イオンマリナタウン店

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
イオン マリナタウン店
ÆON MARINATOWN
ダイエー時代の正面入り口
ダイエー時代の正面入り口
店舗概要
所在地 809-0013
福岡県福岡市西区豊浜3丁目1番10号
座標 北緯33度35分22秒 東経130度20分3秒 / 北緯33.58944度 東経130.33417度 / 33.58944; 130.33417座標: 北緯33度35分22秒 東経130度20分3秒 / 北緯33.58944度 東経130.33417度 / 33.58944; 130.33417
開業日 2000年3月2日(ショッパーズモールマリナタウン)
施設所有者 みずほ信託銀行株式会社
外1社
施設管理者 三井不動産株式会社
イオン九州株式会社
敷地面積 53,062 m²
延床面積 51,424 m² (容積率97%)
商業施設面積 22,611(イオン:4,234㎡) m²
中核店舗 イオン マリナタウン店
店舗数 ÆONと66の専門店
営業時間 9:00〜22:00
駐車台数 1100台
前身 ショッパーズモールマリナタウン
ダイエーマリナタウン店)
外部リンク イオン マリナタウン店
ÆON
ÆON KYUSHU
テンプレートを表示
イオンマリナタウン店
情報
旧名称 ショッパーズモールマリナタウン
用途 店舗
設計者 ヘルムース・オバタ・カッサバウム(企画・基本設計)
三井住友建設(実施設計)
施工 三井住友建設、イチケン、エコアス
建築主 株式会社ダイエー
管理運営 イオン九州株式会社
構造形式 鉄骨構造
敷地面積 50,123 m²
建築面積 32,193 m² (建蔽率64%)
延床面積 51,670 m² (容積率103%)
階数 地上2階、地下1階
着工 1998年10月
竣工 2000年2月
テンプレートを表示
大規模小売店舗表示板

イオン マリナタウン店(イオン マリナタウンてん)は、福岡県福岡市西区にある大型商業施設(ショッピングセンター)である。ダイエー時代の店番号は0692。

概要[編集]

福岡市西区の住宅地、西福岡マリナタウンの商業施設としてダイエーがショッパーズモールマリナタウンを開業。日本初のサーキットモール型のショッピングセンターでもある[1]。株式会社ダイエー・三井不動産株式会社が共同で運営・管理している。当店の建物はハートビル法認定建築物でもある。設計コンセプトは、アメリカ合衆国南西部の景観都市サンタフェの街並み[1]

施設内は、ダイエー マリナタウン店の売場が「フーズタウン」「ファッションタウン」「ホームワールドタウン」「キッズワンダータウン」に分散していたが、アカチャンホンポなどの大型テナントの入居により、現在は「フーズタウン」「ファッションタウン」に集約された(文具やインテリアなどはファッションタウンで取り扱っている)。「スポーツギャラリー」ゾーンには、オレンジワン マリナタウン(現コナミスポーツクラブ福岡マリナタウン)が入居。

2015年9月1日イオン九州にショッパーズモールマリナタウンの営業権が承継され「イオン マリナタウン店」となった[2]

テナント[編集]

出店全店舗一覧は公式サイト「フロアガイド」を参照。

アクセス[編集]

2008年まで九州観光バス運営による姪浜駅への無料シャトルバスが運行されていた。現在も西鉄バスの停留所の近くにあり、便利である。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b 三井不動産. “ショッパーズモール マリナタウン”. 三井不動産のプロジェクト【九州支店】. 2012年8月30日閲覧。
  2. ^ 株式会社ダイエーの北海道・九州および本州地域におけるGMS事業ならびにSM事業の運営の承継に関する基本合意書締結のお知らせ”. 株式会社ダイエー (2015年4月9日). 2015年8月20日閲覧。

関連項目[編集]