イオン福島店

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
イオン福島店
 ÆON FUKUSHIMA
Aeon fukusima1.JPG
地図
店舗概要
所在地 960-0112
福島県福島市南矢野目字西荒田50-17
座標 北緯37度47分18秒 東経140度27分28秒 / 北緯37.78833度 東経140.45778度 / 37.78833; 140.45778座標: 北緯37度47分18秒 東経140度27分28秒 / 北緯37.78833度 東経140.45778度 / 37.78833; 140.45778
開業日 1998年平成9年)10月9日
商業施設面積 21,862 m²
営業時間 9:00-21:00(食品売場は23:00まで)
駐車台数 1,500台
ÆON RETAIL
テンプレートを表示

イオン福島店(イオンふくしまてん)は福島県福島市南矢野目字西荒田にある、イオングループの一企業である株式会社イオンリテールが運営するGMS

年表[編集]

  • 1998年10月9日 - 「福島サティ」開店。福島県内第5号店。[1]サティ業態では福島県最後の出店。
  • 2001年9月1日 - マイカル東北の運営からマイカル本社に福島県内では会津サティ(2009年6月閉店)やいわきサティ(現・イオンいわき店)などとともに店舗譲渡されマイカル直営店舗になる。
  • 2009年6月1日 - この日から福島県内のほとんどのスーパーでレジ袋有料化が実施され、食料品売場でのレジ袋の無料配布を中止する。
  • 2011年3月1日 - GMS事業の再編に伴い、マイカルはイオンリテールに吸収合併。屋号も「イオン福島店」へ変更。

フロア構成[編集]

  • 1階 - 総合食料品・飲食&化粧品・ファッションのフロア
  • 2階 - 婦人・紳士ファッション&服飾雑貨のフロア
  • 3階 - 子供ファッション・肌着&ホビー・住まいと暮らしのフロア
  • R階 - 駐車場

(福島サティ開店当初)

  • 1階 - 総合食料品・飲食&住まいと暮らしのフロア
  • 2階 - 婦人・紳士ファッション&服飾雑貨のフロア
  • 3階 - 子供ファッション・肌着&ホビー・家庭電器のフロア(SATYホール)
  • R階 - 駐車場

主な専門店[編集]

その他[編集]

福島サティ時代の外観(2009年)
  • イオンシネマ福島(旧ワーナー・マイカル・シネマズ福島)は旧サティのイオン福島店ではなく、かつて福島ビブレがあった曽根田ショッピングセンター内で営業している。福島ビブレは前身が地元百貨店の山田百貨店であったことからマイカルグループのダックビブレによる運営だったが、マイカル本体の経営破綻のあおりを受けて経営破綻した。その後高島屋の支援を受けて再建しマイカルグループから離脱。店舗はさくら野百貨店として営業を続けた。さくら野福島店は2005年3月に閉店し、しばらくの間はワーナー・マイカル以外のフロアは空きテナントになっていたが、2010年11月25日ダイユーエイトが出店し、MAX福島店としてオープンした。
  • かつて福島市内でのマイカル(ニチイ)グループの店舗は上記の福島ビブレの他、ニチイNマート福島店・ニチイNマート飯坂店も存在していた。
  • セルフレジ導入店舗(食品売場)
  • このイオン福島店に限った話ではないが、イオン移行以降でも看板の付け替えを間に合わせることができなかった店舗も相当数ある。福島店の場合、イオン移行後の2011年3月1日から6月下旬頃まで、入り口の欄間看板などを除き、SATYの塔屋看板や壁看板のMYCALのロゴが掲げたままであったが、6月下旬頃にAEONに付け替えが完了した。これは看板付け替え途中の3月11日東日本大震災が発生し、工事用具などが落下するなど付け替え作業に影響が出たこともある。

アクセス[編集]

関連項目[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 1998年10月10日福島民報「福島サティ9日オープン 大型駐車場でアピール 開店前に2800人行列」
  2. ^ イオン福島店の真向かいにも矢野目店が存在する。
  3. ^ 以前はいけだ書店名義であるが後に名称変更した
  4. ^ 停留所自体は西道路側から入った通称イオン通り沿いにある
  5. ^ 国道13号線「西道路入口」交差点の北側にある