イオン相模原ショッピングセンター

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
イオン相模原ショッピングセンター
ÆON SAGAMIHARA SHOPPING CENTER
イオン相模原 059.jpg
店舗概要
所在地 252-0344
神奈川県相模原市南区古淵二丁目10-1[1]
座標 北緯35度33分13秒 東経139度25分0秒 / 北緯35.55361度 東経139.41667度 / 35.55361; 139.41667座標: 北緯35度33分13秒 東経139度25分0秒 / 北緯35.55361度 東経139.41667度 / 35.55361; 139.41667
開業日 1993年平成5年)8月11日
ジャスコ相模原ショッピングセンター)[1]
施設所有者 イオンリート投資法人[1]
三井住友信託銀行株式会社[3]
施設管理者 イオンモール株式会社
敷地面積 40,817.92[1]
商業施設面積 27,238[3]
中核店舗 イオン相模原店
店舗数 80店[1]
営業時間 7:00 - 23:00(食品フロア)
9:00 - 22:00(その他、一部21:00まで)
駐車台数 1,500[1]
前身 昭和シェル石油グラウンド[2]
最寄駅 古淵駅[4][1]
最寄IC 相模原愛川IC[4]
外部リンク イオン相模原ショッピングセンター
AEON MALL logo.svg

イオン相模原ショッピングセンター(イオンさがみはらショッピングセンター)は、神奈川県相模原市南区古淵に位置し、イオンリテールが運営するショッピングセンターである。

概要[編集]

1993年(平成5年)8月11日[3]東日本旅客鉄道(JR東日本)横浜線古淵駅近くの国道16号古淵駅入口交差点そば(昭和シェル石油グラウンド跡地)[2][5]に「ジャスコ相模原ショッピングセンター」としてオープンした[1]。当時は、伊勢丹相模原店に次ぐ市内2位の売り場面積を誇った。隣接する王子ショッピングセンター(イトーヨーカドー古淵店)も同時開業し、これに伴い国道16号の上り線(横浜方面)には物販店やサービス店が立ち並ぶようになった[6]。出店にあたっては、「大店法引用適正化通達」が1990年5月に出され、出店調整が緩和されたことが影響しており、出店表明(1990年6月18日)から大店法第三条に基づく申請(1990年12月25日)までの期間はわずか6ヶ月であった[7]。2011年3月1日のジャスコのリブランド時に「イオン相模原ショッピングセンター」に名称変更された。

土地と建物はもともとイオンリテールの直接所有物件であったが、2013年11月25日にイオンリート投資法人が土地・建物の信託受益権(所有権)を取得しており(信託受託者は三井住友信託銀行[8]プロパティマネジメントイオンディライトに委託した上で、イオンリテールがマスターリースを受ける形で運営を行っている[1]

店舗はエンクローズドモール形式で、オープン時はSRC造S造の地下1階・地上3階建[8]であったが、2000年にS造5階建ての駐車場棟が増築された[8]。店舗面積は27,238で、これは相模原市ではアリオ橋本緑区大山町、45,000m²、2010年開店)、伊勢丹相模原店本館(南区相模大野、29,500m²、1990年開店)に次ぐ市内3番目の規模[3]である。

古淵駅入口交差点を挟んで東隣にはイトーヨーカドー古淵店(店舗面積17,500m²、当店と同日に開店)が立地し、大手GMSが国道16号沿いに並んで競合する状態となっている。なお、同店とは古淵なつつばき通り上に架けられた歩道橋で結ばれており、信号機を渡らずに施設間を行き来することができる。

沿革[編集]

  • 1993年平成5年)8月11日 - 昭和シェル石油グラウンド跡地[2][5]に「ジャスコ相模原ショッピングセンター」としてオープン。
  • 2000年(平成12年)9月25日 - 駐車場棟が完成[8]
  • 2009年(平成21年)4月27日 - フードコートがリニューアルオープン。2015年現在とおおむね同じ形となる。[要出典]
  • 2011年(平成23年)3月1日 - 店名を「イオン相模原ショッピングセンター」に変更。
  • 2014年(平成26年)10月 - 大規模リニューアルを実施。

フロア[編集]

3階建ての本館棟フロアは全体がL字型の形状で、3フロア共通で国道16号側がイオンリテール直営のGMSエリア(イオン相模原店)、古淵駅側が専門店エリアとなっている[1]未来屋書店キャンドゥTHE SPACE(スポーツクラブ)、namcoのほか、ファッション、服飾雑貨、生活雑貨、サービス、飲食と合わせて約80のテナントを有している[1]。2014年のリニューアル時に、19テナントを新規導入し、既存店の移転・改装を含めると42テナントがリニューアルの対象となった[1]

ギャラリー[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

参考文献[編集]

  • 箸本健二「消費と商業をめぐる相模原市の現代史」『相模原市史 現代テーマ編〜軍都・基地そして都市化〜』相模原市教育委員会教育局生涯学習部博物館編、相模原市、2014年。

関連項目[編集]