イオンモール熱田

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
イオンモール熱田
ÆON MALL ATSUTA
ÆON MALL Atsuta 2.JPG
店舗概要
所在地 愛知県名古屋市熱田区六野一丁目2番11号
イオンモール熱田の位置(愛知県内)
イオンモール熱田
イオンモール熱田の位置(名古屋市内)
イオンモール熱田
座標 北緯35度8分11.6秒 東経136度54分34秒 / 北緯35.136556度 東経136.90944度 / 35.136556; 136.90944座標: 北緯35度8分11.6秒 東経136度54分34秒 / 北緯35.136556度 東経136.90944度 / 35.136556; 136.90944
開業日 2003年平成15年)6月26日(ソフトオープン)
2003年(平成15年)7月5日(グランドオープン)
施設所有者 三菱UFJ信託銀行株式会社[1]
施設管理者 イオンリテール株式会社
SC事業本部中部事業所

イオンモール株式会社
敷地面積 65,719 m²
延床面積 130,056 m² (容積率198%)
商業施設面積 62,237 m²
中核店舗 イオン熱田店
店舗数 ÆONと150の専門店
営業時間 店舗により異なる
駐車台数 3,200台[2]
最寄駅 金山駅(シャトルバス運行)
最寄IC 高辻出入口堀田出入口
外部リンク 公式サイト
AEON MALL logo.svg
テンプレートを表示

イオンモール熱田(イオンモールあつた)は、愛知県名古屋市熱田区六野一丁目に立地し、イオンモール株式会社[3]が管理・運営するモール型ショッピングセンター

2011年平成23年)11月21日に「イオン熱田ショッピングセンター」から名称変更された[4]。通称は「熱田イオン」。

名古屋市内では、緑区イオンモール大高東区イオンモールナゴヤドーム前港区イオンモール名古屋みなとに匹敵する市内最大級[5]のショッピングモールである。

概要[編集]

大同特殊鋼株式会社(名古屋市東区)が名古屋市熱田区六野において運営していた高蔵製作所跡地をイオン株式会社が借用し、大林組の施工によって2003年(平成15年)7月5日に大同特殊鋼を建築物オーナー、イオン株式会社のSC事業部をデベロッパーとしてグランドオープンした[6]。敷地面積約6万5,000m2、店舗面積約6万2,000m2を有する巨大ショッピングモールである。建物は4階建て店舗3階層のGMS棟と4階建てのエンクローズドモール(イオン熱田専門店街)で構成されている。

2013年(平成25年)4月に専門店街の全面改装を行い、多くのテナントの入れ替えが実施された。

2016年(平成28年)3月から5月には、一部専門店の入れ替えと、改装が行われた。また9月には本モールの南東側にある、これまでアミューズメント施設が入居していた建物を改装し、新たに「イオンモール熱田アネックス」として開店。GMS棟1階にあった自転車ショップを同地に移転し、スポーツバイク専門店も併設している。

2019年(平成31年)3月から(令和元年)7月にかけて、一部専門店の入れ替えと改装と2階にある、フードコートの拡張よる大規模改装が実施されている。

主なテナント[編集]

核店舗のイオン(旧・ジャスコ)熱田店のほか、専門店街には約150のテナントが出店している。

出店テナント全店の一覧・詳細情報は公式サイト「ショップ&レストラン」を、営業時間およびATMを設置する金融機関の詳細は公式サイト「インフォメーション」を参照。

交通アクセス[編集]

自動車[編集]

  • 駐車場の収容台数は約3,200台で、屋上駐車場・7階層の立体駐車場・西側平面駐車場・東側平面駐車場の4か所となっている。詳細は公式サイト「駐車場のご案内」を参照。

鉄道、巡回バス、シャトルバス[編集]

路線バス[編集]

道路愛称名[編集]

  • 2019年10月には、イオンモール熱田から金山総合駅までの市道に「あつたハピネス通り」という愛称が付けられた。

脚注・出典[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 平成24年度大規模小売店舗立地法法第6条第2項(変更)届出の概要【2012年10月末】 - 経済産業省 2012年12月11日閲覧
  2. ^ イオンモール熱田 駐車場のご案内 - イオンリテール株式会社
  3. ^ 2013年10月31日まではイオンリテール株式会社
  4. ^ 11月21日(月)モール型SC名を「イオンモール」に名称統一します (PDF) - イオン株式会社ニュースリリース 2011年10月27日
  5. ^ 『社団法人 日本ショッピングセンター協会』データ全国都道府県別SC一覧にて
  6. ^ 事前の調整通り地元対策を大同特殊鋼名義で行い、開店直後にイオンと親密な三菱グループ三菱信託銀行(現・三菱UFJ信託銀行)名義に変更されている=名古屋市への開店時間延長申請等を参照。

関連項目[編集]