト加入後の編成。収録曲は以下の通り。

    1. 危機より抜粋
    2. オール・グッド・ピープル
    3. ザ・クラップ
    4. 同志
    5. 危機
    6. ヘンリー8世の6人の妻より抜粋
    7. ラウンドアバウト
    8. ユアズ・イズ・ノー・ディスグレイス
    9. 終了クレジット/スターシップ・トゥルーパーより抜粋 (Würm)

    脚注[編集]

    1. ^ ChartArchive - Yes
    2. ^ Yessongs - Yes : Awards : AllMusic
    3. ^ 『オリコンチャート・ブックLP編(昭和45年‐平成1年)』(オリジナルコンフィデンス/1990年/ISBN 4-87131-025-6)p.73