イオン札幌麻生店

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
イオン札幌麻生店
ÆON SAPPORO-ASABU
Daiei asabu.JPG
ダイエー麻生店時代
店舗概要
所在地 001-0039
北海道札幌市北区北39条西4丁目1番5号
座標 北緯43度6分26秒 東経141度20分23秒 / 北緯43.10722度 東経141.33972度 / 43.10722; 141.33972座標: 北緯43度6分26秒 東経141度20分23秒 / 北緯43.10722度 東経141.33972度 / 43.10722; 141.33972
開業日 1977年6月20日
敷地面積 14,514 m²
延床面積 22,095 m² 
商業施設面積 12,949m2
*うちイオン:11,220 m²
中核店舗 イオン札幌麻生店
店舗数 ÆONと51の専門店
営業時間 7:00 - 23:00(B1F)
9:00 - 21:00(1F-4F)
駐車台数 570台
前身 ダイエー麻生店
最寄駅 麻生駅
最寄IC 札樽自動車道 札幌北IC
外部リンク イオン札幌麻生店
ÆON Hokkaido
テンプレートを表示

イオン札幌麻生店(イオンあさぶてん)は、北海道札幌市北区北39条西4丁目にあるイオン北海道株式会社運営の大型商業施設(ショッピングセンター)である。ダイエー時代の店番号は0414。ネットスーパー取扱店舗。

概要[編集]

札幌市営地下鉄南北線麻生駅の真上に存在する。建物は地下1階・地上4階建て。

旧ダイエーでは道内4号店、及び北海道ダイエー(1991年にダイエーに吸収合併された為、直営店となる)が出店した3店目の店舗である。札幌市営地下鉄南北線の麻生駅までの延伸を狙って開業した。

2015年9月1日より営業権がイオン北海道に承継され店名を「イオン札幌麻生店」に名称変更した[1]

麻生商店街と旧ダイエー麻生店[編集]

1955年頃まで、畑にサイロが見える町であった麻生には商業施設がなく、隣町の北24条まで買い物に行かなければならなかった。その後、麻生に道営住宅が建設されると、麻生に初の商業施設となる麻生商店街が出来、麻生の町は活性化していった。

1973年に南北線の北24条駅-麻生駅間の延伸が決まった後、大手スーパーのダイエーが進出する計画が浮上し、麻生商店街の関係者は当初、進出を反対していた。しかし次世代の麻生の事、新琴似を含めた他の地域と商戦の事も考慮し、進出を前向きに考え「ダイエーも地域の一員」として入れることになったため、ダイエーの出店が決定した[2]

フロア構成[編集]

駐車場は立体駐車場が隣接する形となっており、駐車場の1Fは麻生バスターミナルとなっている。

フロア概要
4階 専門店のフロア
3階 紳士・子供・暮らしの品のフロア
2階 婦人のフロア
1階 服飾雑貨・暮らしの品のフロア
地下1階 食料品のフロア

テナント[編集]

出店全店舗一覧は公式サイト「フロアガイド」を参照。

旧テナント[編集]

  • ヴィクトリアステーション(ハンバーグ) - 2012年5月閉店、現在はサイゼリヤ ※別棟
  • 交通アクセス[編集]

    麻生駅から直結している

    鉄道[編集]

    脚注[編集]

    [ヘルプ]

    関連項目[編集]