イオンバイク

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
イオンバイク伊丹昆陽店
兵庫県伊丹市イオンモール伊丹昆陽内)

イオンバイク(AEON BIKE)は、イオングループが運営する自転車専門店である。

本項では、イオンサイクルショップ(AEON CYCLE SHOP)についても記述する。

概要[編集]

もともと、イオングループでは、総合スーパー店舗の一角に自転車コーナーを設置していたが、近年のGMS改革の流れもあって、自転車部門の専門店化および路面店への積極的な展開を決定。まず、イオン九州が2010年1月26日に「イオンサイクルショップ石丸店」を開業[1]。その後、イオン琉球も同じブランド名で追随する。

2011年にはイオンリテールが「イオンバイク」ブランドでの展開を開始。2012年には、関東地区のイオンバイク店舗をイオンバイク株式会社に分社化した[2]。後に、イオン九州運営の店舗は「イオンバイク」に店舗ブランドを統一している。

2013年3月15日にはイオン北海道がこれまで未展開だった北海道地区に同地区1号店となる「イオンバイク北見店」をオープンし、事業展開を開始した[3]

なお、イオンの一部店舗では自転車コーナーを「イオンバイク」の独立店舗として近隣に移転していることもある[4]

運営会社[編集]

地域によって運営会社が異なる。このため、イオンバイク及びその完全親会社であるイオンリテールが直接統括しない北海道地区のイオンバイクでは、購入後2年間は修理工賃・パーツ購入の割引や点検・調整が無料で受けられ、防犯登録と「プレゼント保険(賠償責任1年間、傷害1年間、盗難2年間)」が付帯される「自転車あんしんパック」の提供がない[5]。なお、九州地区ではこれまで「自転車あんしんパック」とほぼ同内容(修理代金の割引率が異なる程度)の「イオンあんしんサポートパック」が提供されていたが、現在はイオンバイク・イオンリテール運営店舗と同じように「自転車あんしんパック」に統一されている[6]

  • イオン北海道株式会社
    • 北海道地区のみを担当。
  • イオンリテール株式会社
    • 関東地区以外の本州・四国地区を担当。
  • イオンバイク株式会社
    • 関東地区のみを担当。
  • イオン九州株式会社
    • 九州地区のみを担当。「イオンバイク」と「イオンサイクルショップ」の両ブランドが併存していたが、「イオンサイクルショップ」を順次「イオンバイク」に屋号変更したことで店舗ブランドを「イオンバイク」に統一した。
  • イオン琉球株式会社
    • 沖縄県のみを担当。現在、「イオンバイク」ブランドは使用していない。

店舗[編集]

イオンバイク224店,イオンサイクルショップ82店(2019年6月1日時点)

閉店した店舗[編集]

主な競合企業[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ “イオン九州が新たに自転車専門店をスタート!” (PDF) (プレスリリース), イオン九州株式会社, (2010年1月20日), http://aeonkyushu.com/files/management_news/346/pdf.pdf 2016年11月25日閲覧。 
  2. ^ “イオンの自転車専門店「イオンバイク」新会社設立” (PDF) (プレスリリース), イオン株式会社, (2012年9月21日), http://www.aeon.info/news/2012_2/pdf/120921R_1.pdf 2016年11月25日閲覧。 
  3. ^ “イオンの自転車専門店が北海道に初出店 3月15日(金)「イオンバイク北見店」オープン!” (PDF) (プレスリリース), イオン北海道株式会社, (2013年3月11日), http://www.aeon-hokkaido.jp/news/news_pdf/news_377.pdf 2013年3月23日閲覧。 
  4. ^ 東京都内では品川シーサイド店や御嶽山駅前店などが挙げられる。
  5. ^ 自転車あんしんパック - イオンバイク株式会社
  6. ^ 自転車あんしんパック - イオン九州株式会社
  7. ^ “イオンバイク石丸店閉店のお知らせ” (PDF) (プレスリリース), イオン九州株式会社, (2016年10月30日), http://aeon-kyushu.info/files/management_news/1246/pdf.pdf 2016年11月25日閲覧。