イオン気仙沼店

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
イオン気仙沼店
ÆON KESENNUMA
Kesennnuma aeon.JPG
地図
店舗概要
所在地 988-0101
宮城県気仙沼市赤岩舘下6−1
座標 北緯38度53分20.4秒 東経141度34分23.2秒 / 北緯38.889000度 東経141.573111度 / 38.889000; 141.573111座標: 北緯38度53分20.4秒 東経141度34分23.2秒 / 北緯38.889000度 東経141.573111度 / 38.889000; 141.573111
開業日 1998年平成10年)11月18日
営業時間
1F7:00 - 21:00
2F8:00 - 21:00
専門店10:00 - 21:00
駐車台数 1,045台
最寄駅 気仙沼線BRT:南気仙沼駅
外部リンク 公式サイト
ÆON RETAIL
テンプレートを表示

イオン気仙沼店(イオンけせんぬまてん)は宮城県気仙沼市赤岩舘下にあるイオングループ系列の総合スーパーである。

2011年3月11日に発生した東日本大震災において気仙沼市に押し寄せた2.8メートル[1]津波により被災し多大な被害を受けた[2]

歴史[編集]

東日本大震災[編集]

災害発生時には店舗に津波が押し寄せたことで営業を中止した[2]が、店舗そのものは避難場所、ヘリポート、物資集積所などとして被災直後から積極的に災害復旧支援に活用された[3]

2011年3月16日には緊急支援非政府組織 (NGO) 「シビックフォース」所属のヘリコプターが同店の広い屋上をヘリポートとして活用し、家具量販世界企業のイケア(イケア・ジャパン)から提供された毛布、非常食などの救援物資を集積し、またその集積物資を別のNGOである「ピースウィンズ・ジャパン」が気仙沼市内の中学校に設置された避難所へ配給するなどヘリポート兼物資集積所として機能した[3]

災害活動支援の経緯

もともとイオングループはNGOと災害発生時に物資運搬などの協力を行う協力関係を築いており、東日本大震災以前では2004年に発生した新潟中越地震でも前述のピースウィンズはイオングループ所属のジャスコ小千谷店駐車場に避難所を設置した過去があった[3]

本地震においてもイケアの担当者が災害支援目的で行政に支援物資の輸送先を尋ねたが行政の混乱のために輸送先がなかなか決定せず、イケアが行政対応を諦め複数のNGOに協力を求めたところピースウィンズが応答し、イオン気仙沼店が協力したものである[3]

地震発生時の店舗状況

地震発生直後、通用口に殺到し屋外へ逃れようとする従業員、買い物客らを店長が咄嗟の判断で店外屋上へ避難誘導し、地震発生わずか20分後に2.8メートルの津波が店舗へ到達した[1]

イオングループから気仙沼店への支援

2011年3月12日から同年4月3日にかけてイオングループ本社、本部、グループ企業から応援部隊を派遣し合計23社、延べ2,600名が現地で被災地店舗などの復旧・復興支援や店舗の販売再開に向けた応援作業、また従業員の安否確認作業に従事した[4]

営業再開

2011年4月1日には屋上駐車場に売り場を設置した「青空市場」として限定的に営業を再開[5]、同年9月29日には1階部分の復旧と営業再開が完了[6]、同年10月に全階層で営業再開となった[2]

復興後

災害復興支援活動の自社まとめとしてイオン気仙沼店はイオングループの本社、イオンディライトによる地震発生直後の社員たちの活動などを振り返る動画に従業員と共に登場、2015年2月中旬に公開されている[1]

脚注[編集]

  1. ^ a b c "東日本大震災から4年 「あの時の最前線」支えた「誇りと使命感」を動画に". J-CAST. 2015年3月11日. |access-date= requires |url= (help)
  2. ^ a b c "イオンの森の植樹祭 気仙沼". イオン. 2013年11月17日. Retrieved 2019年1月10日.
  3. ^ a b c d "東日本巨大地震、企業とNGO救援へタッグ――イオン、イケア、宮城・気仙沼へ物資。". 日経MJ. 日経新聞社. 2011年3月18日. Retrieved 2019年1月10日.
  4. ^ "東日本大震災 イオングループ半年間の取り組みについて" (PDF). イオングループ. 2011年9月9日. Retrieved 2019年1月10日.
  5. ^ YOMIURI ONLINE (2011年4月1日). "イオン気仙沼店、屋上の「青空市場」で営業再開". 読売新聞社. Retrieved 2019年1月10日.
  6. ^ 日経ビジネス (2012年3月22日). "「日常」戻った被災スーパーの次なる戦い". 日本経済新聞社. Retrieved 2019年1月10日.

関連項目[編集]

  • イオン石巻店 - 宮城県石巻市のイオン店舗。津波に被災せず避難所として機能し、気仙沼店と物資供給などで協力関係にあった。