イオンモール宇城

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
イオンモール宇城
ÆON MALL UKI
Aeonmall Uki East Land 2015.JPG
地図
店舗概要
所在地 869-0606
熊本県宇城市小川町河江1-1
座標 北緯32度35分48.5秒 東経130度42分27.9秒 / 北緯32.596806度 東経130.707750度 / 32.596806; 130.707750座標: 北緯32度35分48.5秒 東経130度42分27.9秒 / 北緯32.596806度 東経130.707750度 / 32.596806; 130.707750
開業日 1997年平成9年)11月5日
施設所有者 三井住友信託銀行株式会社[1]
ユナイテッド・アーバン投資法人[2]
施設管理者 イオンモール株式会社
敷地面積 約192,000m²
商業施設面積 約76,000m²
中核店舗 イオン宇城店
店舗数 ÆONと約100の専門店
営業時間 施設により異なる
駐車台数 約3,800台
前身 ダイヤモンドシティ熊本南
ジャスコ小川店)

ダイヤモンドシティ・バリュー

イオンモール宇城バリュー
(イオン宇城バリュー店)
最寄駅 小川駅
最寄バス停 九州産交バス「一軒屋」停留所
国道3号沿い)
最寄IC 宇城氷川SIC
外部リンク 公式サイト
AEON MALL logo.svg
テンプレートを表示

イオンモール宇城(イオンモールうき、ÆON MALL UKI)は、熊本県宇城市小川町に所在するイオンモールが運営するショッピングセンターである。イオン宇城店を核店舗に約100の専門店が出店している。投資資金の調達の関係から店舗設置者は三井住友信託銀行[3]となっている。

2007年9月22日から、運営会社のダイヤモンドシティがイオンモールと合併したことに伴い、名称が「ダイヤモンドシティ・バリューDIAMOND CITY VALUE)」から「イオンモール宇城バリュー」に変更され、さらに2011年10月21日には現名称に変更された。

概要[ソースを編集]

開業当初はダイヤモンドシティ熊本南という名称であったが、ダイヤモンドシティが、同じ熊本県上益城郡嘉島町に「ダイヤモンドシティ・クレア(現:イオンモール熊本)」の概要を発表すると同時に、名称の変更を発表した。2005年7月5日に名称を変更すると同時に、施設内もテナントの入れ替えなどをして、リニューアルオープンした。

2008年3月1日からジャスコ、専門店の一部店舗で電子マネーWAON」「iD」が使用可能となった。

主要テナント[ソースを編集]

ノースランド(映画館などが入居)

イーストランド・ウエストランド・サウスランド・ノースランドの4エリアに大別される。出店している専門店全店の一覧・詳細情報は公式サイト「ショップリスト」を参照。

メインテナント[ソースを編集]

専門店[ソースを編集]

イーストランド1階[ソースを編集]

イーストランド2階[ソースを編集]

ウエストランド[ソースを編集]

サウスランド[ソースを編集]

ノースランド[ソースを編集]

TOHOシネマズ宇城[ソースを編集]

TOHOシネマズ宇城
TOHO CINEMAS Uki
情報
正式名称 TOHOシネマズ宇城
旧名称 ダイヤモンドシティ東宝8
TOHO宇城バリュー
TOHOシネマズ宇城バリュー
完成 1999年
開館 1999年3月13日
収容人員 (8館合計)1,508人
設備 ドルビーデジタル5.1ch、DTSDLP
用途 映画上映
運営 TOHOシネマズ株式会社
所在地 熊本県宇城市小川町河江1-1
外部リンク TOHOシネマズ宇城
テンプレートを表示

熊本県内における初めての本格的なシネマコンプレックスとして1999年3月に「ダイヤモンドシティ東宝8」がオープンした。

2007年12月1日に「TOHO宇城バリュー」に名称を変更し、館内の改装を実施。2008年3月1日には、運営会社が九州東宝株式会社からTOHOシネマズ株式会社に変更(九州東宝がTOHOシネマズに吸収合併されたため)。

2010年9月11日に「TOHOシネマズ宇城バリュー」として、「vit」および「シネマイレージ」を導入し、TOHOシネマズブランドとしてリニューアルオープンした。

2011年10月21日にはイオンモール宇城への店舗名変更に伴い、名称も「TOHOシネマズ宇城」に変更した。

スクリーン 定員(座席数)
SCREEN 1 136
SCREEN 2 108
SCREEN 3 210
SCREEN 4 272
SCREEN 5 326
SCREEN 6 211
SCREEN 7 147
SCREEN 8 108

かつて存在したテナント[ソースを編集]

沿革[ソースを編集]

  • 1997年平成9年)11月5日 - ダイヤモンドシティ熊本南として開業。
  • 2005年(平成17年)7月5日 - 施設名称をダイヤモンドシティ・バリューに改称し、リニューアルオープン。
  • 2007年(平成19年)
    • 8月21日 - 会社合併によりイオンモールのショッピングセンターとなる。
    • 9月22日 - 施設名称をイオンモール宇城バリューに改称。
  • 2011年(平成23年)
  • 2012年(平成24年)1月1日 - 核店舗「イオン宇城バリュー店」の名称を「イオン宇城店」に変更。
  • 2020年(令和2年)12月7日 - 宇城市小川支所が小川総合文化センター・ラポートからイオンモール宇城のウエストランドに移転[4][5]

営業時間[ソースを編集]

店舗により異なる。詳細は公式サイト「営業時間・サービス案内」を参照。

交通アクセス[ソースを編集]

自家用車[ソースを編集]

鉄道[ソースを編集]

バス[ソースを編集]

  • 熊本市方面より
  • 八代市方面より
    • 産交バス 4 宮原経由松橋産交行き、「イオンモール宇城」停留所下車。

脚注[ソースを編集]

[脚注の使い方]

関連項目[ソースを編集]