イオンモール姫路大津

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Camera-photo Upload.svg 画像提供依頼:イオンモールへのブランド変更後の外観の画像提供をお願いします。2019年5月
イオンモール姫路大津
ÆON MALL HIMEJI-OTSU
AEON Himeji-Otsu SC.jpg
地図
店舗概要
所在地 兵庫県姫路市大津区大津町二丁目5番
座標 北緯34度48分23.6秒 東経134度36分24秒 / 北緯34.806556度 東経134.60667度 / 34.806556; 134.60667座標: 北緯34度48分23.6秒 東経134度36分24秒 / 北緯34.806556度 東経134.60667度 / 34.806556; 134.60667
開業日 2004年平成16年)12月3日[1]
施設所有者 新日鉄都市開発株式会社

三井住友信託銀行株式会社
施設管理者 イオンリテール株式会社

イオンモール株式会社
敷地面積 85,504 m²[1]
延床面積 84,096 m² (容積率98%)
商業施設面積 48,119 m²[1]
中核店舗 イオン(旧ジャスコ[1])姫路大津店
店舗数 約100[1]
営業時間 店舗により異なる
駐車台数 約3,000台
前身 新日本製鐵(現・日本製鉄広畑製鐵所社宅[1]
商圏人口 約440,000人
最寄駅 はりま勝原駅
最寄IC 山陽姫路西IC
外部リンク 公式サイト
AEON MALL logo.svg

イオンモール姫路大津イオンモールひめじおおつ)は、兵庫県姫路市大津区大津町にあるショッピングセンターである。

概要[編集]

2004年(平成16年)12月3日に新日本製鐵(現・日本製鉄)広畑製鐵所社宅跡地に「イオン姫路大津ショッピングセンター」として開業した[1]

開業時の核店舗の名称は「ジャスコ姫路大津店」として約100店舗の専門店が出店していた[1]

その後、核店舗の「ジャスコ姫路大津店」は2011年(平成23年)3月1日にイオングループの総合スーパーをイオンに店名統一する[2]ことに伴って「イオン姫路大津店」に改称した。

当施設の名称も、同年から進められたイオンの大型ショッピングセンターの名称の「イオンモール」への統一[3]に伴い、同年11月21日よりショッピングセンターの名称も「イオンモール姫路大津」に変更された[4]

主なテナント[編集]

核店舗のイオン(旧ジャスコ[1])姫路大津店のほか、約100店舗の専門店テナントが出店[1]

出店テナント全店の一覧・詳細情報は公式サイト「ショップ&レストラン」を、営業時間およびATMを設置する金融機関の詳細は公式サイト「インフォメーション」を参照。

イオン姫路大津店[編集]

モール建物西側の1階・2階はイオン直営売り場となっている[5]。 1階は「食料品・日用雑貨・寝具・インテリア用品・家電・化粧品・くすり・サイクルのフロア」、2階は「婦人ファッション・紳士ファッション・子供ファッション・ベビー・靴・鞄・婦人服飾・インナーウェア・おもちゃ・文具・手芸用品のフロア」である[5]

アクセス[編集]

  • 西日本旅客鉄道(JR西日本)山陽本線 はりま勝原駅南口より、徒歩約10分(約750m)。
  • JR姫路駅南口より、神姫バス95系統下太田住宅行き・下太田車庫行き・大津行き・96系統JR網干駅行きで「東大津」停留所下車。バス停すぐ。
  • JR網干駅南口より、神姫バス96系統JR姫路駅南口行きに乗車、「東大津」下車。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e f g h i j “イオン、姫路大津SCが開業、西播エリアの旗艦店に”. 日本食糧新聞(日本食糧新聞社). (2004年12月10日)
  2. ^ “総合スーパー名「イオン」に統一、ジャスコ、サティの屋号消滅”. 日本経済新聞 (日本経済新聞社). (2011年3月2日)
  3. ^ “イオン、大型SCの運営を一元化 イオンモールに集約へ”. 日本経済新聞(日本経済新聞社). (2013年10月24日)
  4. ^ 11月21日(月)モール型SC名を「イオンモール」に名称統一します (PDF) - イオン株式会社ニュースリリース 2011年10月27日
  5. ^ a b イオンモール姫路大津 フロアマップ (PDF) - イオンリテール株式会社

関連項目[編集]