イオン札幌琴似店

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
イオン札幌琴似店
ÆON SAPPRO-KOTONI
AEON Sapporo Kotoni.JPG
地図
店舗概要
所在地 063-0812
北海道札幌市西区琴似2条4丁目2番2号
座標 北緯43度4分36.2秒 東経141度18分10.6秒 / 北緯43.076722度 東経141.302944度 / 43.076722; 141.302944座標: 北緯43度4分36.2秒 東経141度18分10.6秒 / 北緯43.076722度 東経141.302944度 / 43.076722; 141.302944
開業日 1977年昭和52年)4月7日
正式名称 第2高雄ビル
施設所有者 株式会社 高雄ビル
施設管理者 株式会社 高雄ビル
イオン北海道株式会社
設計者 株式会社岡田設計[1]
延床面積 10,378 m²
商業施設面積 10,378(イオン:9,710m2) m²
中核店舗 イオン札幌琴似店
店舗数 aeonと37の専門店
営業時間 9:00 - 22:00
地下2階食品売場は7:00 - 22:00
駐車台数 191台
前身 ダイエー琴似店[1]
最寄駅 琴似駅 (札幌市営地下鉄)
琴似駅 (JR北海道)
最寄IC 札幌西インターチェンジ
外部リンク イオン札幌琴似店
ÆON Hokkaido
テンプレートを表示
旧ダイエー琴似店(2011年6月)

イオン札幌琴似店(イオンさっぽろことにてん)は北海道札幌市西区琴似2条4丁目にある大型商業施設(ショッピングセンター)である。ダイエー時代の店番号は0412。

概要[編集]

北海道道276号琴似停車場線沿線及び二十四軒手稲通沿線に存在する。地上3階・地下2階の店舗。

ダイエーとしては北海道進出3号店。イオンに転換した時点で道内のダイエー店舗としては最も古く、北海道最初のニチイとして1978年11月に開店したイオン江別店[2]よりも開業が早いため、北海道の「イオン」ブランドでは最古の店舗となった。

地下から東西線の琴似駅に直結している。

旧 ダイエーと地下鉄東西線[編集]

札幌市営地下鉄東西線琴似駅 - 白石駅間が開業する前に、大手スーパーのダイエーが終着駅の琴似に目を付け、出店を決めた。ダイエーが開業した2か月後、東西線が開通し、地下2階から琴似駅に直結でダイエーに行けること、終着駅であったことが功を奏し、集客数はみるみる増えていった。この成功を受け、東西線の東札幌駅前に開業した東札幌店も出口直結となっている。しかし、1999年2月25日に琴似駅 - 宮の沢駅間が開業し、琴似駅が終着駅でなくなると、以前よりも集客が落ちている。

フロア構造[編集]

フロア概要
3F 専門店のフロア
2F 紳士・子供衣料、生活用品のフロア
1F 婦人衣料・花のフロア
B1F 婦人肌着・服飾雑貨・ヘルス&ビューティ・家庭消耗品のフロア
B2F 食料品のフロア 東西線 琴似駅連絡口

テナント[編集]

出店全店舗一覧は公式サイト「フロアガイド」を参照。

交通アクセス[編集]

鉄道[編集]

沿革[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b 実績紹介 1970年代”. 株式会社岡田設計. 2019年5月7日閲覧。 “高雄ビルダイエー琴似店”
  2. ^ 店舗名称は「ニチイ江別店」→「江別サティ」→「ポスフール江別店」→現名称。つまり旧ポスフールの店舗となる。
  3. ^ 株式会社ダイエーの北海道・九州および本州地域におけるGMS事業ならびにSM事業の運営の承継に関する基本合意書締結のお知らせ(ダイエー 2015年4月9日)