イエロージャケット (マーベル・コミック)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
Yellowjacket
出版の情報
出版者 マーベルコミックス
初登場 アベンジャーズ』第59号(1968年12月
クリエイター ロイ・トーマス英語版
ジョン・ビュセマ英語版
作中の情報
所属チーム
能力
  • 天才レベルの知性
  • 微小サイズから100フィートまでの体長変更
  • 他の生物や物体の大きさ変更
  • バイオエネルギー投射
  • 羽を使っての飛行
  • 怪力

イエロージャケットYellowjacket)は、マーベルコミックスが出版するコミックに登場する架空のスーパーヒーローである。 その多くはマーベルの主要なシェアード・ワールドであるマーベルユニバース英語版に登場する。2015年の映画『アントマン』でもイエロージャケットが登場し、コリー・ストールが演じた。

ハンク・ピム[編集]

ハンク・ピムHank Pym)は、メインストリームのマーベルコミックスで初めてイエロージャケットのコードネームを使ったキャラクターである。彼は他にアントマン、ジャイアントマン、ゴライアス英語版ワスプを名乗っている。彼はアベンジャーズディフェンダーズ英語版といったヒーローチームへの所属経験もある。

リタ・デマラ[編集]

リタ・デマラRita DeMara)は、2代目のイエロージャケットであり、スーパーヴィランとして初登場した。彼女はスーパーヴィラングループのマスターズ・オブ・イーヴィル英語版フェミゾンズ英語版に所属した。デマラはその後スーパーヒロインへと転向し、アベンジャーズやガーディアンズ・オブ・ザ・ギャラクシーに所属した。彼女はイモータス英語版に操られたアイアンマンによって殺されるが[1]、「カオス・ウォー英語版」展開の際に復活した[2]

他のバージョン[編集]

アース-1610[編集]

アルティメット・マーベル・ユニバースのイエロージャケットは2バージョンある。1つ目は消耗兵士ロボットとして作られたウルトロンである。ヘンリー・ピムはアルティメッツと瓜二つのアンドロイドを作った。ウルトロンはスカーレット・ウィッチに恋するが彼女に拒絶され、イエロージャケットを操って彼女を殺害する[3]

その後はヘンリー・ピムがイエロージャケットを名乗っている[4]

他のメディア[編集]

テレビ[編集]

映画[編集]

ゲーム[編集]

参考文献[編集]

  1. ^ Avengers: The Crossing #1
  2. ^ Chaos War #2
  3. ^ Ultimates 3 #1 - 4 (Feb. - May 2008); #5 (Nov. 2008)
  4. ^ Ultimates 3 #5
  5. ^ ABC3 - TV Program - The Avengers (Series 2) Yellowjacket”. ABC3. 2012年5月28日閲覧。
  6. ^ SDCC 2014: OFFICIAL: Evangeline Lilly & Corey Stoll Join Marvel's Ant-Man”. Marvel.com (2014年7月26日). 2014年7月26日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年7月26日閲覧。
  7. ^ COLLIS, Clark (2015年1月8日). “Exclusive First Look at Ant-Man”. Entertainment Weekly. 2015年1月8日閲覧。